銀座のトリル 03-3572-8228

Blog

ママのぽわぽわ銀トリ日記♪
私・店内にて

晴れていても夕方からの風は肌寒く、半袖姿の方を見かける事もなくなりました。お天気に恵まれた10月の3連休、皆様はゆっくりお過ごしになられたでしょうか。

明日は娘がお休みだから、「一緒にお買い物に行こうよ。」と言い出したのは私でした。早朝にお洗濯やお掃除も済ませて出発するはずでした。それなのに寝ても寝ても眠くて。眠りながら、「明日は私がお休みだからって言ってたのに。もう暗くなっちゃうよ。」残念そうな娘の声を聞いていました。

眠る度におなじ夢を見ました。海で溺れる恐ろしい夢です。

浅瀬でまだ若い私は娘と遊んでいました。気付いたら遠くに流されていて、私は娘を抱えて必死で立ち泳ぎをしています。浜辺にいる人に助けてと何度も叫ぶけれど誰も気づいてはくれません。沈みそう、そう思った瞬間にハッと目が覚めて。

娘を探すとちぇると遊んでいました。ホッとして私はまた眠りの中に。

何度も沈んでは浮かび上がりながら必死で息をして、「この子だけは助けないと。この子だけは。」

沈んで浮き上がって、助けを求めようとした瞬間に思い切り海水を飲み込んでしまいました。もうダメだと諦めかけた時に目が覚めました。ぼんやりした頭で娘を見たら、冷蔵庫を覗いていました、娘は生きてる、良かったとホッとしてまた眠りの中に。

また溺れていました。娘を抱えてる腕にもう力が入らなくて、恐怖で泣き叫ぶ娘を抱えて私は沈んで行きました。辛くて情けなくて惨めで申し訳なくて、泣いて泣いて。

そこで目が覚めました。

娘は私の目の前に座ってポテトチップスを食べながらテレビを観ていました。

夢だった、私は大きく一つ息をして、「怖い夢を見たわ。海で溺れてる夢。深い所に流されて怖かったわぁ。何度寝ても続きを見てほんと怖かった。」と娘に。

すると娘が振り返って、

オシッコ出たいからじゃない?

はぁ〜?

私・自宅にて

風が心地よくさらっと吹いて葉っぱが足元に、私の好きな季節がやってきました。今日から10月、神無月です。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

父が亡くなり四十九日も終わって落ち着いた去年の秋の頃、もしかしたら今後は私が父の残した書類を管理する事になるのでは?これは責任重大だと金庫を購入しました。

父は生前、「お前には紙切れを残してやるから。」と笑って何度も言っていました。私は父がまさか本当にそんな事はしないだろうと思っていました。でも結局、それは本当の事でした。笑

重い金庫の中に入れたのは、父の金庫に転がっていた錆びた古い硬貨と腐りかけの紙幣、吹けば飛びそうな盃とメダルでした。金庫なんて買うんじゃなかった。

先日、久しぶりに金庫を開けてみる事にしました。そしたら金庫の鍵がどこにも見当たらない。

私は引き出しという引き出しを開け探し回りました。整理魔の私が金庫の鍵を無くすなんて事は、目覚めたら80歳になってるくらい有り得ない事だから。『玄関 』とシールを貼ってある鍵も、もしかしたらと一応差し込んでみました。玄関の鍵でした。

金庫の鍵穴の奥を覗き込んだりもしました。鍵穴でした。

明らかに違うだろう〜っていう鍵も差し込んでみました。

入りませんでした。

もう1度血眼になって探したら、金庫のスペアーキーがひょんな袋から出てきました。鍵には◯金と書いてあり、◯金は鍵穴に気持ち良くスポッと入ってくれました。

そして開けたら、そこに、

金庫の鍵。。笑

店内にて

雨風が強くなってきました。南から北へと見事に日本列島直撃の台風18号、何事もなく通過して行って欲しいものです。皆様、お元気ですか。

『 無人島に1つだけ持って行けるとしたら何を持って行きますか?』という質問がネットニュースに出ていました。まだあるのね、これ。

私が最初にこれを聞かれたのは中学生の頃、聞いてきたのは姉でした。姉は目を輝かせて私の答えを待っていました。私が悩んでいると姉は痺れを切らして、「あのね、も〜ちゃん。これは遊びの質問なんだからね。何でも良いんだから!さっさと答えなさいよ。」って怒ってきました。笑

だけどたった1つだけって悩むでしょ。姉は呆れて、「お水とかナイフとかじゃないの?あのね、もしもの話なんだよ?そんな事が起きるはずないんだから。何だって良いんだから早く!」って怖い顔して。だから私、

う〜ん。じゃ、家族 で。 」

は?家族は1つじゃない!!本当に馬鹿じゃないの?こんなに待たせておいて家族って。うちは4人家族だし。」

姉に有り得ないほど叱られて、「じゃ、お姉ちゃんは何を持って行くのよ?」って聞くと姉は、

?私はマッチ。」

ま、ま、マッチ?笑

私・店内にて

日中はまだまだ陽射しが強いですが日に日に秋めいて参りました。ショーウィンドウに秋色が並んでいます。皆様、お元気ですか。

土曜の夜、クタクタになって帰宅してくるだろうと手料理を作って娘を待っていたら、やっぱりボロ雑巾になって帰ってきました。外では人に気を使っているのだと思うと可笑しくて吹き出しそうになりました。人の苦労話を聞きながら食べる食事は格別です。笑

それより何よりいつも私は、娘がまるで私もその場に居たように上手に話す事にとても感心します。

私は人に話をするのが昔から苦手です。

◯◯さんがね。あ、その人ってこういう人なんだけどさ。それでね、◯◯さんの話だったね。

あ、その◯◯さんてこういう事もあった人なのだったわ。

でね、◯◯の時のことなんだけどさ。

あ、その◯◯の前にはこういう事があった。

そうだった、そうだった。

それでね〜。そうそう、そうなんだけどその〜ってちっとも前に進まない。

話してる私も何が何だかわからない。

一体何を話す為の前振りだったのか、さっぱりわからない。

でも折角話し始めたんだし話し続けるかみたいな。笑

それなのにまぁ〜皆さんお優しい良い方ばっかりで、黙って辛抱強くずぅ〜っと聞いてて下さる。

頭グチャグチャだと思うのですが。

暇なのかな。笑

長雨もやっと終わり、天気予報に晴れと曇りマークが並んでいます。晴れていても蒸し暑く不快な毎日ですね。皆様、お変わりありませんか。暦の上では処暑、もう直ぐ秋ですね。

そういう私は全身の関節が痛く微熱が続き胃痛と吐き気までしてきて、ずぅ〜っと眠ってばかりでした。夏風邪は辛いです。

今ダイエット中なので丁度良かったのかもしれませんが。

太らないようにするのも大変ですが、ダイエットとなると更に我慢が必要です。

私はパンが大好きでそれを我慢しなければいけないのが本当辛いです。頑張って我慢していたのに、停滞期なのか最近少しも痩せなくなってしまいました。心が折れそうです。

そこでパンを食べながら痩せる方法はないかと痩せっぽっちのマスターに聞いてみました。

運動です。」

急いでもないのに走りませんよ、私は。

それに筋トレとか、ムキムキになる気はありませんから。

嫌でしょ、ドレス来てと胸がマッチョとか。

胸の筋肉ピクピクとか嫌じゃない?

運動ですって、したいならマスターがすれば良いじゃない。笑