まるで海の底のようなシックなライブ&バー♪
忘年会・新年会などのご予約はお早めに 03-3572-8228

愛娘

wpid-20150716081513

那須岳に登山に出掛けた娘が、満足顔で沢山のお土産を抱えて帰宅してきました。娘が写したビデオには、すっかり秋色に色付いた木々やゴツゴツした岩肌や赤茶色の土が映っていました。毎日灰色のビルの谷間を行き来するばかりの私は、「 自然の色ってこんなに鮮やかだった?」って。

 

少し車を走らせれば、近くにはこんな大自然が広がっているんですね。久し振りに綺麗な色を見た気がして、私もたまには出掛けなければと。

 

思ってみるだけですけど。笑

 

数年前。
山頂制覇の快感に芽生えた娘は登山グズを一式揃え、もう何度も険しい山道を経験しています。苦しい先には楽しい事が待っているそうです。山頂で食べるおミカンは最高なのだそうです。私にはサッパリ理解出来ません。

 

疲れるよね、それって。笑

 

私は娘が登山に出かける度に心配で、「 冬眠前だよ?クマって、餌を蓄えに麓まで降りてくるんだって。」

 

クマ、怖くない?
大丈夫?
ハァ〜・・・危険。
黒い服って蜂が攻撃してくるらしいよ。
怖くない?
スプレー持ってる?
ハチ、怖くない?
遭難した時の為に、数週間分の食べ物を背負って登ったら?ビニール袋って便利らしいよ、遭難した時にね。携帯って山の中でも通じるの?もし遭難しちゃったら・・・

 

遭難そうなんウルサイわっ!!爆

 

娘はノータリンだけどもう成人した大人ですし、娘の歳には私なんて母親してたのですしね。反面教師っていうのか娘は私なんかよりシッカリ者で。結構生命力も強そうだしね。娘の遭難の心配する間には、自分がもう少しシャキッとしなさいよって感じなんですけどね。笑

 

でもやっぱり心配。
何歳になっても。
何が起こるかわからないですし。
大切なものは失いたくないですもの。

 

先日、三鷹で女子高生がストーカーにっていう残酷な事件がありました。ヒドイお話です。ご家族のお気持ちを思うと・・・。

 

どんな思いで育ててきたか、何も解っていないんですね。自分勝手にあんな残酷な事をしても、犯人に未来があるなんて。変ですね、法律って。
反省なんてしなくていいから、死んで欲しいわ。その前に・・・あの可愛い娘さんをご両親に返しなさい。

 

うぉ〜〜〜ん。