銀座のトリル 03-3572-8228

銀トリ日記

銀座のトリル > 銀トリ日記 (Page 29)
20151026-103527
自宅にて

先週末は久し振りに休日らしい休日を過ごしました。身内の誰にも大きな変化がなく、自分の体調も悪くない普通で穏やかな気分の週末でした。

土曜の夜に、「ユナイテッドシネマって今何やってるの?映画観たくない?」って娘に言うと、「調べてみるわ。あ、ジェラシックワールドやってるよ。11時半から。」

「怪獣でしょ。怪獣出てくるんだよね?」
「4DXよ。ママ。観たことないでしょ〜。」「あ、マイ・インターンやってるぅ。これ観たかったのよね。これにしない?」

「ジェラシックワールド観た方がいいよ。4DXね。」

怪獣でしょ?

母が以前、「若い人に誘ってもらったら喜んでついて行かないと。同世代ばかりだと老けるからね。」と言っていたのを思い出して、娘のジェラシックワールドに決定!

映画が始まって暫くした頃、私の座席を後ろの人がコンコン蹴ってきた。

マジでムカつく。

耳元で風が吹いた。

座席がガタガタ揺れてお水がしゅ〜ってなった。

続けて座席の背中をツンツンツン、コンコンコン。。

あ、こいつかぁ。。笑

20151026-010819
私・店内にて

皆様、お変わりございませんか。風が冷たくなってきましたが風邪などお引きになっていませんか。これから益々寒さが厳しくなって参ります。
どうぞ温かくしてお過ごし下さいませ。

夏休み明けのブログアップを最後に2か月も放置してしまっていました。
夜な夜な通帳とにらめっこしながら店舗のリフォーム計画を立てておりました。

銀座のトリルもオープンして6年になりあちらこちらが傷んできたので、思い切ってリフォームする事にしたのですがこれが想像以上に大変でした。

こうしたいと思っても少し寸法が足りなかったり、良いなと思っても高くて手が出なかったり、こんな物があればいいのにと思ってもそんな物は存在しなかったり。
迷いに迷ってやっと決めて発注したのですが、工事の日程がなかなか合わず。

ほんと世の中って意地悪。

嫌い、大きらぁ〜い。笑

先週末、2か月がかりで全ての発注を済ませ解放されました。

やれやれ。。

後は丸投げ〜。。

20150817-010636
横浜にて

Uターンラッシュの様子をニュースが伝えています。皆様、楽しい夏休みをお過ごしになられましたか。お天気に恵まれた良いお休みになりました。

私は金曜日からお休みを頂きました。

入院中の父に会いに行きました。高校野球も観てみました。手料理も作りました。ちぇるをたっぷり抱っこしました。登る朝日や夕陽を眺めました。有意義な時間を過ごしました。

それに比べ娘は『ぶらり一人旅』という番組を見ていました。

恐ろしいです。

ずっと何か食べていました。

恐ろしいです。

父の病院からの帰りの電車の中に若いカップルが沢山いて、暑いのに皆んな手を繋いでいました。

どうしてうちの娘はずっとずぅ〜っと家にいるのでしょうか?

私は勇気を出して聞いてみました。

「 ね?一人暮らしとかしてみたくない?」

「全然。」

「嫌でしょ?親と一緒にいるの。」

「全然。」
「 彼、欲しくないの?」

「全然。」
「どうして? 」

「最近の男の子って割り勘の人多いみたい。」「え、割り勘なの?」

「然も割り勘した後に半分払う価値あったかな?って考えるんだってさ。」

「げぇ〜、そうなの?いらないね〜。」
「でしょ。いらないよ。」

「けちのくせにねぇ。いらないね〜。」

「でしょ。いらない。」

丸め込まれた?笑

20150815-044131
私・店内にて

じめじめと蒸し暑い日が続いています。皆様、いかがお過ごしですか。
もうそろそろUターンラッシュですね。

どうぞお帰りの際はお気をつけて下さいませ。

いつもの様に朝方から眠り始め喉が渇いて起きた時、いたはずの娘が何処にもいませんでした。

どうせジムで走ってるか、プールで泳いでるか、コスメショップであれこれ塗りたくっているのだろうと思っていました。

ところがそれにしては少し時間が掛かり過ぎです。

私は、「今どこ? 』って娘にメールを送りました。

「一人旅してる。今ね、前橋。」

娘は念願だった1人旅を決行したようでした。前橋メールに続いて、「充電切れそう。充電器持って来てない。」

は?

娘は何も伝えずに出発してこちらが聞くまで何の連絡もしてこないばかりか、充電器も持たずに出たのかと呆れてしまいました。それに前橋ってあの前橋に何があると言うのでしょうか。笑

その日、私はゆっくり眠って涼しくなったら、母の自宅のお掃除に行く計画を立てていました。
でも娘に呆れて眠れなくなったので早目に母を訪ねる事にしました。

母は猛暑日なのに、「良い風が入るから。」と窓全開でソファーに座っていました。

「お母さん、暑い風しか入ってきてないよ。クーラー付けないと熱中症になっちゃうよ。」

クーラーのスイッチを入れようとしましたがリモコンがありません。

「リモコンは?」

「リモコンって?」

「クーラーのリモコンよ。スイッチよ。」
「 壁にない?」

「ないけど?」

「そう? いいよいいよ、付けなくても。良い風が入ってくるから。」

「いゃ、良くないから。ちっとも良い風じゃないから。私が死ぬわ。」

クーラーってリモコンがないとスイッチがないんですね。やっと探し出して付けた頃には全身から汗が吹き出していました。

それから色々やって日が暮れる頃に帰宅。

そこに娘からからメールが届きました。

「新潟にいる。笑」

笑いません。

国分寺にて

頑張っていたのですけれど今日のお昼前から遂に夏バテしました。夕方タクシーを拾う間だけ外に出るだけなのに、夏バテなんてふざけるなってお話ですけど本当です。つわりかってほど匂いがダメで船酔い状態です。皆様はしっかり召し上がっていますか。

昔、1度だけ夏バテした事があります。何も受け付けなくなりふらふらだと聞き付けた姉が、「何か作って食べさせてあげるからいらっしゃい。」と電話をかけてきてくれました。

私は、「ありがとう。でもいいよ、涼しくなったら自然に治るから。」と。

姉は、「そんなこと言わないで来なさい。環境が変われば食べられるから。」
飲み物とサプリメントだけの数日で身体は弱っているし、ガレージの匂いや車にエンジンを掛ける間の暑ささえ耐えられない気がして本当に行きたくなかったのに。

「いいから来なさい!」

テーブルいっぱいに生肉が並んでいました。焼肉みたいでした。姉はカウンターでお料理の最中でした。既に焼肉用の大量のお野菜と魚介が並べてあり、フルーツもカットしてありました。コンロでは大きなお鍋がグツグツ煮えていました。鶏肉と生姜とネギの匂いがしました。

ヒョエ〜。笑

折角姉が私の為に腕を振るってくれたお料理の数々でしたが、私はサラダしか食べられませんでした。

サラダも辛いくらいでした。

「ね?お姉ちゃん・・・。」

「なに?」

「キューリ噛んでも汗が出る。」

「いい加減にしなさい。」笑

会いたくなった。。