Author: もあママ

日頃の行いが余りにも自己中だった娘は私の逆鱗に触れ、1ヶ月以内に住まいを探し転居する様に申し渡されました。去年の暮れのことです。「  1人でやっていける気がしない。」娘は何度も私をチラリと見て訴えましたが、黙ってニヤッと笑うだけの私に最後は堪忍したようでした。

 

私ならこれをチャンスと親から少しでも遠くて会えない場所に住まいを構えると思うのですが、娘が決めたのは我が家から自転車でわずか10分程の場所にあるボロいペット可物件でした。愛犬ちぇるの飼い主は娘で、「  ちぇるの病院が近い方が良いからね。」って娘はそんなことを言っていましたが・・・

 

???

 

引越しの数日前も娘は、「  2年だから、たったの。2年頑張れば良いんだから。」って言っていました。ママはそんなことを言った覚えないけれど。

 

なんで2年?笑

 

娘がちぇると独立してから3ヶ月。。私は2人の住まいに2度、2時間ずつ程お邪魔しました。娘とちぇるは40日ほど帰ってきました。自立して少しは気を使うようになったかと期待しましたが、「  わぁ、お皿洗ってくれるの?」って喜んだのは初回のみでその後は全く微動だにせず。娘もちぇるも疲れ切ってやって来ては、ぐうたら寝てばかり。「  お風呂入ってから帰っていい?足が伸ばせるお風呂って良いよね。」「  ドアーを開けて便座まで何歩も歩くトイレって凄いよね。」「  ここって無駄に広いよね。」って・・・

 

ギャハハ

 

住めば都。2人で力合わせて頑張るよーに。

 

少し春らしく暖かくなってきたと喜んでいたのに、この寒の戻り。今日は夕方から霙まじりの雪が降るかも?との予報です。この雪が終雪なら嬉しいのですが。皆様、いかがお過ごしですか。

 

私の自宅マンションのお隣は、若いご夫婦と小学生のサッカー少年2人とヨチヨチ歩きの女の子の5人家族が住んでいます。どうやら私の寝室の隣はサッカー少年達の子供部屋のようで、時々、派手な兄弟喧嘩やお母さんのヒステリックな声が聞こえてきます。お母さんはとっても小さく、小柄でとっても小さなちっちゃな人なのに、ヒステリックな声は驚くほど大きくてビビります。笑

 

小学生の頃って何度目かの反抗期で、お母さんは小さなちっちゃな人なのに良く頑張っていると思います。って、ちっちゃいちっちゃい、

 

何回いうねん。笑

 

どんなに大きな声が聞こえてきたって兄弟喧嘩はやれば良いと思うし、何をやっても叱らない親よりはちゃんと躾ていてお母さんは立派だと思うのだけど・・・この兄弟。どうやら二段ベッドに寝ているようで、サッカーでシュートする夢でも見ているのか壁を思いっきり蹴り飛ばしてくる。毎朝まいあさ、エブリモーニン。。それも二段ベッドの上の子が。

 

バッコ〜ん!!

 

・・・おばさん、睡眠障害でね。別名、気絶病って言うんだけど。知らないよね?知ってたらビックリだけど。でね、やっと寝ついたってわけ。上の段の子が壁を蹴り飛ばす少し前にね。二段ベッドに寝てんでしよ?君達と違ってこの歳になるとさ、一度起きちゃうと直ぐには寝付けないの。また次に眠くなるまでに大変な苦労があるのよ。でね、シュートされると壁が落っこちたと思ってビビって飛び起きるんですけど〜、おばさんはぁ〜。何とかなんない?例えば、上下交代とかさ。例えばよ?例えば、サッカーやめて、

 

卓球なんてどうかな。

 

ようやく春めいてきて、固く縮んだ背中が少し伸びた気がします。暖かいって幸せですね。関東の桜は来週にも開花だそうです。皆様、お元気ですか。

 

冬の終わりが見えてくると毎年恒例のように体調を崩す私ですが、いつもの事と軽く考えていたせいか今年は例年以上に長く患ってしまいました。と思っていたら、お客様に、「  そうじゃないよ、ママ。それは歳のせい。」

 

ぐわぁ〜ん。

 

若いとは思っていませんがそんな歳とも思っていなかったので、ビックリ仰天してしまいました。早く病院に行かなかったせいにしたかったのに。私だって好きでこうなったのではありません。それに、

 

As   you   do.  笑

 

だけどこの前まで娘の心配ばかりしていたはずが最近では心配ばかりされているのですから、悲しいけれど私もそういう歳になってきたのでしょう。

 

つい先日も2つ前のブログに書いたお話を娘に聞いてもらったのですが・・・夜道を気味の悪いおじさんがピタッとくっ付いて来て、追いかけ回されて、最後は撒いてお店に逃げ帰ったお話ですけど。私が話し終わると娘が呆れ顔で、「  ママ、どうして撒こうとかって考えたわけ?付けられてると思ったら方向転換してコンビニに戻れば良かったのに。よく誰もいないお店に撒いて戻ろうと思ったよね。どうせ馬鹿みたいにキョロンっとした目でその人を見たんでしょ。だから付いてきたのよ。」って。

 

ぶは。

 

「  え〜?ママはそんなことしないしない。キョロンなんて、そんな目で見ないよ〜。だってコンビニ出た時から付いて来てたよ、後ろ。気配を感じたから振り向いて見ただけ。」

 

見たかも知れません。笑

 

キョロンも何も、目が悪いから殆ど何も見えていないんですけどね、私は。って関係ないか。え〜っと、気をつけますです。でもね、振り向いても付いて来たって事は、お婆さんには見えなかったって事だよね?

 

ね?

 

娘が愛犬ちぇるとの2人暮らしを始めて、やっと3ヶ月が経ちました。

 

娘が1人暮らしをしたいと最初に私に訴えたのは大学生の時でした。朝か夜かもわからない不規則極まりない生活で、それもお酒とタバコまみれの派手で自分勝手な母親の側は相当キツかったと思います。両親の厳しい監視の目から逃げたい一心で日々チャンスを伺い地方の大学進学をものにした私でしたから、娘の気持ちは痛いほどわかりました。娘は本気の本腰で、度々内見に行くようになりました。そしてガックリ肩を落として帰って来て、「  内見に行ってきた。・・・東京って高いよね。」って。

 

でしよ。笑

 

自宅から通える大学に進学するとラッキーチャンスは中々巡ってきません。その後も娘は何度か1人暮らしを口にしましたが、やっぱりものにできないようでした。いつの間にか、娘の口から1人という言葉を聞くことはなくなりました。

 

そして・・・去年の暮れ。自分の事しか考えていない娘の余りの勝手さに業を煮やした私は、「  1人でやってみれば?どれほど周りが助けてくれてるかわかるはず。」って。娘がぽつり・・・

 

「  今じゃないんだけどなぁ。」

 

ちぇるが側にいます。娘を頼りに待っています。今か今かと待っています。

 

ファイト。

 

桃の節句が過ぎてやっと春らしくなったと思ったのに、冬の寒さに戻ってしまいました。気まぐれなお天気は来週は5月並みの暖かさとか、身体を合わせるのが大変です。皆様、お変わりございませんか。

 

2週間前に患った左足の神経痛がやっと楽になってきたと喜んでいた私でした。ところが昨夜、駐車場から自宅に帰る途中の階段で転んでしまいました。今度は右足です。泣

 

1階と2階を繋ぐ螺旋階段がとても危険な事は知っていました。見た目が素敵なので、エレベーターを使わずに何度か降りてみた事があったのですが、「  この階段で転んじゃう人、多いと思うよ。微妙な段差だわ。黒の大理石でツルツルしてて滑るし、然も滑り止めが付いていないしさ。お年寄りとか絶対に危険だよね。夜中は特に危険。」って言ってた私だったのに・・・私が気がついたのに。

 

ドサッ!

 

両手にそれはそれは重い荷物を持っていて、全く機能しませんでした。大量のお薬と使いもしないカード類、白粉だらけの黒いドレスと小刻みにしか息ができないパンパンのボディスーツ、賞味期限間近のおつまみ等など。

 

しょーもない。

 

そんな事があった前日のこと。私は1人でお店に残っていました。午前3時、気分転換を兼ねて歩いてコンビニにコーヒーを買いに出掛けました。冷たい雨が降っていて、数寄屋通りに人影はありませんでした。その帰り道・・・私は気味の悪いおじさんにピタッと付きまとわれていることに気づきました。夜の銀座は知り過ぎるほど知っている私ですが、その体験は初めてでした。何を求めているのか理解できない、知らない異性ほど怖いものはありません。最後は猛ダッシュでまいて階段を駆け下り、お店に舞い戻ったのですが、恐怖と動悸で暫く動けませんでした。

 

その話を聞いたマスターが、「  階段で滑り落ちなくて良かったです。」って。

 

落ちたわ、昨日。

 

預言者か。