足りない訳

足りない訳

今年も残り僅かになりました。毎年この季節は必ず巡ってきて時間は変わることなく続くのに、何年繰り返しても一向に慣れずせかせかと慌てている私がいます。皆様はこの年末をいかがお過ごしでしょうか。私のような人間が増える時期です、どうぞお気をつけてお過ごし下さいますように。

金曜日の夕方。お客様にお渡しするお年始のお菓子が足りなくなった為、三越に立ち寄りました。あんなに何度も数えて間違いなく買ったはずなのに不足って一体これはどうした事なのか、でも余るよりは嬉しい事だと思い直しながら。想像通り食料品売り場はとても混雑していました。私はお目当ての売り場に一目散に向かいました。不足分をさっと注文し、店員さんがささっと包装。言わずとも個数分の小袋がきちんと隅に入っていて、流石ベテランさんは手際が違うと売り場を後にしました。

気持ち良い

いつもは年末ギリギリに買うお正月の母の生菓子も、今年は日持ちするもので済ませようと2、3箇所回って買いました。親切な店員さんに、「 お荷物1つにおまとめ致しましょうか?」「 ありがとうございます。でもまぁ〜いいわ。どれがどれかわからなくなりそうだから。」「 そうですか。生菓子が日持ちすれば良いのですけど。」「 そうですよね。いつもは30とかに来るのだけど、でも今年はこれでもう良いわ。あの芋の子洗うみたいな売り場に来なくて済むし。” なんてね。

上機嫌。笑

その後、若いお客様達とマスターにクリスマスプレゼントを買う為、自分のバックとお菓子の紙袋を4箇所分下げて紳士服売り場に移動。シーズンだというのに不思議と売り場はガラ〜ンとしていました。“ 流石に直前になってプレゼント選びもないかぁ。” って思いながら遠目で店内を見ながら2周歩き、あるショップで足を止めると・・・ショップの一番奥に立ってクルクル周る私をジィーっと見ていた白髪のおじさんが嬉しそうに寄ってきて、「 どういった物をお探しですか?良かったらお荷物をこちらに置いてお選び下さい。」商品に詳しくハキハキした物言いで、付けてる香水も私好みで渋く似合っていて大変よろしい。笑

色々悩んでやっと決めて。「 お箱に入れてラッピングになりますが、包装紙とリボンは何色になさいますか?」「 どちらもブルーでお願いします。」「 ではそのように致しますね。少しお包みにお時間を頂戴致しますので、こちらにお掛けになってお待ち下さいませ。」

はいはい。

「 あっ!お客様、小さなお荷物だけでも1つにおまとめ致しましょうか?」「 あ、そうね。じゃ、これとこれはこっちにまとめて頂いて。これとこれと、これとこれと、これとこれらはこっちにまとめてもらって。これとこれとこれはこっちでお願いします。」「 わかりました。」

売り場には色んな店員さんがいて色々周るとイラッとする人にも会うものなのに、今日はなんて良い日かしらなんて三越を出て。それにしても1つにまとめると重いな〜と何度も持ち直しヨタヨタもう直ぐお店の所まで歩いてきた。

すると・・・いつもお客様とお食事に行くお店の店長が、看板持って暗い顔して角に立ってる。私に気づいて、「 もあさぁ〜ん。どうしたんですか、凄い荷物ですね。」と声を掛けてきた。私はそうなのよ〜、だけどどうしたの?店長自ら外に立つなんて立派だわぁって。店長は今夜ご予約の団体様がキャンセルになって、仕入れたお刺身が台無しになってしまうって。それはそれは落ち込んでいて。うちのマスターより暗かった。あはは

聞かされて気の毒すぎて、私は今買ってきたばかりのお客様に差し上げるお菓子の箱を紙袋から1つ・・・

あぁぁぁぁぁっ

足りなくなるのはこれかぁ。笑

なるほど。