まるで海の底のようなシックなライブ&バー♪
忘年会・新年会などのご予約はお早めに 03-3572-8228

そうじゃない

そうじゃない

晴れていても夕方からの風は肌寒く、半袖姿の方も珍しい季節になりました。お天気に恵まれた10月の3連休、皆様はゆっくりお過ごしになられたでしょうか。

 

明日は娘がお休みだから、「  一緒にお買い物に出掛けよう。」と言い出したのは私でした。早朝にお洗濯もお掃除も済ませて、いつでも出発出来るはずの私でした。それなのに・・・座る度に激しい睡魔に襲われ寝ても寝ても寝てばっかり。眠りながら残念そうな娘の声が聞こえていたのに。「  明日は私がお休みだからって言ってたのに。もう暗くなっちゃうよ。」・・・ほんとゴメンちゃい。

 

許して、sorry。。

 

眠る度に、海で溺れる恐ろしい夢を見ていました。浅瀬でまだ若かった私は幼い娘と遊んでいました。それが気付いたら2人で遠くに流されていました。私は全く泳げません。泳げないけれど、娘を抱えて必死で立ち泳ぎをしています。足が重くて、頑張るけど段々動かなくなってきて。浜辺にいる人に助けてと何度も叫ぶけれど、気持ちばかりで大きな声が出なくて。誰も気づいてはくれない。皆んな楽しそうに遊んでる。沈みそう、どうして・・・そう思った瞬間にハッと目が覚めた。そんな第1話。娘はチェルを撫でて遊んでた。もうこんな夢は見たくないと、思い直してまた眠りの中に。

 

まだ溺れてる。何度も沈んでは浮かび上がりながら必死で息をして、「  この子だけは助けないと。この子だけは海中に沈めちゃいけない。」って。沈みながら今度浮かび上がったら、今度こそはもっと大声で助けてって叫ぼう。苦しくて死にそう。やっと浮き上がって声を出そうとした瞬間に、思い切り海水を飲み込んでしまった。息が出来ない、もうダメだ、諦めたその瞬間に目が覚めた。それが第2話。娘を探すと、冷蔵庫をガサガサ漁ってる。夢だった、娘は生きてる、良かったってまた眠った。

 

溺れてる。娘を抱えてる腕にもう力が入らない。恐怖で泣き叫ぶ娘を抱えて、沈んだり浮き上がったりしてる。苦しくて、心臓が身体から飛び出すほど痛くて。辛くてつらくて。情けなくて惨めで申し訳なくて。さっきまで泣き叫んでた娘の声が聞こえなくなった。私のせいだ、もう生きてる意味がない。私は娘を抱えたまま沈んで行った。ら、目が覚めた。第3話。

 

全身から汗が吹き出してた。娘は私の目の前に座って、ポテトチップスを食べながらテレビを観てた。夢だった。夢で良かった。私はホッとして大きく1つ息をして、「  怖い夢を見たわ。海で溺れてた。深い所に流されて、ほんと怖かったわぁ。」って。そしたら娘が振り返って・・・

 

オシッコ出たいんじゃない?

 

はぁ?おトイレ行きたいの我慢してたらオネショする的な?