10月 2012

めっきり寒くなってきました。懐も寒いから余計にね。笑

 

これからの季節はやっぱり鍋が良いですよね、昔は鍋といえば水炊きと決まっていましたが、最近は珍しい食材も凝ったスープも直ぐに手に入り鍋のバラエティも随分増えました。でも私は昔人間だから、やっぱり鍋は水炊きでポン酢かなぁ。笑

 

そして鍋はやっぱり心許せる方と頂きたいですよね。寒い夜は鍋と楽しい語らいで決まりです。

 

残念ながらトリルのメニューに鍋はありませんが、トリルにはマスターがいます。人の気持ちが良くわかる、優しいヒゲのマスターがいます。寂しい夜も楽しい夜も染みる歌を歌ってくれます。見た目は寒そうですが心はとても温かいです。笑

 

人恋しい夜にマスター。

 

是非、遊びにいらして下さいませ。お待ちしています。

自分で掴み取ったもの。他人から与えてもらったもの。

最初から自分に備わっていたもの。

そして、失ってしまったもの・・・

その過程に真実、僕は存在していたのだろうか?

すべてを理解し、苦しまずにいた日々があっただろうか?

ブレた写真を見ているような・・・口ごもった、誰かの呟きを聞いてるような・・・

洗濯ものをベランダに干しながら、そんな贅沢に浸っていた。

 

色即是空…