銀座のトリル 03-3572-8228

銀トリ日記

銀座のトリル > 銀トリ日記 (Page 6)

低気圧とか寒気とか暴風だの猛吹雪だの、ウェザーニュースは真冬一色になり、ショップはクリスマスのデコレーション。年々、1年が短くなっていく気がするのは私だけでしょうか。年末の大掃除が半年前の事のようです。皆様、お変わりございませんか。

夜中に帰宅してまず先に私が向かうのはマンション1階のコンビニです。買うものはいつも同じでノンシュガーのコーヒーとサラダとタバコを1つ。路面店ではないので買い物客は住民ですが深夜でも皆さんそれなりの服装をしていて、私はいつも凄いなと感じていました。ところが今朝、いかにもパジャマのおじいさんに出会いました。白地に青のストライプのパジャマに茶色のボアベストで、昭和初期にタイムスリップしたかと立ち止まってしまいました。

3丁目の夕日か!

おじいさんはレジ前の栄養ドリンクコーナーにいました。お仕事終わりのぼんやりした頭で私がいつものコーヒーを手に取った時、おじいさんがくしゃみをしました。それが爆弾みたいな大きな声で、びっくりして私は舌を噛みちぎりそうになりました。ブヒみたいな中途半端なくしゃみで、鼻が全然スッキリしない系くしゃみでした。今まで色んな個性溢れるくしゃみを聞いてきたけれど、あんな迷惑なくしゃみは初めてでした。ハクションって言わないの。ブヒなんだけど物凄い破壊力で、更にその後で何か言うのよ。

グァ〜っ!!的な。

なんじゃそれ?ってなりながらサラダをカゴに入れてたら、またおじいさんの爆弾くしゃみ。

ブヒ、ぐあ〜っ!!!くっそ〜っ!!!

何パターンあるねん。笑

はよドリンク選んでさっさと帰って着替えて寝なはれ。あ、もう着替えてるね。ブヒブヒ。爆

ってか、絶対にこの人とは暮らせないわ。心臓麻痺で死ぬ。

また台風が各地に大きな災害をもたらして去って行きました。福島には夏休みにお邪魔しました。千葉は週末ドライブに度々行く私にとって身近な場所、とても残念で心が痛いです。雨はもう懲りました。皆様、お元気でしょうか。

12月に銀座のトリルは開店10周年を迎えます。そこで少し店内のインテリアを変えてみました。オープン前、私の頭の中にはこんな雰囲気のお店にしたいという理想がありました。でも賃貸物件には厳しい制約があり、資金にも限度がありました。銀座のトリルは大きな傘の下で胡座をかいていた雇われママの私がたった1人で漕ぎ出した泥船で、例え資金に余裕があったとしても投入する度胸など当時の私にはありませんでした。私の理想はあっさり跡形もなく消え去りました。

あの時から・・・もう9年です。

先日、私は1人で開店前のソファに座り、黙って店内を見渡していました。そしてある事に気づきました。トリルはまるで私の自宅と姉妹のようだと。

そう思ったらふと、夜の銀座に勤め始めた頃のことを思い出しました。お店にあるものは全て高価な品物で、新人の私はお客様がグラスを持つ度に落とさないかと冷や冷やしていました。そんな私の様子を見ていたある年配のお客様が私にこっそり、「こういうお店はね、高級じゃないとダメなんだよ。銀座は高級、ここのママも高級だから。」

当時の私にはその言葉の意味が全く理解できませんでした。こういうお店という意味も高級の意味も。銀座が長くなればなるほど益々わからなくなりました。高級って何ですか?ただ私は値段じゃなく私の好きな物を、沢山の方に私もそれが好きだと言ってほしい。「 家に帰ってきたみたいだ。」とか、「ここは 落ち着くね。」とか、「 ここで飲んでると眠くなるよ。」とか言って下さるととっても嬉しい。同じ場所で同じ時間を一緒に過ごせる事が嬉しい、ただそれだけ。

皆様の応援を支えに今後も地道に頑張ります。マスターと娘の力を借りながら。

いつかこんな私にもこれが高級って事なんだと、わかる日が来るかもしれない。

台風19号は信州に余りにも鋭い爪痕を残して去っていきました。被害に遭われた方々のご苦労を思うと心が痛みます。追い討ちをかけるように今週末も大雨の予報、どうかこれ以上被害がありませんようにと心から願っています。

実はそんな中、私達母娘は長野県に2泊の予定で遊びに来ていました。初日は安曇野、2日目は斑尾泊の予定でした。19号は土曜に関東上陸との前情報を信じ、「 早朝に都内を抜けて信州に逃げちゃえば大丈夫。」なんて言って、バルコニーのテーブルや椅子を飛ばされない様にロープで固定して出発。

到着時、安曇野は傘も必要ないくらいの小雨でした。それがまさか数時間後に千曲川があんな事になるなんて・・・

安曇野アートミュージアムで作品を鑑賞し、りんごのソフトクリームを食べてティールーム『ガルニ』に移動。ママとのお喋りと美味しいランチを楽しんでいたところ段々雨が激しくなってきたので、早目にホテルにチェックインしました。それから都内はどうなったかと気になってテレビをつけてから・・・ずっとずっと災害情報に釘付けでした。土砂降りの雨の中を鳴り続けるサイレンと繰り返される防災無線の声は経験したことのない異様さで、ホテルは山の斜面に建っていて直ぐ逃げ出せる様にと娘とピタッとくっついて眠れない不安な一夜を過ごしました。

早朝に斑尾のホテルから停電で営業できない為キャンセルして欲しいとの連絡が入りました。そんな事も初めてでした。調べたところ道はどこもかしこも通行止で慌てて帰宅は止めようと判断、急遽八ヶ岳に宿を取りました。安曇野のホテルを出て車内から見る景色は前日の美しさと一変していて、自然災害の恐ろしさを目の当たりにして愕然としました。

八ヶ岳に19号の被害はなく嘘みたいに平和で、逃げて来た私達を安心させてくれました。その夜のよく眠れたこと。。。爆睡!

普段の倍以上の時間を掛けて帰宅し自宅のバルコニーに出てみたら、小さな枯葉が1枚ひらり。

見事に台風の目に向かって行ったって事ですね。笑

これからは予報は予報ですからとか、自信ないけど今回はこうなんじゃないかなぁ〜って前置きしたらどうかな?気象庁。

私・店内にて

ニュースで台風15号による被害が報道されています。それによりご不便な生活を送っておられる方々も多いとか。どうか1日も早く復旧され皆様に普段通りの生活が戻りますようにとお祈り致します。

非常に危険な台風だと知り、私が1番に思ったのはお店の事でした。お店のあるビルは道路より数十センチ高く建設されてはいるものの、店舗は地下にあります。降水量によっては、あっという間に浸水してしまいます。もしもお店がそんな事になったらと私はドキドキが止まらなくなり、頭の中は汚水に浸かったグランドピアノやボトルでいっぱいになってしまいました。想像しただけで涙が出そうになりました。

そうなった場合、きっと大切にしてきた物は全部処分することになるでしょう。お客様が開けて下さった黒いドアーも椅子もテーブルも絵画も・・・もしかしたらその後、私に再開する元気は残っていないかもしれません。私に残るのはお客様やスタッフとの1つ1つの思い出だけ。「 このお店はなんだか我が家に帰ってきた気がする。」と通って来て下さったお客様方のお顔が次から次に浮かんできて悲しくなりました。ごめんなさい、私・・・今まで良い人間じゃなくて。可愛くないことばっかり言っていて。本当はいらして下さって嬉しくて仕方ないくせに、そうでもないフリをしていた様な気がします。皆さんへの感謝の言葉が足りませんでした。

本当にごめんなさい。

だけど、でも人間って中々変われるものじゃないんだわぁ〜。気持ちを入れ替えて良い人間になるのって大変。こんな時はちょこっと反省するのだけどね、あっという間にそんな気持ちがどこかに消えちゃって。「そんな生意気言うなら正座させるよ!」なんて言っちゃったりなんかして。。

本当にごめんなさぁ〜い。

まじで浸水しちゃって、まじで営業再開出来なかったら、その時は本当に深く反省すると思うからぁ。だから許して〜、ころっと元に戻っちゃうんだわ。ころっと戻って、「 なんでそんな風にしか言えないの?性格悪いよねぇ。幼稚園児みたいだわ、子供だよね!」なんて言っちゃうのぅ〜。ほんと、

ごめんなさぁ〜いねぇ。

土嚢って効果あるのかな?幾らするんだろ?!調べておこっと。笑

私・店内にて

台風15号が真っ直ぐ関東に向かってきています。夕方から明朝にかけてかなりの暴風雨になるそうで、晴れているうちに危険な物を片付けておくようにとの事。お隣のチャペルでは本日3組目の挙式の真っ只中、綺麗なブルースカイ、本当に台風なんて来るのかしら?と半信半疑ですが、取り敢えずバルコニーのテーブルと椅子を紐でしっかり固定しました。今夜行くはずだった日帰りスパは残念だけどキャンセルしました。

皆様もどうぞお気をつけて。

先日娘が、「 ママが歳を取ったらこんな感じ。」とアプリを使って私の未来の姿を見せてきました。見たくないのに見せてきました。私はえっ?!てなって絶句してしまいました。笑いながら娘は更に、「ママ、でもこれは良い方だからね。綺麗に歳を取るとこんな感じでもっと悪くなる場合が殆どだから。」と追い打ちをかけてきて、私は益々不愉快になりました。

やってみてって頼んでません。笑

その後も娘は面白がって、お客様やマスターの未来の姿もやって。それが・・・

めっちゃ笑える。楽しいたのしい。

特にマスターのお爺さんバージョンは最高に面白くて、「 いるいるぅ。こんなお爺さん、いるよねぇ〜。ひょぇ〜!マスターって本当こうなりそうだよねぇ〜。。」なんて皆んなで大爆笑してたらマスターがめちゃくちゃ不機嫌になって、「こうなる前に死にたいです。生きていたくないですっ!!」って怒っちゃって。笑

「いゃ、でも皆んな歳取るんだし仕方ないよね。これはただのアプリで遊びなんだしさ。こうなるとは限らないわよ。」って慰めたけど、マスターは落ち込んで遥か地球の裏側まで行ってしまいました。

も〜。

だけどマスターの気持ちはよくわかる。ホント、あのアプリはこの歳の人間にはきつ過ぎる。私なんて翌日も気持ちを引っ張っていて、母の顔ばっかり見ちゃったもんね。どこに皺があるか、目がどうなってるか、瞼はどうかとか穴が開くほど見ちゃったもの。母には私の為にいつまでも若々しくいてもらわないと。どうせなら可愛いお婆ちゃんになりたいものです。

頑張れ〜!お母さん。