金庫に仕舞おう

金庫に仕舞おう

風が心地よくさらっと吹いて葉っぱが足元に。私の1番好きな季節がやってきました。今日から10月、神無月。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

父が亡くなり四十九日も終わって落ち着いた去年の秋の頃、もしかしたら今後は1人娘の私が父の大切な書類を管理する事になるのでは?これは責任重大だ、大変だと重い金庫を購入しました。父は生前、「  お前には紙切れを残してやるから。」って笑って何度も言っていました。私は私を大事に思ってくれている父が、まさか本当にそんな事はしないだろうと笑って聞いていました。でも結局、それは本当の事でした。父の言っていた通りでした。父は正直者でした。有言実行の人でした。

 

エライ!笑

 

折角買ったのだからと思い直して重い金庫の中に入れたのは、父の自宅から引き上げてきた父の金庫の横に転がっていた錆びた古い硬貨と腐りかけの紙幣、吹けば飛びそうな何とか記念のメッキの盃とメダルでした。

 

先日それをふと思い出し、金庫を開けてみる事に。そしたら・・・金庫の鍵がどうしても見当たらない。私は部屋の全ての引き出しという引き出しを開け、血眼で探し回りました。整理魔の私が金庫の鍵を無くすなんて事は、目覚めたら20歳になってるくらい有り得ない事だから。『  玄関  』とシールが貼ってある鍵も、もしかしたらと一応差し込んでみたりしました。玄関の鍵でした。金庫の鍵穴の奥を覗き込んだりもしました。鍵穴でした。明らかに違うだろう〜っていう鍵も差し込んでみました。

 

こんっ。笑

 

必死で血眼の甲斐あって、金庫のスペアーキーがひょんな引き出しからひょこっと出てきました。鍵には◯金と書いてあり、◯金は鍵穴に気持ち良くスポッと入ってくれました。

 

気持ちよか〜。

 

そして開けるとそこには・・・探し求めた金庫の鍵。

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。