9月 2013

wpid-20150716081854

秋といえば紅葉、いい季節になりました。暑く火照った体が少しづつ冷めていきます。皆様、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。

 

先日、あるお客様からこんなお話を伺いました。その方は日本を代表する大手企業の管理職なのですが、新卒者に内定通知を出すまでに第7次試験まで行なうのだそうです。

 

秘密を暴かれちゃいますよね?爆

 

結果が出るまではかなりの精神力が必要だと思います。実はトリルもホステスを募集中なので余計にそのお話は興味深いものでした。勿論、うちは1次面接のみですが。

 

以前から私は雇われママという立場上、たくさんの女性の採用に携わってきました。クラブのホステス採用は特殊です。見た目重視です。1にも2にも見た目で人間性はずっとずっと後です。高学歴は返って邪魔だったりします。面接日時が決まったら当日お店まで行き、紙に氏名や年齢をチョコチョコっと書き簡単な質問に答えるだけです。入口を入ってから、長くても20分もあれば面接は終わります。この子は良いと思えばその場で即決、入店日をサッサと決めてしまいます。

 

どのお店も採用者最低ラインがあります。見た目はイマイチだけど一応採用しておき、ダメなら直ぐに辞めてもらうといったお店も数多くあります。

 

ホント何様なんでしょうか。笑

 

昔は私もその何様の1人でした。でも最近は面接に来てくれる若い女性は全員、自分の娘に思えてきます。緊張してるとこっちが泣きそうになったりします。

 

はい、採用!笑

 

私、どんなお婆ちゃんになっていくんでしょうか。爆

wpid-20150716082211

以前は何処へでもスタスタ歩いて行ってた私ですが、ここ数年ワケの解らない脚の痛みに悩まされています。色んな病院に通ってはみるものの、先生のお見立てはそれぞれ。何年通っても一向に完治しないまま現在に至る。笑

 

賢い先生方のお見立てを私が総合的に判断すると、どーやらその痛みの原因は長年の接客時の不自然な姿勢から来ている職業病。私が銀座デビューしたお店のママは昔気質でプライドが高くホステスのしつけにはかなり厳しい人でした。立ち方、座り方、話し方、指使い・・・接客時にソファーに背中をくっ付けるなんて絶対に許されない事でした。

 

お客様の方を向いて一旦真っ直ぐ腰掛け背筋を伸ばしたら、そのまま右に90度上半身だけ回転させ、ハンカチとライターを右手に持ち右膝に置き、その手の上に左手を添えて〜。はい!ニッコリ笑う〜!!みたいな。

 

にたぁ〜。

 

今の若いホステスにそんな厳しいしつけをしたら皆さん速攻で辞めちゃいますね、きっと。そんな訳でこの痛みは慢性化したもので、私がこの姿勢で接客している限りは完治しないようです。それは辛過ぎるので少しでも楽になる様に接客時の姿勢を変えられないかなって賢い先生に聞いてみました。すると、

 

「 それは横になることですね。」

 

寝転んで?爆