Author: もあママ

wpid-20150511072337

春らしくなってきたと喜んでいたら、ここ最近の深夜の冷え込み。台風がやってきてるっていうし、世界中あちこちで異常気象続き。何だか変ですね。地球、大丈夫かしら?

ところで昨日は、日本全国母の日だったようです。ネット上でも、プレゼント画像をたくさん目にしました。我が家はこの日が近付くと決まって娘が、「 あの時は辛かったな。トラウマだし。」って話し始めます。

あの時、それは娘が小学校に入学したばかりの母の日の事です。娘はその日の為に、少ないお小遣いをセッセと貯めファンシーショップでプレゼントを買い、感謝の気持ちを込めて私に渡したのだそうです。私の喜ぶ顔が見たい一心で。それなのに私が、「 ママはブランド品じゃないといらないわ。」って冷たく言ったというのです。

うっそぉ〜ん。笑

娘はその話をしては、「 絶対にそうだった。ママが冷たく言った。」と言い張り、私は、「 まさかそんなはずないわ。この私が言うはずない。」と言い張り。十数年が経った今でも平行線のまま両者一歩も譲らず、毎年飽きもせずこの会話を繰り返しています。笑

きっとあれです。娘が夢でも見て、記憶がゴチャゴチャなんですよ。でも娘は、「 そうなんだってば!」って。こんな時タイムマシンがあればね〜。2人で乗ってあの日に戻って、決定的瞬間を確認する事ができるのですけど。きっと私は娘がくれたプレゼントに大喜びして、「 ママにくれるの?わぁ〜、ありがとう。」って、素晴らしく優しい笑顔で言ってるはず。鬼じゃあるまいし入学したての幼い我が子に、ブランド品じゃなきゃなんてね〜。思ってたとしても言うはずないですもの。

「 ほら見ろ。ママ言ってないじゃない!」って言いたい。なので毎年私は母の日に娘から、鬼ババの夢の話を聞かされるだけ聞かされ、トラウマ理由にあの日以来何も貰えないっていう悲しい現状。

な〜んか変。笑

昨夜も娘の為に手料理を作って待っていました。娘は深夜に帰宅してきて、当たり前の様にパクパクぱくつきながら、「 今日は母の日だったね。」「 そうみたいね。」「 ハンズ行ったらカーネーション売ってた。」「 ママも見た。造花みたいなのね。」「 そ、あんなのママいらないでしょ?」パクパク・・・「 うん、いらないね。」「 でさ、お洋服売り場に行ってみたんだけどさ。」「 そうなの?」「 まぁ〜、ママって派手だねぇ〜。」「 そうかな?これイタリア製。」「 そんなブラウス何処にも売ってないよ。」「 だったら何?」「 何か買おうと思ったけどトラウマだしね。」パクパクパクパクパク・・・

そういえば2月。私のお誕生日の数日前に娘が、「 ママ、何か欲しいもの買ってあげるよ。何がいい?」って。私は喜んで、「 本当に?いいの?あのね、ママ新しいドレスが欲しい。」って答えた。そしたら、「 ドレス?高い!」って一言。それきりいつまで経ってもピタッと何も言わなくなった。「 ね?買ってくれるんだよね?」「 何を?あ!もうお誕生日過ぎたよね。」

はぁ〜?笑

そうよ、絶対そう。私は絶対に言ってない自信がある。ブランド品じゃないといらないわなんて、ちび太に私が言うはずない。タイムマシンがあったらな〜。娘と2人で乗ってくのに。

今朝娘が出掛けた後、ふとテーブルを見たらお手紙が置いてあった。お花柄の綺麗な封筒の表に、『 お母さんへ 』って書いてある。何だか嬉しくなって開けたらコピー用紙が入ってた。黒のマジックで大きく、『 いつもいろいろありがとう。大好き❤️じゃあ〜また夜にね。』って。

ありがとう。そばにいてくれてありがとう。本当はね、それで十分。

wpid-20150507083253

ゴールデンウィークが終わりました。
バルコニーから見える風景が、いつもの日常に戻っています。あんなに良かったお天気も、今日は曇りがち。太陽も浮かれて少し張り切り過ぎたかな?皆様、いかがお過ごしでしたか。

 

私のお休みなしの6連勤でとっても忙しそうな娘の為に、たまには母親らしい事をしないとと思い連休前日にスーパーで大量買い。この連休は自宅で、専業主婦業に専念していました。娘は終電ギリギリまでみっちりお仕事で、クタクタになって自宅に辿り着くのは深夜0時30分。自宅から駅まで徒歩8分、電車は10分、勤務先まで徒歩10分。電車に乗る為にぐるっと遠回りしているような。

 

自転車がいいんじゃないかな。笑

 

娘の帰宅時間に合わせてお料理を開始するのですが。私はどうも分量計算が苦手で。多いんじゃないかな?作り過ぎかな?っていつも思うのですが、やっぱり作り過ぎて残ってしまう。買った材料を全部使いたくなってしまうのです。特にお汁物って難し過ぎ〜。残さない方がいるなら見てみたい。皆さん捨ててますよね?お味噌汁とか絶対少し残りますよね?

 

娘の食べ姿を見ていて思い出したのですが、私の父は母の手料理に美味しいって言わない人でした。母はよくそんな父に、「 美味しいかどうか言って。作り甲斐がないわ。」って訴えていました。それでも父は、「 そんな事を一々言わなくても。」って。何年経っても繰り返される同じ会話にウンザリな私でしたが、今は母の気持ちが良〜く解ります。美味しい物を食べさせたくて、作ってるのですものね。お料理って時間かかりますからね。美味しいって言って貰えると嬉しいです。

 

で、私・・・職場での1日を夢中で話しながら、ぱくついてる娘の顔をじぃ〜って。いつまで経っても言ってくれないので、「 ね?ね?美味しい?」「 うん。」「 美味しいでしょ。」「 うん。」「 これはどう?美味しい?どう?」「 うん。」

 

言わないね〜。笑

 

諦めた。「 もうすぐ母の日らしいよ。」「 そうなの?いつ?」

 

「 うちは毎日、母の日よ。」笑

 

長い連休が終わり今日からまた営業再開です。これからシャワーして、美容室に行き気合を入れ直してきます。と言っても私はいつも通り。頑張ってみたって、いつもの私でしかないんですけれど。

 

皆様がいらして下さるのを心からお待ちしています。顔が見たいと思って下さる事を願って、待っています。

wpid-20150427083029

春らしいお天気になって参りました。
窓際のソファーに座っていると陽に焼けてしまいそうです。やっと冬物をクリーニングに出しました。バルコニーのお洗濯物も順調に気持ちよく乾いてくれます。やっぱり春はこうじゃなきゃ。皆様、お元気でお過ごしですか?

 

お店の女の子の募集掲載が明日で終了します。それなのに沢山の方からまだご応募のメールが届いていて、開店直前まで返信と面談に忙しい私です。いらして下さるお客様は皆さん男性で女性とお話しする機会が私ですから、今回の募集は良い刺激になっています。それにしても世の中には本当に色んな女性がいますね。もう何度も面談をしてきましたが、初めて日本の将来について力説する若い女性にお会いしました。笑

 

応募して下さる殆どが20代の若い女性なのですが、緊張して声が詰まったりペンを持つ手が震えていたり。頑張って笑顔を作る姿を見ていたら娘がそこにいるようで、大泣きしそうになったりする私です。

 

年ですね。爆

 

最近は若い世代が世の中に失望して、夢を持てないと良く耳にします。でも中には自分の将来について、しっかり考え実行している方もいらっしゃいます。私は良く知りもしないで、一括りにして決めつけがちな悪い習慣を反省しました。

 

そして若い人ってお肌が透き通っててツルツル。リップを塗っただけのメイクが若さを更に引き立ていて綺麗。羨ましいな〜。若いって良いなぁ〜。

 

羨ましいな〜。笑

 

で、私もナチュラルメイクに挑戦してみようと早速コスメショップへ。こんなの塗ってたな〜って薄いベージュのリップを塗ってみたら・・・

 

病人。爆

wpid-20150716024817

翌日、またタクシーに乗った。見送ってくれたマスターに、「 やっぱりあそこのタクシーに乗らなきゃね。」ってお気に入りのタクシーを止め満面の笑みで微笑んで手を振つた。運転手さんに行き先を告げた。そしたら・・・「 すみません。まだ新米で。道案内をお願いします。」

 

ギャ〜ン。

 

それ1番ストレスだから〜!笑

wpid-20150716092622

マスターと用事を済ませ、今度は八重洲口まで行く娘と3人でバタバタとクシーに乗り込んだ。最近30肩?の私、重い荷物の時は必ずキャリーケースを持ち歩く。運転手さんがそれをトランクに入れてくれた。チラリ見ると白髪初老の運転手さんだった。「 八重洲口まで行って下さい。1人先に降ります。」「 はい。」

 

日本男児みたい。笑

 

娘が降りて、「 次は数寄屋通りまでお願いします。」って伝えた。日本男児が、「 ここは右折できませんから。」って。

 

そうですね、そうですよ〜。
知ってますよぅ〜。次の路地をクネクネっと行けばいいんですよ〜。今の時間は渋滞してますからね、中央通りには絶対に入ってはいけませんよ。わかってるよね?って思ってたら、マンマと中央通りの大渋滞に突入。

 

おいっ!

 

私達は止まってる。歩行者がドンドン先に歩いてく。私達はまだ止まってる。ずっとずぅ〜っと止まってる。隣を歩いてた人が遠くに見える。マスターが蚊の泣くような小ちゃな声で、「 歩いた方が速いし。」って言った。イラってして日本男児に、「 あの、そこをね・・・」って説明しかけたら、「 そこは入れないんですよ。」そこを入るとどーのこーのって、聞き取れないほどの早口で言った。

 

嘘つきぃ〜。

 

あたしゃ、知ってるざんすよ?「 そこの路地を入ってクネクネって曲がると。」って説明仕掛けたら信号が青に変わった。

 

がっくし。

 

信号が変わったって、車はビクとも動かない。歩行者がドンドン追い越してく。日本男児はチョロチョロっと少しだけ進んで、路地にはもう曲がれない所まで動かし前の車にピタッとくっ付けて止めた。

 

ごっらぁ〜!爆

 

マスターが蚊の死ぬ寸前の声で、「 歩いた方が速いでっせ。」って。私はもう何も言えません。もう何も言う元気がありませんです。生きて行くのに疲れてしまいました。

 

はぁ・・・。

 

日本男児は黙って虚ろな目をした私達を、中国人観光客だと思ってる。キャリーケースなんて持ってるから。キャリーケースなんて、キャリーケースなんて、キャリーケースなんて。

 

大大大嫌いだぁぁぁあああああ。