銀座のトリル 03-3572-8228

銀トリ日記

銀座のトリル > 銀トリ日記 (Page 30)
私・店内にて

この時期から8月下旬まで水瓶座流星群がピークなのだそうです。寝苦しさにもしも目が覚めてしまったら、外に出て空を見上げてみるのもいいかもしれません。皆様、お変わりございませんか。

以前は出勤前に新聞を買いお店でニュースを読んでから接客していました。そんな時代もありました。

最近はネットで最新情報を知ることが出来て、本当に便利な世の中になったものだと喜んでいます。

ニュースを読むといっても私はジャンルは問わずトップ記事から軽く目を通すだけ、最後はワンちゃん動画を見て癒されて終わりです。

私はとても怖がりなので閲覧注意と記載された動画は一切見ません。

子供の頃オカルト映画を観たらその後2週間ほど1人でいられなくなり、姉にくっつき回ってウザがられた経験があります。背後が怖いので姉に擦り付けて移動していました。笑

作り物のオカルト映画でもそうなのですから、リアル映像なんてとても怖くて見られません。

ところが先日、ワンちゃんの癒し系動画を次から次に見ていたら、気付かずに閲覧注意の恐ろしい動画を見てしまいました。

直ぐにストップしたものの酷い映像が目に焼きついて、眠れなくなってしまいました。おトイレに勇気を出して走って行っています。やっぱり背後が怖くて、ずっと後ろを見ながら帰ってきています。

リュックでも背負おうかしら。笑

20150727-155043
自宅にて

今の日本は豊かで、皆さん様々な趣味をお持ちです。色々あるけど日本は幸せな国です。

皆様、お元気ですか。

先日テレビで私と同じ年代の女性が、ガチャガチャのコレクションを紹介していました。その数の多さに驚きました。私にはあんな物を集めて何が嬉しいのかサッパリ理解出来ませんが、ご本人はとても満足そうでした。趣味ってそういうものですね。

私がいつもお願いしているネイリストの女性は、お休みの日に1人でお酒を飲んで酔っぱらって1人カラオケに行くのが趣味だと言っていました。5.6時間、声が出なくなるまで熱唱するのだそうです。

わからない。笑

とてもお綺麗な女性なので、「彼を作ってお出かけしたら?」と提案したら、「彼はいらないです。1人の方がよっぽど気楽で良いですよ。」って。

私のお友達ホステスはホスト通いが趣味でした。笑

お気に入りのホストに会うために、お仕事が終わると速攻で新宿に飛んで行きました。私だって癒されたいと言うので笑ったら、「ママも一緒に行こうよ。癒されるよ〜、行こうよ。」ってしつこく誘うので1度行ってみたのですが。

皆んな鶏みたいな同じヘアースタイルで自分を鏡に映して自己陶酔している姿を見て、気持ち悪くなりました。

これを趣味というのかわかりませんが、私は色とりどりのインポートランジェリーを集めています。

娘に、「ママ、この派手なの何とかしてよ。恥ずかしい、私。」と言われています。

娘に、「 趣味ってな〜に?」って聞いたら嬉しそうな顔で、

お腹いっぱい食べること。

美味しいものをって付けなさい。

私・娘・店内にて

先日、銀座2丁目の美容室に行ってきました。私には行き着けの美容室が3箇所あります。

和服の時の美容室とカラーリングの美容室、天才美容師のいるお店の3軒です。

天才美容師は娘が見つけました。

どんな世界にも天才と呼ばれる人がいるものですが、日本の天才美容師は彼女だと私と娘は確信してきます。

天才の手に掛かりたい人がワンサカいて、予約は早くて1か月先しか取れません。

先日天才から、「ママ。実はどうしてもって言って下さる方にだけお知らせしているのですが、知人のそのまた知人にお願いしてお店を間借りしてそちらでもやっているので、よろしかったら。」と教えてもらい、今回は間借り美容室に行く事にしました。

お店の前で天才が待っていてくれました。
エレベーターの中でも天才は、「いつものお店とはちょっと違うんですよ。 何か気になったら何でも言って下さいね。ママは静かな方がお好きでしたよね。 今日ご予約のお客様はママだけですから。」

何か変だなと思いながらお店に入ったら、オジさんが欽ちゃん走りでやってきて、「あっら〜、こちらが例のママなのね〜ん。ようこそ、こそこそ〜。」

は?

店内にはテレビが3台取り付けられていて、誰も見ていないのに大音量でワイドショーが流れていました。
「すみません。テレビを消して頂けませんか?」と欽ちゃん走りにお願いしたら、「ダメなの、消せないのよ〜ん。でも音は小さく出来るわよん。うちって耳の遠い婆さんしか来ないからぁ〜。」って。

消せないテレビって初めてだわ。

天才は間借りはダメですよん。笑

20150722-104318
自宅にて

関東も梅雨明けです。

日中は連日ゲキ暑、深夜になっても気温が下がらず寝苦しい夜が続いています。熱中症対策は充分な水分摂取と睡眠だそうです。皆様、どうぞお気をつけて下さいませ。

朝8時に眠りについて気持ち良く楽しい夢を見ていたら、キッチンからバターの香りがしてきて目が覚めてしまいました。

娘が何やらゴソゴソやっているようです。いつもの私ならそのまま眠るのですが、滅多にお料理しない娘がバターを使っているとなるとゆっくり眠ってなどいられません。

ふらつきながら行ってみると、カウンターに物が散乱していました。

娘が何かを丸めています。

私は片付けしながらお料理するのがプロのお仕事よと言いたい気持ちをグッと堪えて、「何やってるの?」笑

「 パン作ってる。メロンパン。」

「メロンパン?材料買ってきたの?」
「 うん、さっき買ってきたぁ。」

「メロンパンって難しいと思うよ。」

「うん、ネットで調べたぁ。」

丸めていたのはパン生地でした。

物が散乱したカウンターに小さなメモ用紙があり、娘の文字で小さく材料や作り方が書いてありました。

「ママ、その台の上にこの粉を敷いて。」

娘が顎で粉の場所を教えてきました。

私は言われたように粉を敷かながら、これは一刻も早く逃げないと手伝わされると思いました。でも娘の丸めてる姿が滑稽で面白くて暫く見ている事にしました。

「 ね?それパン生地だよね?」

「そだよ、でもなんか変。」

「なんかネチャネチャじゃない?」

「そうなんだよ、パンってこんなだっけ?」「 違うと思うよ。それじゃ固まらないよ。 」「そう?じゃもうちょっとバター足してみようかな。」

「へ?」

「パンになるのか〜?これ。」

ならないと思う。笑

寝室に戻って少し眠り起きたら、それはもう仕上がっていました。

紙袋に小分けしてあり、それぞれの袋にお客様のお名前が書いてありました。

「何個出来た?」

「8個。」

「8個?たったの?」

「たったって、パン屋じゃないんだから。」「お客様にあげるのね。」

「うん。お婆ちゃんにもね。」

そうだったのね。婆ちゃん喜ぶよ。きっと。

私・娘・店内にて

お洗濯物を干そうとバルコニーに出たら凄い陽射し、一瞬でくらっとなってしまいました。

沖縄は梅雨明けしたそうです。週の初めは体温並みの気温になるとか。皆様、体調管理には充分にお気をつけて下さいませ。

先日、お店に神戸出身のお客様がいらして下さいました。

私は青春時代の数年間を神戸で過ごした経験があり、その方の神戸訛りを聞くと当時を思い出して嬉しくなってしまいました。

幼稚園から高校まで私はずっと自宅から学校に通っていて、ある時期から両親に行動を監視されていると感じるようになりました。

両親はそんなつもりはなかったと思いますが。

丁度その頃、同い年の従姉妹が京都の美大に進学が決まり、1人暮らしを始めると知りました、

私はそれだ!と思いました。笑

勇気を振り絞り父に、「関西の大学に進学したいのだけど 」そう打ち明けたのは高校3年の秋の終わりでした。

おそ。笑

父は驚いて黙ってしまいました。

父の顔が赤くなってきたので、私は今日が自分の命日なんだと思いました。

その後、両親がどんな話をしたのかは知りませんが大学を出たら必ず戻る事を条件に、私は生まれて初めて両親の目から離れる事になったのです。

神戸はとても落ち着いた街でした。

入学式当日に声を掛けてくれた友人とは卒業までずっと一緒でした。

家に遊びにおいでと誘ってもらう度に、許可を得る事なく遊びに行ける幸せを噛み締めました。私にとって神戸での数年間は夢の様な時間でした。

卒業後、私は両親との約束を守り自宅に戻り、それから1度も神戸には行っていません。

ところが神戸出身のお客様に出会ってからというもの、忘れていた思い出が蘇ってきて私は神戸に行きたくて仕方なくなりました。

東京から神戸まで新幹線だと2時間半です。週末に行こうと思えばいつでも行けます。でもちょっと不安〜。

神戸ってどこの次の駅だっけ?笑