もう1度だけ

もう1度だけ

いよいよ関東も梅雨入りし、ズラズラと並んでいた晴れマークが雨と曇りばかりになってしまいました。今年は水不足の心配はなさそうですね。皆様、いかがお過ごしでしょうか。どうぞ体調管理にお気をつけてお過ごし下さいませ。

またまた私と娘は水曜日、早朝から親戚の出張に便乗して埼玉県、山梨県に行って来ました。山梨は母を連れて泊まった河口湖以来、3年ぶりでした。実は亡くなった私の姉は、山梨県都留市の大学出身でした。3年前に母と河口湖畔のホテルに着いた時、少し足を伸ばせば姉が暮らした街だとわかっていて、でも私にはどうしてもそこに行く勇気がありませんでした。姉を亡くした時、私が思い出す姉の思い出の殆どは都留での事でした。あの辛い日から随分経ってやっと今回、「 行ってみる?」の問い掛けに頷けた私でした。

姉が大学生活を始めた時、私は高校1年生でした。夏や冬の長いお休みが始まると私はいつも姉のアパートに転がり込み、始業式の前日まで居座っていました。大学生のフリをして姉の隣で夏期講習を受けた事もありました。姉のアルバイト先で私も短期アルバイトをしました。2人でバスに乗り県内を観光したり、2人で晩ご飯を作ったり、2人で狭い部屋に寝転んで朝まで将来について話したり・・・姉の青春時代は私の青春時代でもありました。

私はもうすっかり吹っ切れたつもりでいました。それなのに、車が姉のいたアパートへの細い坂道を通った時のことです。遠い昔、アルバイト先から帰る途中この坂道で姉が、「 灯油がまだあったかな。もしなかったら、また私の妹が風邪をひいてしまう。」って。凍えるような寒い日で、ニットの手袋で何度も何度も両手を擦り合わせ乍ら、白くて細い息を吐いて姉が言った・・・優しい顔を思い出して。姉が今、坂道を登って来ている気がして。

あぁ、もう1度だけで良いから、

あの声が聞きたい。