取り敢えず寝てみよう

取り敢えず寝てみよう

ひと雨毎に季節は冬へと向かうそうです。冬に備えて夏物のハイヒールとブーツを並べ替えました。皆様、どうぞ温かくしてお過ごし下さいませ。

 

いつだったか、経営者であるお客様にこんな事を聞いてみました。「 先が見えなくて辛い時や悩んだ時ってありますか?そんな時はどうしてらっしゃるんですか?」

 

経営者というものは孤独です。辛い時も嬉しい時も孤独です。それは経営者以外にはわからないものです。それでも私と違って、いつも明るく大らかなその方はどうなのだろうかって。今は順調なその方にだって、1つや2つは辛い時があったはずだからと。お返事はこうでした。「 悩んでみたって、色々考えてみたって所詮なるようにしかならないだろう?だから考えないよ。そういう時は寝るんだよ。」

 

へ?

 

そんなところに、大田区でスナックを経営しているママから、『 この度、・・・年内をもちまして閉店することに致しました。もあちゃん、閉店前に1度お顔を見せて下さいな。』ってメールが。いつも大きな声で笑う明るいママでした。ママの人柄やお店の雰囲気は、嫉妬するほど地元の方に愛されていました。そんなお店が閉店なんて悲し過ぎます。それにもう何年も1度だってお邪魔していないのに、閉店するからってどんな顔して行けばいいの?

 

行けるわけない、私は。

 

それで、せめてお電話だけでもと掛けてみました。あんなに明るいママでもさぞかし落ち込んでいるだろうと思って勇気を振り絞り神妙に、「 ママ、閉店って本当なの?」「 あっ!もあちゃ~~ん。そなのよ。そなの。そうなのよ~ん。」って明るいあかるい。「 どうして?あんなに流行ってたじゃない?」「 もうね、嫌になっちゃったのよ~ん。」「 は?」ママは来年から年金生活者になるって言って、蓄えも少し出来たしって言って、歳だしこの先は苦労ばっかりだろうからって、お店を辞めるって決めたら物凄く楽になった、接客業ってストレスだらけでもう嫌だ嫌だって大爆笑して。それで、「 もあちゃんは、お店頑張ってね。」って。

 

はぁ~?

 

口ではそう言ってても本当は寂しいんじゃないの?この電話を切ったら泣いてるんじゃないの?って勘ぐりたくなる私って・・・暗い。楽天的になれる方法を調べてみる。なれるものなのかどうか調べてみる。なろうと思えばなれるらしい。取り敢えず・・・

 

寝てみよう。笑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。