銀座のトリル 03-3572-8228

銀トリ日記

銀座のトリル > 銀トリ日記 (Page 35)
wpid-20150717082910
私・娘・店内にて

新年明けましておめでとうございます。

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

大晦日に久し振りに紅白歌合戦を観ました。

終わる頃には照明のせいで目がシバシバしてきました。笑

ゆく年くる年を少し見てバルコニーに出てみたら、東京湾に停泊中の船舶が一斉に年明けを伝える汽笛を鳴らし始めました。ディズニーランドでは花火が打ち上げられましたー。真冬の澄みきった大空に響き渡る深い音色と色鮮やかに咲く大輪の花、その美しさにつくづく日本に生まれて良かったと感動しました。

我が家の三が日は毎年、親族や親しい方が集まってとても賑やかです。

皆んなが帰ったあとは決まって、年末に大量に借りた映画を見続けるという、不健康な行為を私は何年も続けています。

最近は娘と半分ずつ選んでレンタルしているのですが、娘が選ぶ映画のしょ〜もなさときたら。。出演者は殆ど動きません。

最低です。笑

折角だからと私は最後まで観るのに、借りた本人はつまらなくて隣で爆睡しています。娘の寝顔を見ながら、こいつは何を考えてこれを選んだのかと。

わからない。。笑

「ね?ちゃんとあらすじを読んでからレンタルしてる?面白そうだと思って借りてるのよね?」

「ん?パッケージ見て勘。」

ガーン。。。。

wpid-20150716080958
マスター・娘・茅ヶ崎にて

いよいよ2013年の締めくくりの日になりました。お正月の準備はもうお済みでしょうか。今年はお天気に恵まれた良い年末でした。皆様お変わりございませんか。

毎年お店の年内営業が終わると私は翌日ホームセンターに出掛け、大量に洗剤を買い込んで来て大掃除を始めていました。次から次にやって起きたい場所が増えていき腰は痛いし指はガサガサになるし大晦日にはグッタリで、最後の力を振り絞って玄関にお飾りを飾っていました。然も時間をかけ頑張った割には納得出来る仕上がりにならずガッカリという事も度々。

今年もまたあれをやるのかと気が重くなっていたら、「ママ、1度お部屋のクリーニングをお願いしてみれば?広告が入ってたよ。」と娘が言いだしました。その言葉に救われたような気持ちになり、今年はキッチンやバスルームなど手間のかかる場所は全てプロにお任せしてみました。

昔は高額でしたが今は私のような庶民にも手の届く良心的なお値段設定なんですね。しかも仕上がりは流石プロ、短時間でみるみるピカピカにしてくれました。
何より私の心に余裕が出来て、丁寧に新年のお料理作りが出来ました。

老いてはたまに子に従え。笑

最近娘がママ、こうしてみれば?とアドバイスをくれる事が増えてきました。年と共に段々視野が狭くなり挑戦を恐れがちな私は、娘の発想に随分助けられています。

来年もマスターと娘の力を借りながら、皆様に精一杯のおもてなしを提供したいと考えています。

新しい年も変わらぬお付き合いを下さいますよう、どうぞよろしくお願い致します。

本年も大変お世話になりました。

ありがとうございました。

皆様がお健やかに新しい年をお迎えになれますように心からお祈りしています。

私・店内にて

まだまだあると思っていたのにクリスマスが終わると年末までは猛スピードですね。

皆様どうぞお怪我などなさいませんよう、お気をつけてお過ごし下さいませ。

昨日はスタッフ全員で店内の大掃除をしました。

私は神経質で物にはそれぞれ定位置を決めていて、動かした後は必ずそこに戻さなければ落ち着かなくて眠れなかったりします。いい加減そうに見えるかもしれませんが、自宅でも暇さえあれば洗剤と消毒液を持って掃除をしています。

マスターにトリルに来てもらう事が決まった時、私が先ずお願いしたのは、『清潔にして下さい』でした。

それ以来マスターはちゃんと守ってくれていますが、知らず知らずのうちに物は増えていきます。

私は不要品をゴミ袋にポイポイ入れていきました。

私の母は年末に必ず処分していた物があります。家族の下着とパジャマです。倹約家の母があっさり捨てるのでどうしてかと聞くと、「見えるところばかり綺麗にしてもダメよ。それに新しい年を迎えるのだから人間も何か新しい物を身につけないとね。唯一の贅沢。」だと。

おお〜。笑

誇れるところの少ない母ですが、私はそこだけは見習いたいと思って育ちました。新年を新しい下着とパジャマを身に付けて迎える私達は世界で1番オシャレ家族かもしれないと思っていました。いい時代でした。

年末は忙しく中々会えなかった両親に、今朝会いに行って来ました。

玄関に出てきた母は2年前に私がプレゼントしたパジャマ姿でした。

はぁ〜?笑

私・店内にて

風が冷たいですね。

ボンヤリ歩いている私を乾いた葉っぱが勢い良く追い抜いて行きました。

皆様、いかがお過ごしですか。

先日、お客様が出身高校の同窓会をトリルで開いて下さいました。

私は同窓会はずっと不参加なので、その空気感を味わったことがありません。

同級生って会えない期間がどんなに長くても、一瞬であの頃に戻れるんですね。

当時の愛称で呼び合って昔話に花が咲き、いつの間にか店内に方言が飛び交っていました。

見ている私まで嬉しくなり、幼馴染のことをふと思い出したりしました。

負けず嫌いだったアッちゃん、 すっかりオバさんになってるだろうなぁ。笑

数年前に友人が同窓会の集合写真を持って来てくれた事がありました。

「面白かったよ、同窓会。」

「面白いって何が?」

「それがね、皆んな若作りして来るの。若いわねぇ、あなた昔とちっとも変わらないわねって。」

「褒め合うわけね。」

「若いわね〜若いわね〜ってね。」

「それでそれで?」

「幹事さんが記念撮影しますよって。写してさ、後日送られてきた記念写真がこれなんだけどね。」

老けてる。笑

店内にて

皆様、お元気でお過ごしですか?

いよいよ年末に突入ですね。

気忙しく落ち着かない時期を迎えますが、どうぞお怪我などなさいませんようお気をつけて下さいませ。

先日スタッフ全員でクリスマスの飾り付けをしました。いつもは暗い店内が年に1度の華やかな装いになりました。皆さんはクリスマスといえば?私は、

苺の乗った丸いケーキ。笑

この歳になっても私は白いケーキのあるクリスマスが大好きです。

事業をしていだ両親は年末は特に忙しく私達姉妹は完全に放置されていました。そんな両親でしたがクリスマスイブだけは姉と私の為に時間を作ってくれました。

普段は祖母の作る和食中心の食事が、その夜だけは母が作る豪華な洋食になりました。何より嬉しかったのは母が注文したケーキの大きな箱、それがカップボードの上に置いてあって、私は何度も確認に行きました。
ケーキを何故カップボードの上に置いていたかというと、私がケーキの箱を開けてクリームを舐める恐れがあったからだそうです。

ひど。笑

ある年のクリスマスイブ、カップボードの上に憧れのケーキを見つけた私は、早く見たくて椅子をカップボードの前に持って行きその上に乗って思い切り箱に手を伸ばしました。

指先が触れた瞬間、ケーキの箱が床に真っ逆さまに落ちてしまいました。

私は泣きそうになりながらそっと元の位置に戻しました。

どうして犯人が私だって皆んなにばれたのか、どうして姉の仕業だって誰も疑わなかったんでしょうか。

夜になって箱を開けた瞬間の家族の私を見る目の冷たさときたら。

ちっちゃい人間達。笑

だから私はイブのケーキが好き。

大きな箱に入った白くて丸いケーキが好き。

クリスマスは苺の乗ったケーキじゃなきゃ。