銀座のトリル 03-3572-8228

銀トリ日記

銀座のトリル > 銀トリ日記 (Page 20)
私・娘・店内にて

あけましておめでとうございます

お天気に恵まれた気持ちの良いお正月になりました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

我が家は普段の倍以上の人数が集まり、賑やかなお正月を迎えました。履いたり拭いたり飾ったり、洗ったり切ったり茹でたりと年末から頑張ってきましたが、もうそろそろ限界です。笑

元旦と昨夜2日続けて母とお風呂に入りました。

母の背中を洗っていたら突然、「すみません。お世話になります。」と言って母が頭を深々と下げました。もしかしたら母は私を忘れてしまったのかと心臓がバクバクしてきて、「ね、私が誰かわかってるの?私は誰??」

母はゲラゲラ笑って振り返り、「わかってます、あなたは私の娘!親しき仲にも礼儀あり!!」

そうですよ。

そうだけど脅かさないで。

元旦に全裸で心臓麻痺は恥ずかしいわ。それにもっと頑張りたい。

もう少し働きたいから。

皆様、今年もどうぞよろしくお願い致します。

自宅にて

今年も残すところ1週間になりました。

皆様、お忙しい毎日をお過ごしの事と思います。呉々もお疲れを出されませんよう、どうぞお気をつけてお過ごし下さいませ。

ここ数年毎年クリスマスイブには娘とデコレーションケーキを1つずつ作るようになりました。今年も我が家は娘のチョコレートケーキ、私の白いケーキ、プロのケーキと合わせて3つの賑やかなテーブルになりました。

娘は飾りのチョコを溶かして薄く伸ばしくるくるロールさせたいみたいでした。プロのパティシエでも難易度が高い技術です。何度やってもうまくいかない様で、溶かしたり冷やし忙しそうでした。右手にスプーン、左手ナイフ。右手にナイフで左手スプーン。左手ナイフで右は指みたいな。笑

「ザクザクしたチョコって美味しいよね。」と言うと、「そうだよね〜。そうなんだよね〜。でももう平らでいいか〜。」って。

諦めましたね?

悪戦苦闘中の娘を見ていたら、娘が小さかった頃のクリスマスイブを思い出しました。

「早く寝ないとサンタさんが来てくれないよ。」

あの夜の私を見上げた娘のキラキラした目。

あの日に戻って眠った娘の枕元にそっとプレゼントを置いてみたい。

店内にて

2つ前のブログで店名を日本語に改名したことをお知らせしました。

ちょこっと変えるだけと思っていたのに、それに伴う変更作業のまぁ〜大変なこと。不動産屋さんへの変更届に始まり、ホームページに看板に印鑑にお名刺と痩せてしまったかもしれません。笑

「店名も変わったことだし7年経ってお店も傷んできたしさ、丁度良いから少し綺麗にしたいわね。しない?」って言ったんですよ、

マスターに。笑

翌日からマスターは連日ホームセンター通い。私の前を工具持って右に行ったり左に行ったり上に行ったり下に行ったり。

あ、下は行かなかったわ。

可哀想に食欲もないみたいで痩せちゃったかなぁ?少し。

丁度良いって何のこと?したいわねって俺を誘うなよって言いたいよね。文句一つ言わないでやってくれてるけど、本当はいいたいよね。

怖い。笑

マスターにはお礼に何か新しい工具を送っておきます。

あ、それとも何ならお友達になってあげても良いよ?

私、探してるところなの。

丁度良くない?

私・店内にて

ショップにクリスマスツリーが飾られてきらきら輝いています。今年も残り僅かになりました。皆様、呉々も体調を崩されませんよう温かくしてお過ごし下さいませ。

夜のお仕事で心を許せるお友達を作る事は、とても難しい事です。長くなるので説明は避けます。笑

それでも私にはたった数名ですが友人が出来ました。お店を変わると中々会うことは難しくなりますが、携帯があるから安心していました。

でもある日、友人の電話番号が消えている事にに気づきました。そのうち向こうから何か言ってくるだろうと思っていましたが、待っても待っても彼女からの連絡はありませんでした。

「何でも話せる友達はもあしかいないから。」っていつも言ってくれてたのに、突然連絡が取れなくなるなんて悲し過ぎます。

先日美容室に行った時に、担当の男性にその話をしました。「お友達になってくれそうな人いないかな?いたら紹介して欲しいのだけど。」「え、ママのですか?」

「 そ!いない?」

「 僕の知り合いは男ばっかですよ。」

「いいのよ、男性で。お友達だもん。いない?」

「暇な奴がいるにはいますけど・・・」

「そなの?じゃ紹介して!」

「でもなぁ、奴はちょっとなぁ。」

「ちょっと何なの?」

「 めちゃめちゃ貧乏なんですよ。」

「あ!それにそいつ、凄い女好きで酔うと見境いなくなるんですよ。」

いらん!笑

私・娘・店内にて

皆様、お元気ですか。

いつもホームページを訪ねて下さりありがとうございます。既にお気付きの方も多いと思いますがトリルは店名を、『 銀座のトリル 』に変更致しました。

それに伴いホームページもリニューアル致しました。

銀座のトリルは来週末8年目を迎えます。私にとって7年という時間はとても長く大きな石ころだらけで、何度も足を取られ転びそうになりながら何とかここまで歩いてきました。

でも思い返すと転美かけた時に私の後ろにはいつも誰かがいてくれました。強い手で傾きかけた私をしっかり支え、次の一歩を踏み出す力を分けてくれました。

私がここまで歩いて来られたのは見守って下さっていた皆様のお陰です。

改めて心から感謝を申し上げます。

ありがとうございました。

それで〜。

立ち止まってちょこっと先を見たらあるのよ、大きな岩が。

ちゃんと後ろにいてくれてるよね。

しっかりね、お願い。笑