見境なく女好き

見境なく女好き

どのショップにもクリスマスツリーが飾られてきらきら輝いています。今年も残り僅かになりました。皆様、呉々も体調を崩されませんよう温かくしてお過ごし下さいませ。

 

同業の友人が電話帳から消えて連絡を取る手段を無くしてから、どれくらい経ったでしょうか。直接会うことはない私達でしたが携帯にはちゃんと名前があって、話そうと思えばいつでも話せる安心感がありました。そのうち、「  ごめんね。心配したぁ?」って電話があるだろうと思っていましたが、全く音沙汰がありません。

 

うぉ〜ん

 

「  私の心を許せる友達はもあだけだから。」っていつもいつも言ってたくせに。嘘つき。。

 

うぉ〜んぉんぉん

 

なので先日美容室に行った時に、担当のオジサンに事情を説明してお願いしてみました。「  でね、お友達になってくれそうな人いないかな?紹介して欲しいの。」「  え、ママのですか?」「  そ!」「  僕の知り合いは男ばっかですよ。」「  いいのよ、男性で。お友達だもん。いない?」「  ママにですかぁ・・・ママのですかぁ。」「  そだけど。ナニ?」「  暇な奴いるにはいますけど・・・」「  そなの?紹介して!」「  でもなぁ、奴はちょっとなぁ・・・」「  なになに?ちょっとナニ?」

 

「  めちゃめちゃ貧乏なんですよ。」

 

ん?び、びんぼー。び、びんぼーな友達。えっと・・・び、びんぼー。度合いにもよるかなぁ。ど〜かなぁ。「  あ、それに・・・」「  なになに?まだ何かあるの?」「  そいつ、凄い女好きなんですよ。酔うと見境いなくなるんですよ。」

 

いらん!笑

 

てか、それってお友達じゃないよね?

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。