プロに勝るものはなし

プロに勝るものはなし

明後日はクリスマスイブ。いつからそうなったのか我が家では、イブに娘と並んで1つずつケーキを作るのが恒例になりました。市販の綺麗なケーキの横に微妙な手作りケーキ2つ、合計3つのケーキがテーブルいっぱいに。。甘い物が苦手で普段は殆ど口にしない私ですが、イブの丸いケーキ3つはこの世で1番の幸せの象徴なのです。ところが今年の娘は本業が忙しく帰宅が遅くなるそうで、予約したケーキと私の作る2つだけ・・・

つまらない。笑

そこで何を血迷ったか私ときたら、今年は25日にケーキを作ってお店に持って行くと言ってしまったのです。いつも通り、市販の綺麗なケーキで良かったのに。誰も私の手作りケーキが食べたいなんて言ってないのに。

アホか!

それからというもの、寝ても覚めても私の頭の中はケーキの事ばかり。今更、ネットで生クリームの泡立て方ばかり見てる。フルーツを洋酒に漬け込んで、暇さえあればかき回してる。大人で小粋なケーキが作りたい。どうせならホテルみたいに薄くて四角い大きい物を作ってみたい。作れるわけない。丸しか知らない。

あ〜、神様。泣

そんな私の気持ちも知らないでケーキの材料を調達に行ったスーパーで娘は、「 チョコのプレートは2枚にしてね。取り合いになるからね。」って。「 このサンタさんって食べられると思う?ゼリーのサンタさんにしよう、食べられるから。」「 色んなチョコが入ってるのを買って。上に掛けて。」「 パイナップルとおみかんを真ん中に挟んでね。」「 イチゴも乗せる。ケーキにはイチゴでしょ。」って。

全部乗せ。笑

で、横目で私をチラッと見て、「 お店のケーキ、大丈夫?」って心配そうに。

黙れ、小僧。

し〜ん・・・