サンタさんを待ってる

サンタさんを待ってる

今年も残り1週間になりました。皆様、お忙しい毎日をお過ごしの事と思います。呉々もお疲れを出されませんよう、どうぞお気をつけてお過ごし下さいませ。

 

いつからどうしてそうなったのか忘れてしまいましたが、ここ数年毎年クリスマスイブには娘とデコレーションケーキを1つずつ作るようになりました。今年の我が家は娘のチョコレートケーキ、私の白いケーキ、プロのケーキと合わせて3つの賑やかなテーブルになりました。

 

娘はどうやらチョコを溶かし薄く伸ばして、くるくるロールさせたいみたいでした。それってプロのパティシエでもかなり難易度が高いと思うのだけど・・・。何度やってもやっぱり娘はうまくいかず、溶かし冷やしの溶かし冷やしで。ペーパーをバリバリッ、だけどくしゃくしゃポイッ。右手にスプーン左手ナイフ、右手にナイフで左手スプーン、左手ナイフで右は指みたいな。

 

ギャハハ。

 

最後は私の、「  ザクザクしたチョコって美味しいよね。」の声に、「  そうだよね〜。そうなんだよね〜。平らでいいか〜。」って。

 

ただの薄いチョコ。爆

 

ふと、娘がまだ私の腰辺りしかない頃のクリスマスイブを思い出した。早く寝ないとサンタさんが来てくれないよって言うのに、「  起きて待ってる。サンタさんを待ってる。」って頑張って。だけど眠くて待ちきれなかった。 あの夜の私を見上げたキラキラした目を思い出して、ぼろぼろ大泣きしそうになってしまった。あの日に帰って、もう一度だけ眠った娘の枕元にそっと大きな箱を置いてみたい。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。