銀座のトリル 03-3572-8228

銀トリ日記

銀座のトリル > 銀トリ日記 (Page 15)
私・店内にて

明日は広い範囲で花の雨だそうです。寒くならなければ良いのですが。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

寒さが和らいでくると決まって桜の頃まで体調を崩してしまう私ですが、ここにきてやっと回復してきました。元気が出てくると当然食欲も出てきます。今日乗ったエレベーターに『イタリアンフェアー』の張り紙があって、ダイエット中で半年以上もパスタを食べていない私は目が釘付けになってしまいました。食べたら食べただけ痩せるならどんなに幸せでしょうか。

お皿も食べる。笑

それにしても美容体重って嫌な言葉ですよね。なんじゃ、美容体重って。骨になっても美容体重にならない自信があるわ。

あ〜、魔法使いがいたら良いのになぁ。1つだけ願いを叶えてあげるって言ってくれたら、絶対にお願いするのに。

魔法使いにして下さい

私・自宅にて

暖かくなったり寒が戻ったりと不安定な気候です。皆様、体調を崩されませんよう、どうぞお気をつけてお過ごし下さいませ。

最近私の視力は急激に低下している様です。頭がぼんやりしているのに視力まで悪くなり、色々な場面で生活に支障が出てきました。

昨日はスカートのボタン穴が見えず着替えに手間取り、今日は玄関ドアーで突き指をしました。

でも視力が悪い事で良いことも少しだけあります。お客様の表情や視線が良く見えないので接客中に緊張しなくて済むとか。笑

ある日マンション1階ロビーのソファーに座っていたら急に女性から、「いつもロングスカートなんですね。」と声をかけられた事があります。意味がわからなくて戸惑っていたら、「ロングスカートがお好きなの?いつも違う生地だから。この前はヒョウ柄でしたね。」「え?・・・はぁ。」「ママか何か?お店されてるとか?そう見えるから。あなた、目立つもの〜。」

ひょえ〜

「お見かけする度に私見ちゃうのよね。なんか普通と違うように見えるから。」

目、ついたろか。 笑

普通です。

晴海にて

良いお天気の日が続いています。桜花爛漫、どこを歩いても桜に歓迎されている様で幸せな気持ちになれます。日本に生まれて本当良かった。皆様、お変わりございませんか。

また娘とちぇるがタクシーで我が家にやってきました。娘はお休みの前の日には職場から帰宅したら、直ぐに荷物をまとめて里帰りすると決めているようです。先日は、「明日お休みだけど明後日お仕事したらまたその次お休みなんだよね。だから会社の制服持ってきた。」って我が家から出勤するつもりみたいです。私の気持ちはとても複雑です。

娘は私に家を追い出された理由を理解しているのでしょうか、私は娘に、「ね?どうしてそんなに帰りたいの?」って聞いてみました。娘は少し考えて、「何もしなくて良いから?」

なるほど〜。

質問内容を完全に間違えました。笑

私が5時頃にベッドに入ると、ちぇるが待ってましたとばかりに何処からかやって来て私の顔にお尻をくっつけて眠り始めました。私もちぇるの体温を感じながら安らかな眠りについたのですが・・・1時間ほど経った頃、突然ちぇるが長い爪で私の頭をカリッと引っ掻いてきました。

ギャ!笑

私のお散歩タイムだよ!起きて!というサインです。

私の記憶が正しければ、ちぇるは直ぐ隣のベッドで寝ている娘の頭を1度もカリッとした事はありません。ちぇるはちゃんと知っているのです。娘を起こすのは大変な労力を要するってこと。私なら1度カリッとやれば飛び起きるって事を。私を起こして私が娘を起こす方が手っ取り早いし、早くお散歩に行けることをちぇるはちや〜んと知っているのです。

賢いんだもんねぇ、ちぇるちゃんは。。

危ない、危ない、

こいつらにやられるところだった。

娘・ちぇる・自宅にて

最近ネットを見ていて目がいくのはペットロスという文字。それについて書かれたブログは、読み始めても途中で閉じてしまう。悲し過ぎて読み切ることなんて私には出来ない。

ペットへの躾や関わり方などプロ目線で書いてあるページも沢山ある。人間とペットは違う生き物、上下関係をしっかり教えましょう。ちゃんと躾ましょう。

はぁ〜い。笑

我が家にもちぇるがいる。本名はチェルシー。だけど皆んなにちぇるって呼ばれるから、本人も本当の本名は知らない。試しに先日チェルシーって呼んでみたら知らん顔だった。大人しくて人懐こいけれど、こうと決めたら梃子でも動かない。好きは大好き、嫌いは大嫌い。愛想良くしておく技も特典も知っている。5秒しか持たないけれど。

異性の好みは筋肉質のシュッとした顔立ちだって娘が言ってた。ちぇるの態度がいつもと明らかに違うんだって。なのに想う人には想われず悲しい恋も経験済み。今度ちぇるにモテ方をしっかり教えないと。笑

そんなちぇると出会って10年、私が引っ越す度にちぇるも一緒に越してきた。泣きそうになるのを我慢した時も思わず泣いてしまった時も、ちぇるは私の傍で見て見ぬ振りをしてくれた。いつだって一緒だったのに。それなのに娘は1人暮らしのオンボロ住まいにちぇるを連れて行ってしまった。あんなにお上品だったちぇるが見る度に貧相になっていく。

ちぇる・・・泣

もしもちぇるが死んでしまったら私はきっと生きていけないって言ったら、「1年間は泣いてばかりだと思う。」って娘は言った。

鬼〜!!!

娘・ちぇる・自宅にて

日頃の行いが余りにも自己中だった娘は私の逆鱗に触れ、ひと月以内に住まいを探し転居する様に申し渡されました。去年の暮れのことです。「え〜ん、1人でやっていける気がしない。」娘は何度も訴えましたが、黙ってニヤッと笑うだけの私を見て堪忍したようでした。私なら親と同居なんて絶対に嫌だし1人暮らししろって言われたら大喜びして出来るだけ遠くに行くと思うのですが。。娘が決めたのは我が家から自転車でわずか10分程の場所にあるボロいペット可物件でした。ちぇるの病院が近くて良いって娘は言っていましたが・・・

信じると思うのかな。

引越しの数日前も娘は、「 たった2年だから。2年頑張れば帰ってきて良いんだから。」って。

は?

そんなことを言った覚えはありませんけど。

っていうかなんで2年?笑

娘がちぇるを連れてここを出てから3か月が経ちました。

私は2人の住まいに2度、2時間ずつ程お邪魔しました。

娘とちぇるは3か月間に40日ほど我が家に来ました。少しは動くようになったかと期待しましたが初めて帰って来た夜に、「わぁ、お皿洗ってくれるの?なんか嬉しい〜。」と言ったきり、その後は当たり前の顔をしてずっと座っています。ちぇるまで疲れた顔でやって来て寝てばかりです。

「お風呂入ってから帰っていい?足が伸ばせるお風呂って良いよねぇ。」「こんなに玄関からおトイレまで遠かったっけ?」ってうちは普通の家ですけど。

ずっとそこで頑張れ〜。笑