遺伝子

Made with Repix (//repix.it)

明日から夏休み~なんて喜んでたのに、それももう明日で終わり。普段より少しダラダラとずっとスッピンで過ごしました。笑

 

昔、上京した息子に田舎のお母さんからお米やお野菜のいっぱい入った小包が届く、とてもほのぼのしたCMがありました。小包の1番上にはお母さんからのお手紙。身体にだけは気をつけるのよって。そのCMを見ていいなぁって思ったものでした。1人暮らしをすると実家から小包が届くのか〜。身体を気遣ってくれる、優しいお手紙も届くのか〜。

 

そのCMが流れていた頃、私は神戸の大学に入学し親元を離れました。私は密かに心待ちにしていたのです、ダンボールいっぱいに愛情の詰まった小包がもうそろそろ届くだろうと。送ってねなんてわざわざ頼まなくたって、母は送ってくれるだろうって思っていました。

 

甘かったです。爆

 

いつまで経っても葉っぱ1枚送られて来ませんでした。そういう奴です、私の母は。痺れを切らした私は遂に母に電話で、「 何か送ってきて。」って。笑

 

「 お友達にお土産とか頂いてるから、私も何かお返ししないといけないのよ。」「 あら、そうなの?わかった。ご飯はちゃんと食べてるの?」「 うん。朝食はパンでお昼は学食。夕食は・・・」「 じゃ、ご飯の心配はいらないわね。」「 うん。でも麺とかたまに食べたいかな。」

 

私の元に大きなダンボールが届いたのはそんな会話の3日後の事でした。大きくて重くてビックリしました。まさかお酒でも入っているんじゃないかと不安になりながら、お部屋に運んで開けてみると・・・和菓子の箱が10箱とカップヌードルが20個。

 

へ?笑

 

そして薄いお手紙が1枚ピラリン〜。「 元気で楽しくやっているようで安心していますよ。2万円、お小遣いを入れておきました。何か欲し物を買いなさいね。」

 

ワォ。

 

私は先ず2万円を探しました。和菓子の重い箱を10箱とカップヌードル20個を取り出して。でもどこにも2万円はありませんでした。

 

翌日、母に電話を。母は、「 あれで足りるでしょ?高いのよ〜、あの和菓子。皆さんに渡すのよ。」って。

 

お抹茶かよ!

 

「 ・・・それよりあのね・・・」「 ラーメン入ってたでしょ?」「 入ってた。それであの・・・」「 麺が食べたいって言ったから。」「 ありがとう。でね・・・2万円だけど。」「 うんうん。何か買うといいよ。」「 入ってないよっ!探したんだけど。」「 え?入ってるでしょ?封筒の中に。」「 封筒?ないよ、紙が1枚入ってるだけで。」「 封筒ない?手紙の封筒。」「 ないよ、紙だけ。」「 あれっ?ない?ちょっと待ってて。」

 

ごっめぇ~ん、封筒こっちにあるわぁ〜。あっは、あははぁ〜。

 

ぶー!笑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。