バイブだけが頼り

バイブだけが頼り

もうすぐ季節は弥生。マンションの庭の梅の花が満開になりました。草木に柔らかく降りそそぐ春の雨を甘雨(かんう)と呼ぶのだそうです。日本語って本当に素晴らしいですね。日本にはいく通りの雨があるのでしょうか。全部覚えたくなりました。

 

そんな良い時期がやっと来たというのに私ときたら、とっても悪性の睡眠障害を患ってしまいました。病院には行っていないので、勝手に病名をつけました。別名は気絶病です。笑

 

こういうお仕事をしていると、夜寝て朝起きる一般的な規則正しい生活は出来ません。頑張ってそう出来たとしてもせいぜい半年で、その後は歩幅と視点の定まらない危ない人になってしまいます。有難い事に私は自由気ままな生活で、夜明け前にベッドに入りお昼過ぎに起きるというある意味規則正しい生活を長いこと続けてきました。ところがどこでどう狂ってしまったのか最近はお日様が昇っても、サラリーマンが出勤しても、最悪は全く眠らずに接客したりしています。

 

ギンギラギ〜ン

 

それでも私は人間はいつかは眠るもので、それも眠っていない分だけ死ぬほど眠る時が必ずくると知っているので、映画やコントを見たりブログを読んで楽しく過ごしています。狭い世界に住む私にとってそれは結構良いお勉強になっていて、最近ではお客様との会話でナイスなボケが出来る様になりました。

 

グッジョブ!

 

だけど1つ問題が。。先週あたりから何度かまさかの 接客中に恐ろしい程の睡魔が襲ってきて、泡吹いてガクンと落ちそうになりました。

 

ギャハハ

 

それはママとして如何なものかと思いお薬以外に何かないかと調べたら、アイマスクと耳栓がかなり効果があるという事がわかりました。ただし!良い耳栓は全く何も聞こえないそうです。アラームが鳴っても知らん顔です。なのでもし私がお店で、アイマスクと耳栓をして、スマホを咥えて寝ていたら・・・

 

叩き起こしてもらっていいかしら〜?