Categories

まるで海の底のようなシックなライブ&バー♪
忘年会・新年会などのご予約はお早めに 03-3572-8228

4月 2014

wpid-20140411081251

人間どこが痛くても辛いですが、頭に近いと痛みは余計に痛いって本当なんですね。皆さんは今どこも痛くないですか?

 

実は私ここ数日、歯茎の激痛の痛みの極みと戦っています。私の義兄は開業医院の歯科医師で、以前は遊びに行く度にホワイトニングやクリーニングなどタダでお手入れをしてくれていました。当時のそれがどれほど有難いことだったか、この痛みを感じて初めて知って感謝した私なのでした。

 

持つべきものは困った時に役立つ身内。爆

 

そういえば前触れが。
こうなる少し前に娘が、「 ママ、歯医者さんに行った方がいいんじゃない?」って。何か食べると歯茎に違和感を感じて、歯間ブラシが手離せなくなっていた私。だけど痛みがあるワケじゃなし、その場しのぎで完全放置でした。今までの人生で歯痛未経験だった私は、近い将来自分の身に死の恐怖が訪れるなど思ってもみませんでした。

 

歯間ブラシはどこかなぁ。
あったあった。
シコシコ、キュッキュキュっと。前夜も違和感を感じ歯磨き後シコシコキュッキュキュやって、おまけのついでに歯茎もツンツンツクツクやって安らかに眠りについたのでしたが・・。泣く子も黙る丑三つ時、耳の後ろから首筋にかけてザックリと私は何者かに鋭い刃で斬りつけられました。

 

うおぉぉ〜〜おっ!!

 

飛び起きて、傷口を両手で押さえ前に後ろに右に左に。クルリと一回転して床に倒れ込み、夜が明けるまでのたうち回って戦い続けたのでした。それなのに女医さんは涼しい顔で表情一つ変えず、「 痛そうですねぇ〜。ちょっとお口開けて下さぁ〜い。」「 あらぁ〜、歯茎が腫れちゃってますねぇ。」「 最近〜、お風邪引かれたりだとかぁ〜、疲れたりだとかぁ〜ありませんでしたぁ?」

 

「 ・・・うぃ。」

 

だとかぁ〜って何やねん。
っていうか先生。
歯茎が腫れてるだけですのん?
変だわ〜、耳の後ろからだとか〜。
首筋にかけてだとか〜。
鋭い刃だとかで〜、
バッサリやられちゃってませ〜ん?

wpid-20140407041004

お礼のお手紙を書こうと思い立った。
携帯のメールアドレスは教えて頂いている。お名刺には会社のアドレスも書いてある。だけどメールでは感謝の気持ちが届かない、そんな気がして。
お手紙を書くなんて、こんなかしこまったお手紙なんて20年振り?笑

 

便箋があったはず。確かあそこにあったはず。テレビボードの引き出しの中をゴソゴソやってると、ありました。奥の奥のほーに。コクヨ書・・何とか・・せん・・・

 

読めません。爆

 

1枚めくると、こんにちは って書いてある。
これは確かに私の字。
だけど出だしが、こんにちは って変でしょ。誰に書こうとしてたのかな・・・コクヨの便箋に。コクヨの書・・・なんチャラせんに。

 

ペンを探す。
万年筆でしょ、やっぱり。
あった。
でも書けるのかぁ〜、これ。
インク出るのかぁ〜、これ。
振ってみた。
振って、コクヨのなんチャラせんに書いてみた。
こ・・・こ・・・こん、
こんに・・ちは・・・こんにちは 。
縦書き、書けない〜。
こん・・こんち・・には・・・に・・・ちは・・は・・は・・・は 。
春・・・が・・に・・春の・・・の・・・・
春が?に?の?
季語を調べてみる。
女性らしいお手紙の書き方なんてのも読んでみる。
あ、請求書入れる茶封筒しかない。

 

やっぱりメールにしよっかなぁ〜。

wpid-20150716094303

千鳥ヶ淵の桜を見に出かけたのは、もう10年程前になります。あれから開花の便りを聞いても特に足を運ぶことはありませんでしたが、今年は日比谷公園の桜を見て参りました。満開の桜が見事でした。風に散る花弁が、水面に浮かぶ様もまた美しかったです。また来年も・・・そう思える桜は良いものですね。

 

皆様お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか。

 

GINZA. TRILL.にいらして下さるお客様に、熊本ご出身の方がいらっしゃいます。酔うと必ず幼い頃の思い出話を。川で魚釣りをしたとか、木に登って遊んだとか・・・。そして退職したらご家族を東京に残して、自分だけでも郷里に戻りたいんだって。私は、「v熊本にいた時間より、都内での生活の方がもう長いでしょう?帰っても知ってる人は少ないかもね。それって寂しいよ。帰らない方がいいと思うけど。田舎でしょ?病院とかある?」って。

 

・・・失礼過ぎる。笑

 

実は熊本旅行前にそのお客様のお声掛けで、ご出身高校のOB会をGINZA. TRILL.で、今年も行って下さる事が決まっていました。今回は千鳥ヶ淵のお花見の後、皆さんでお店にいらして下さる計画だとか。当日まで私達親娘が熊本に行った事は秘密にしておき、会の中盤で皆さんのご出身高校まで行って来ましたってお写真でもお見せしたら驚いて下さるかなぁ〜なんて。私は密かに計画していました。ついでに帰郷を反対するからには、どんな不便な所かこの目で確かめておかないとなんてね。笑

 

旅行最終日に案内を買って出て下さった方に、思い切ってその計画を説明してみました。お客様のご出身地は熊本市内から車で2時間もかかるとの事でしたが、「 ママ、そういう事なら私も是非お役に立ちたいです。行きましょう。」そう言って車を出して下さいました。その土地の出身者しか知らない山や川を巡って下さり、懐かしい筈だからとビデオに収めるよう指示を下さいました。終点はご出身高校の正門前。私達親娘はその前に立ち、カメラに向かってお客様の名前を呼び手を振りました。

 

そしてOB会当日、計画通りサプライズでそのビデオを流したのです。その時の皆さんの驚きの声といったら。懐かしい風景を見るお優しい目。掛けて下さった感謝のお言葉・・・

 

こちらこそ。
皆様、いつもいつもありがとうございます。
皆様の故郷はとても良いところでした。
喜んで頂けて・・・私も嬉しい。