どちらまで?

どちらまで?


昨日はとても寒い日でした。特に夕方からは霙混じりの雨が降り、指先が悴むほどでした。何をまたママがオーバーな事を・・・と思われるでしょうか。 実はその霙混じりの雨が降り始めた頃、私は出勤の為タクシー乗り場に立っていました。いつもなら混み始める前にタクシー乗り場に行きさっさと乗り込むものを、昨日の私は出掛ける準備に手間取り出遅れてしまいました。そこにたどり着いた時はもう長蛇の列でした。冷たい雨のせいか、忘年会シーズンのせいなのか・・・。

前の団体さんの、「  こんなに待った事ないよな。」って声が聞こえてきました。こんなに待った事ないって何分なの?と、その時の私はまだ余裕がありました。それにしても通り過ぎるのはお客さんを乗せているか、迎車ばかり也。。目の前を都バスが通ったと思ったら、1番前の団体さんがバス停目掛けて走って行きました。それから10分程して、次の団体さんもバス停に移動して行きました。バス停だって長蛇の列なのに。1人抜け2人抜けて、私の前は1組3名だけになりました。

雨が益々激しく冷たくなってきて、私の可愛い手が悴み皺くちゃになったのはその頃でした。前の団体さんも遂に諦め都バスを追いかけて走って行き、私は1番前になりました。私は諦めたりしませんよ、諦めるという事が1番嫌ですからね。いくらウエルカムだからって、都バスになんか絶対に乗りません。それに昨日はバックの他にお酒を入れた重いキャリーと、傘までさしてたんですから。

あんな満員バス。笑

それから10分・・15分・・・どこから情報を仕入れたのかタクシー乗り場には誰も来ず、私はずっと独りぼっちの1番前でした。そしてやっぱり走り過ぎるタクシーは嬉しそうなお客さんを乗せてるか、迎車ばかり。あの人達は何が嬉しくて笑っているのでしょう。

すると反対車線に・・・向こうのはるか向こうの向こうの方から空車のタクシーがっ!

私、ダッシュ‼️

走った、やった、乗った!

逆向きですけど。爆