この癖はやめられない

この癖はやめられない

家を出て1人暮らしを始めた経験が私には2度あります。1度は大学進学、1度は・・・笑

その2度の1人暮らしと子供の頃の合計3回、私は個室を持っていました。そして昨年、何年振りかでまた自分だけの部屋を持つことが出来ました。クローゼットに入りきらない洋服やバッグが部屋の3分の2を占領していて、その殆どが黒色。。圧迫感は半端ありません。大きな地震が起きたら、きっと私は重量オーバーのアルミラックに潰されると思います。寛げる場所はベッドの上だけですが、それでも1人になれる場所があるって幸せです。

高校生の頃の友人は靴下のコレクターでした。部屋に大きな収納ケースを何箱も積み上げていて、中に値札が付いたままの色とりどりの靴下をギッシリ詰め込んでいました。新しい物を見ると我慢が出来ないそうで、「 履きもしないのに無駄じゃない?」って言うと、「 履くために買ってないから〜。」と真顔で答えていました。

もう1人の友人はノートのコレクターでした。「 これ可愛くない〜?」と売り場で聞いてくるのですが、可愛いくも何ともなくて私はいつも返事に困りました。彼女も使いもしないノートを本箱にギッシリ並べて喜んでいました。収集癖のない私は彼女達の趣味が摩訶不思議でした。そういえばその辺の石ころを一生懸命集めて、部屋の机に隠し持ってた男子もいたなぁ〜。。

ただの石じゃね?笑

他人の趣味って面白いですね。もしいつか友人と話す機会があったら、今は何を集めてるの?って聞いてみようと思います。私はあの頃と変わらず何のコレクターにもなりませんでした。でも私にも他人には理解されない趣味はあります。それはある日突然・・・

バッサリ捨てること。笑

古い物や壊れた物を捨てるのは普通ですが、私のそれは違います。「 勿体無いよ、売れば?欲しい人いると思うよ。」って言われてもダメなんですよね。これは私の趣味ですから。癖ですね。ただ私は使わない物は絶対に買いませんよ。買ったものは必ず1度は使います。それとバッサリやるのは物だけですから。

そこ強調。笑

いつまであるかな、この洋服たち。

ぶ。