I’d love to hear

I’d love to hear

夕方に寒気がして毛布に包まっていたら、いつの間にか眠ってしまっていたようです。ハッとして起きて時計を見たら、深夜2時を指していました。台風が少しずつ近づいてきているようです。皆様、お気をつけてお過ごし下さいませ。

 

週末の深夜になると必ず私がやって来る場所があります。自宅マンション1階にあるラウンジと名付けられたお部屋で、私はタバコ部屋と呼んでいます。長いソファーが5脚と天井まで伸びた観葉植物が2個、窓からは大きな木が2本見えます。深夜にやって来ては2本の木に光が当たり始めるまで、長い時には5時間も1人で黙って座っています。ご心配なく。

 

鬱病ではありません。笑

 

深夜2時を過ぎるとそれまでいた人達が自宅に戻り、タバコ部屋は私1人になります。私はその瞬間の開放感が大好きでした。大、大、大好きだったのです。それが。それなのに1ヶ月ほど前から、どうやらその快感を知った男の人がもう1人。初めは少し待っていれば、その人もお部屋に戻って寝るだろうと思っていました。ところが・・・ずっといる。毎週やって来る。朝までいる。何時間も座ってる。ずっとずっといる、2本の木に光が当たるまで。ずっと一緒。私は窓を向いた1番前のソファーが定位置でその人には背中を向けて腰掛けている為、今まで1度も振り向いて顔を見た事はありません。でもソファーに座る音や箱からタバコを取り出し火をつけるタイミング、煙を吐く息で同じ人だとわかるようになりました。若い男の人です。間違いないと思います。若い若い男の人です。この人は一体全体朝まで長い時は5時間も、このタバコ部屋で何をしているのでしょう。

 

I’d love to hear

 

I’d love to hear absolutely

 

私は夜はあまり眠らないかな〜。なのでここに来ています。ここはこの時間は人が居なくなって、何ていうか別世界っていうか・・・好きなので。携帯のニュースを読んだり、気持ちの整理をしたり、ブログ書いたりしているんですよ。それで、えっと、このお部屋の匂いも落ち着くですよね〜。それで、えっと、週末の夜は大体こういう楽な服装なのよ、自宅だもん。でも当然いつもは違うっていうか。で、えっと、髪もね、ゴムでまとめてポンみたいな。いつもは綺麗にクルクルだけど。

 

エヘヘ・・・へ

 

ってかさ、何でいるのよ。どうしてここに?どうして??何でずっと??

 

もう帰って寝てくれ!!頼む。

 

緊張して普通に呼吸が出来ない。死にそうになりそう。さっきから咳払いしたいんだけど。咳き込んで死にそうになりそう。肩痛いし首も凝ったし、普通に死にそう。

 

あっ!帰った。私も帰る。笑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。