余計なお世話

余計なお世話

しとしと冷たい雨が降り始め寒い週末になりました。皆様、お変わりございませんか。

昨日、娘がペットショップのわんちゃん貸出しサービスを利用して、我が家に小さなフレンチブルドッグを連れ帰ってきました。購入する前の1度お試しのサービスで、少し心は複雑ですが一生お付き合いする為と捉えれば良いサービスを考えたものだと感心します。

我が家の愛犬ちぇるは10歳、人間でいうともうすっかりお婆ちゃんなのだそうです。大きな病気を1度もしたことがない健康体で、私達の中では今でも赤ちゃんのままです。出来る限り色んな場所に同行し愛情たっぷりに接してきました。でももう1匹仲間がいればちぇるはもっと楽しいのではとずっと思ってきました。それにしてもちぇるは他のわんちゃんには全く興味を示さないか、苦手なタイプがとても多い難しい性格で・・・。

誰かに似てる。笑

小さなわんちゃんは真っ黒クロスケの女の子で、まるで宇宙人みたいな風貌でした。ショップでは何故かブーちゃんと呼ばれていました。ブーちゃんが我が家に来た時、ちぇるはトリミングに出掛けていて留守でした。ブーちゃんはとても人懐こく順応性があり好奇心旺盛で、我が家の全ての部屋をチェックして回りました。愛されたくて一生懸命、そんな風に見えました。

ちぇるが帰って来ました。想像通りでした。どうしても仲良くなりたいブーちゃんに執拗に追いかけられ、ちぇるは登って来られない高いソファーに逃げ込みました。喉が渇いてお水が飲みたいけれど、怖くてソファーから降りられませんでした。そんなちぇるの気も知らずブーちゃんはガツガツ餌を食べグビグビ喉を鳴らしてお水を飲み、愛想振りまきながら走り回って皆んなに猛アピール。ちぇるは呆れて言葉もなさそうでした。そしてとても寂しそうで、見ているこちらも堪らなくなりました。

貸出し終了の時間がきてブーちゃんを箱に入れた時、それまで1度も鳴かなかったブーちゃんが泣きました。娘が、「  こんなに人懐こくて可愛い子だから直ぐ誰かに飼ってもらえる。」って言って、「  人間でも中々合う人とは巡り会えないから。」って。それから2人長い沈黙・・・。

だっけどブーちゃん。。あんた高い、50万て高過ぎる。わんちゃんだから可愛いけど、人間だとメイクに相当お金掛けないと。思春期には悩むと思うわぁ。グイグイ行くのも良いけど、たまに切なく鳴いて良いと思う。真っ直ぐに人を見ないでお膝に座る時はお尻からよ、そっとね。

きも。ギャハハ