まるで海の底のようなシックなライブ&バー♪
忘年会・新年会などのご予約はお早めに 03-3572-8228

体臭測定師  其の二

体臭測定師  其の二

帰宅して、地味なオバさんは落ちたけど私は合格したって娘に興奮して話しました。娘はとても喜んでくれました。でも、「  それってお金になるの?ママ、大丈夫?体臭測定師って、どこからお仕事来るの?」って。師って付くんだからお仕事がないわけないって私は娘に言いました。3日ほどして自宅に資格取得のお免状が届き、私はワクワクしながらお仕事の依頼を待っていました。待っているのが暇なので色んな臭いを嗅いで回ったり、愛犬チェルの背後から忍び寄り脇に体臭測定器を差し込んでみたりもしました。チェルはなかなか敏感で手強い相手でした。チェルの体臭数値は3でした。

 

いつまでもチェルを相手では技術が鈍ると感じた私は、翌朝器材をバックに忍ばせて街に繰り出しました。街は出勤の人達で溢れかえっていました。私は嬉しくなって、手当たり次第に若い女の子の背後から脇に器材を差し込みました。一瞬で差して抜くので、皆んな振り返るけど怒りはしませんでした。そして殆どの女の子は数値が1でした。チェルが3だから普通そんなものだと思います。

 

一旦帰宅して、私は夕方また街に繰り出しました。お仕事が終わった夕方は体臭数値が上がっているはずだと考えたからです。やっぱり思った通り。殆どの女の子が2でした。

 

やっぱり主席で卒業したわけだわ。

 

私は納得して有頂天になっていました。目の前を1人のオバさんが歩いていました。講習の初日に先生が心得を説明した中に、なるべくオバさんは避ける様にと言っていました。オバさんは怒りやすいし怒ると恐ろしいからって。それなのに私は出来ると思ったのです。それが甘かった。

 

一瞬で差して抜いたはずなのに、オバさんは激怒して警察を呼ぶと叫んでいます。私が、「  私は体臭測定師という資格を持っています。これはお仕事なんです。それにしても数値が4もありますよ?チェルでも3なのに4って・・・人間としてはダメだめです。」って何度説明しても聞いてくれませんでした。そうこうしているうちにお巡りさんが沢山来て、私を取り囲みました。私はお巡りさんにも資格があるんだ、免許があるんだと説明しました。あるお巡りさんは、「  それは国家資格なのか?」と聞いてきました。それは・・・私・・・

 

知らないですけれども。

 

あるお巡りさんは私の顔を覗き込んで、「  君は鼻が大きい。人の3倍はある。」って言いました。私はビックリしてお巡りさんに手鏡を貸して欲しいとお願いしました。お巡りさんがポケットから手鏡を出して貸してくれて、私は自分の顔を見てビックリして倒れそうになりました。

 

先生?!

 

パトカーの中で私は泣いていました。 泣きながら、どうしてこんな事になったのか、娘に相当怒られると思いました。涙が止まりませんでした。そして自分の脇に器材を。

 

数値が5。

 

ぐわぁ〜〜ん。