心配せんといて

心配せんといて

先日、娘と母のアルバムを整理した。分厚く重い昔のアルバムを何冊も棚の奥に積み上げていて、これでは母が見たい時に取り出せないとずっと気になっていた。今時の軽いフォトブックを買って来て、母が喜びそうな写真を選んで差し替えた。母の病気はもう治らないけれど、親しい人達との思い出をたどることで少しでも進行が緩やかになってくれたらとの期待もあった。母に場所や写っている人を確認しなければならず、私と娘も実家や裏庭やよく遊んだ公園の風景を懐かしみ歓声をあげるから時間ばかりかかって大変な作業だった。

 

出来上がった今時のアルバムを母に手渡し反応を窺ってみた。その日の母はそこに写っている半分の人に覚えがなさそうだった。それがそんな事のあった翌日から母は私の顔を見る度に、神戸在住の2人の弟を自宅に招待したいと言い始めた。「  ベッドは私の分しかないけど姉弟だから床にお布団敷いてゴロ寝で良いんだから。」って。「  もう長いこと弟に会ってないから会って話がしたいわ。来るように言ってくれない?」って何度も何度も。もう少し暖かくなってきたら来てもらおうねって言い聞かせても、首を縦に振ってくれない。これはもう私が連れて行くしかないのかなと思っていたところに、神戸で日帰りのお仕事があるから一緒に連れて行こうかと親戚が申し出てくれた。

 

助かった!笑

 

早く知らせるとその事ばかり言い始め質問責めに合ってこちらの頭が壊れるので、母には当日の朝まで内緒にして周りで段取りをする事にした。母は少しだけ壊れかけた頭の持ち主だけれど、私よりも健康でおトイレの心配も全くない。ただ・・・最近は私の家に来てまだ10分も経っていないっていうのに、「  迷惑になるから帰るね。」って帰り支度を始める。引き止めて座らせてを数十回も繰り返し、疲れ果て諦め連れて来たばかりの母をまた送って行く。溜息しか出ない。母は叔父にも同じ事をするだろうと、私はそこが心配なんだと叔父に話した。叔父は大笑いして、「  お姉ちゃん、やるやんか!」って言って、「  心配せんといて。俺ら姉弟なんやから。」

 

叔父へのお土産は何が良いかと考えながら、私も姉の好きだったお菓子のお土産を持って・・・

 

会いに行けたら・・・なんて。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。