銀トリ日記

昨日から、今日は朝早く起きて順番にマットを洗おうと決めていました。フローリングで脚を挫きやすい愛犬チェルの為に我が家ではどのお部屋にもマットを敷き詰めていて、その作業はほぼ1日を要する重労働です。でもそんなことよりお日様の下で乾いた良い香りのマットを取り込む気持ち良さはやめられません。週末ありがとう、お天気ありがとう、動ける私にありがとう、そんな気持ちです。

 

家事が一段落したので、夕方1階のタバコ部屋に降りてみました。この時間は満席で出入りも激しく、ちっとも落ち着かないのですが・・・土曜日で喫煙者は家族サービスに忙しいのかガラガラでした。私はいつものように1番前のソファーでタバコに火をつけて、これからの人生をどうやって生きて行こうかと考えていました。今はまだどんなに長くても、人の話を悶々と聞いていられます。違うかな?って思えることにも、斜めに頷く事が出来ます。苛められても冗談だろうと思えるし、遅い時間でも目だけは開けていられます。でも・・・

 

それももう暫くかな。笑

 

そのうち自分の事しか話さなくなり。それは違う!!って必死で反論。何でもかんでもカンカンに腹を立て怒鳴っておいて、10時には大欠伸。頭と首と背中が同じ太さになり、お腹はその倍のポンポコリン。転ばないようにスリッパみたいな靴を履く。

 

がるぅ・・・

 

だから私。そうなったら海の近くに洒落た洋館でも建てて、泊まりもできるカフェバーでもしようかな〜なんてね。他よりちょっと高いけど静かで落ち着いててあそこは良いよ〜、海しかないから夜は早いけどみたいなね。そんなのが出来たら良いなぁ〜って、タバコの煙を見ながらボンヤリ考えていたんです。そしたら・・・後ろの方で聞き覚えのある咳払いが。

 

ムム?

 

その人は箱からタバコを取り出し火をつけて息を。

 

ムム??

 

その咳払い。その息遣い。いつも夜中にこのタバコ部屋で数時間を共にする、あの・・・いつもの若い男の人ではあるまいか?私は耳をダンボにして、背中越しの若い男性に意識を集中しました。間違いありません。ま、間違いありません。

 

ま、ま、間違いありません。笑

 

私は思い切って勇気を振り絞る事にしました。疾風のようにパッと後ろを振り返ってみる事にしました。振り返った一瞬でどんな顔なのか脳裏に焼き付ける事にしました。私はドキドキでした。で、

 

パッ。

 

オバさんでした。

はよ寝んかい!

夕方に寒気がして毛布に包まっていたら、いつの間にか眠ってしまっていたようです。ハッとして起きて時計を見たら、深夜2時を指していました。台風が少しずつ近づいてきているようです。皆様、お気をつけてお過ごし下さいませ。

 

週末の深夜になると必ず私がやって来る場所があります。自宅マンション1階にあるラウンジと名付けられたお部屋で、私はタバコ部屋と呼んでいます。長いソファーが5脚と天井まで伸びた観葉植物が2個、窓からは大きな木が2本見えます。深夜にやって来ては2本の木に光が当たり始めるまで、長い時には5時間も1人で黙って座っています。ご心配なく。

 

鬱病ではありません。笑

 

深夜2時を過ぎるとそれまでいた人達が自宅に戻り、タバコ部屋は私1人になります。私はその瞬間の開放感が大好きでした。大、大、大好きだったのです。それが。それなのに1ヶ月ほど前から、どうやらその快感を知った男の人がもう1人。初めは少し待っていれば、その人もお部屋に戻って寝るだろうと思っていました。ところが・・・ずっといる。毎週やって来る。朝までいる。何時間も座ってる。ずっとずっといる、2本の木に光が当たるまで。ずっと一緒。私は窓を向いた1番前のソファーが定位置でその人には背中を向けて腰掛けている為、今まで1度も振り向いて顔を見た事はありません。でもソファーに座る音や箱からタバコを取り出し火をつけるタイミング、煙を吐く息で同じ人だとわかるようになりました。若い男の人です。間違いないと思います。若い若い男の人です。この人は一体全体朝まで長い時は5時間も、このタバコ部屋で何をしているのでしょう。

 

I’d love to hear

 

I’d love to hear absolutely

 

私は夜はあまり眠らないかな〜。なのでここに来ています。ここはこの時間は人が居なくなって、何ていうか別世界っていうか・・・好きなので。携帯のニュースを読んだり、気持ちの整理をしたり、ブログ書いたりしているんですよ。それで、えっと、このお部屋の匂いも落ち着くですよね〜。それで、えっと、週末の夜は大体こういう楽な服装なのよ、自宅だもん。でも当然いつもは違うっていうか。で、えっと、髪もね、ゴムでまとめてポンみたいな。いつもは綺麗にクルクルだけど。

 

エヘヘ・・・へ

 

ってかさ、何でいるのよ。どうしてここに?どうして??何でずっと??

 

もう帰って寝てくれ!!頼む。

 

緊張して普通に呼吸が出来ない。死にそうになりそう。さっきから咳払いしたいんだけど。咳き込んで死にそうになりそう。肩痛いし首も凝ったし、普通に死にそう。

 

あっ!帰った。私も帰る。笑

秋の長雨のことを秋霖(しゅうりん)、すすき梅雨とも言うのだそうです。雨ばかりで気が滅入っていた私ですが、この美しい言葉を知った途端に少し心が晴れた気がしました。来週も寒い日が続くようです。皆様、呉々も体調を崩されませんように。

 

学生時代は友人の多い私でした。私の周りはいつも楽しく賑やかでした。早くに家庭に入り専業主婦になってからは、時々訪ねて来てくれる幼馴染以外に親しい友人は作りませんでした。夜のお仕事を始めた後も何度かその幼馴染が電話をくれました。でも昔と変わらぬ明るい声や話題に私はもうついていけませんでした。相手もそれに気づいた様で、いつの間にか連絡は途絶えました。

 

夜のお仕事にやっとの思いで慣れた頃、一緒に帰ろうと誘ってくれる友人が2人出来ました。この世界で親しい友人を作る事は、とても難しい事です。勤務時間が短いこと。勤務中に私語を禁止している店舗が多いこと。1店舗に留まる女性はごく僅かで、親しくなる前に殆どが辞めてしまうこと。自分の事は話したがらない人が多いこと。周りは皆んなライバルだと思っている人が多く、お店で親しい友人を作る気なんて更々ないこと。あ、それですね。何よりそれが1番の理由かもしれません。

 

今思えば、私も2人の友人も詳しい事は何も話しませんでした。1人は独身で新潟出身、お昼間は広告代理店に勤めている・・・らしい。もう1人も独身で男の子のお母さん、大田区在住でお昼間もお仕事をしている・・・らしい。私達は呼び名が本名なのか芸名なのかさえ、お互いに1度も聞くことはしませんでした。親しくなって直ぐに新潟出身は、向いていないと夜の世界から足を洗いました。大田区在住も間もなくお店を変わり、全く会う事はなくなりました。それでもその後も私は2人にメールを送り続けました。・・・友人だと思って・・・時々ですが・・・元気?って・・・。

 

先週、久し振りに大田区在住にラインでもしようと開いたら、メンパーがいませんと表示されました。不思議に思い電話帳を見たら、そこからも消えていました。驚いて携帯のアドレスにメールをしたら、『  送信エラー  』

 

うっわ!

 

私は焦り何か情報はないかと新潟出身の携帯アドレスにメールを。「  メグちゃん、お久し振りです。お元気ですか?メグちゃん、実は先週ミリちゃんが電話帳から消えてしまいました。もしかしたらメグちゃんにミリちゃんから何か連絡が入っていないかと思い連絡させてもらいました。何かご存知でしたら教えて下さい。もあ  」

 

「 もあさん、ご無沙汰しています。私は何とか元気でやっています。一昨年に結婚して年末に出産予定でお腹がパンパンです。もあさんはお元気ですかか?お店は順調ですか?ミリちゃんという方のことですが、申し訳ないのですが私はミリちゃんって方を覚えていません。お店にいた人ですか?あれから夜のお仕事は全くしていないんですよ〜。お店で知り合った人で登録しているのはもあさんだけです。因みにメグはお店での名前です。笑。お役に立てず申し訳ありません。」

 

じゃ、YOUは誰?

 

改名したいわ、秋霖に。爆

晴れていても夕方からの風は肌寒く、半袖姿の方も珍しい季節になりました。お天気に恵まれた10月の3連休、皆様はゆっくりお過ごしになられたでしょうか。

 

明日は娘がお休みだから、「  一緒にお買い物に出掛けよう。」と言い出したのは私でした。早朝にお洗濯もお掃除も済ませて、いつでも出発出来るはずの私でした。それなのに・・・座る度に激しい睡魔に襲われ寝ても寝ても寝てばっかり。眠りながら残念そうな娘の声が聞こえていたのに。「  明日は私がお休みだからって言ってたのに。もう暗くなっちゃうよ。」・・・ほんとゴメンちゃい。

 

許して、sorry。。

 

眠る度に、海で溺れる恐ろしい夢を見ていました。浅瀬でまだ若かった私は幼い娘と遊んでいました。それが気付いたら2人で遠くに流されていました。私は全く泳げません。泳げないけれど、娘を抱えて必死で立ち泳ぎをしています。足が重くて、頑張るけど段々動かなくなってきて。浜辺にいる人に助けてと何度も叫ぶけれど、気持ちばかりで大きな声が出なくて。誰も気づいてはくれない。皆んな楽しそうに遊んでる。沈みそう、どうして・・・そう思った瞬間にハッと目が覚めた。そんな第1話。娘はチェルを撫でて遊んでた。もうこんな夢は見たくないと、思い直してまた眠りの中に。

 

まだ溺れてる。何度も沈んでは浮かび上がりながら必死で息をして、「  この子だけは助けないと。この子だけは海中に沈めちゃいけない。」って。沈みながら今度浮かび上がったら、今度こそはもっと大声で助けてって叫ぼう。苦しくて死にそう。やっと浮き上がって声を出そうとした瞬間に、思い切り海水を飲み込んでしまった。息が出来ない、もうダメだ、諦めたその瞬間に目が覚めた。それが第2話。娘を探すと、冷蔵庫をガサガサ漁ってる。夢だった、娘は生きてる、良かったってまた眠った。

 

溺れてる。娘を抱えてる腕にもう力が入らない。恐怖で泣き叫ぶ娘を抱えて、沈んだり浮き上がったりしてる。苦しくて、心臓が身体から飛び出すほど痛くて。辛くてつらくて。情けなくて惨めで申し訳なくて。さっきまで泣き叫んでた娘の声が聞こえなくなった。私のせいだ、もう生きてる意味がない。私は娘を抱えたまま沈んで行った。ら、目が覚めた。第3話。

 

全身から汗が吹き出してた。娘は私の目の前に座って、ポテトチップスを食べながらテレビを観てた。夢だった。夢で良かった。私はホッとして大きく1つ息をして、「  怖い夢を見たわ。海で溺れてた。深い所に流されて、ほんと怖かったわぁ。」って。そしたら娘が振り返って・・・

 

オシッコ出たいんじゃない?

 

はぁ?おトイレ行きたいの我慢してたらオネショする的な?

風が心地よくさらっと吹いて葉っぱが足元に。私の1番好きな季節がやってきました。今日から10月、神無月。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

父が亡くなり四十九日も終わって落ち着いた去年の秋の頃、もしかしたら今後は1人娘の私が父の大切な書類を管理する事になるのでは?これは責任重大だ、大変だと重い金庫を購入しました。父は生前、「  お前には紙切れを残してやるから。」って笑って何度も言っていました。私は私を大事に思ってくれている父が、まさか本当にそんな事はしないだろうと笑って聞いていました。でも結局、それは本当の事でした。父の言っていた通りでした。父は正直者でした。有言実行の人でした。

 

エライ!笑

 

折角買ったのだからと思い直して重い金庫の中に入れたのは、父の自宅から引き上げてきた父の金庫の横に転がっていた錆びた古い硬貨と腐りかけの紙幣、吹けば飛びそうな何とか記念のメッキの盃とメダルでした。

 

先日それをふと思い出し、金庫を開けてみる事に。そしたら・・・金庫の鍵がどうしても見当たらない。私は部屋の全ての引き出しという引き出しを開け、血眼で探し回りました。整理魔の私が金庫の鍵を無くすなんて事は、目覚めたら20歳になってるくらい有り得ない事だから。『  玄関  』とシールが貼ってある鍵も、もしかしたらと一応差し込んでみたりしました。玄関の鍵でした。金庫の鍵穴の奥を覗き込んだりもしました。鍵穴でした。明らかに違うだろう〜っていう鍵も差し込んでみました。

 

こんっ。笑

 

必死で血眼の甲斐あって、金庫のスペアーキーがひょんな引き出しからひょこっと出てきました。鍵には◯金と書いてあり、◯金は鍵穴に気持ち良くスポッと入ってくれました。

 

気持ちよか〜。

 

そして開けるとそこには・・・探し求めた金庫の鍵。