銀座のトリル 03-3572-8228

銀トリ日記

銀座のトリル > 銀トリ日記 (Page 18)
私・娘・店内にて

いつもならマスターがいてくれる。

グラスもお皿も、店内の片付けは全てマスターがやってくれる。

お店が終わると私と娘は順番に私服に着替えて、「じゃね、マスター。私たち先に帰るわね。お疲れ様〜。」って言ってマスターを置いてさっさと先に帰っちゃったりする。

それなのに昨夜からマスターがいない。

マスターがお店にいないと娘は不安になってグズグズ言ってくる。前にマスターのお父様が亡くなって数日不在だった時なんか、「ママと2人なんて最悪。不安でしかない!」って泣きそうな顔で訴えてきた。

面と向かって言う?笑

黙っているけどママだってマスターがいないと仕事が増える。いつだって出勤した時にはマスターがちゃんと準備してくれていて、ママはドレスに着替えたらいいだけなんだから。マスターが何をどう準備しているのかなんて、全然知らないんだから。ね?!

娘は不安を打ち消す為に大声でロックとかマライアとかを歌ってた。

私は、〝お願いです。どうか今だけは変な人が入って来ませんように”と祈り続けた。

来るならマスターいる時にして頂戴。

私・娘・店内にて

お天気予報通り、やっぱり降りましたね。。

皆様、お怪我なくお帰りになられたでしょうか。朝は凍結して滑りやすくなっていると思います。どうぞお気をつけて下さいませ。

つい自分に甘くなりがちな私は、年末に考えた抱負をいつも心に生活するようになりました。若い頃は高い目標を掲げそれに向かって必死に頑張っていましたが、頑張っても頑張っても達成しなくなってから少しだけ努力すれば叶う抱負に変えました。笑

年末に考えた抱負は毎年お仕事初めの夜に、新しいノートの1ページ目に書くことにしています。

先日、昔のノートを読み返して高い目標に驚きました。頑張っていたのだわ、あの頃は。

低い目標に変えてからも、初めの頃は今とは比べ物にならないレベルの高さ。

読んだだけで倒れる。笑

10個ほどの当初の抱負は年々減っていき、数年前からは1個だけ。

当時、自分に課した高い金銭的なノルマも、今ではゼロ1つありません。

笑顔とか仲良くとか・・・

幼稚園か。笑

私・娘・神田にて

ラインで話しかけてみました。新宿3丁目のお店のママだった友人に。

当時私は明治通り沿いに住んでいて、お休みの夜はよくママに会いに出掛けたものでした。大人は皆んな頑張っていることを知らせたくて、当時まだ大学生だった娘を連れてお邪魔したこともあります。

私が素で居られる唯一の場所でした。

優しい優しいママでした。

突然お店を閉めると連絡をもらった時はショックで目の前が真っ暗になりました。

「この世界以外で生きていけるの?知らないでしょう?外の世界なんて。」と思い留まらせたい私に、「何とかなるわよ。」とママ。

暫くして建設作業員として毎日汗水流して働いていると知りました。

驚く私にママは、「幸せよ〜。周りは皆んな男性。天国よ〜。」

笑えないよ。

「この時期に続けているなんてあなたは凄いよ。お互いに適当に頑張ろうね。頑張ってれば良いことあるから。忘れずにいてくれてありがとう。」って。

それは私が言いたかった言葉です。

いつも先に言うのね。笑

シュールのママ。

寂しいよ。私、また1人この世界のお友達いなくなっちやった。

私・店内にて

1週間前にクリスマスケーキを食べて2、3日前に除夜の鐘を聞いた気がするのですが、もう1月半ばなんですね。あと1か月したらバレンタインデー。

やめて、速過ぎる〜。笑

テレビは殆ど見ない私ですが好きな番組が1つだけ、『徹子の部屋 』です。笑

時々YouTubeで見ています。

甲高い声でお喋りで昔はちょっと苦手だなと思っていたのですが、何となく番組を見たらチャーミングで発言がストレートで、ゲストが物凄く緊張していているのも面白くてハマっています。

徹子さんが母と同世代で、いつまでも頑張ってほしくて、という思いもあります。

昨日『徹子の部屋』を見た後、母に、「黒柳徹子さんってお母さんと同年代だよね?まだまだ現役で頑張ってるよ。お母さんも頑張らないとね。」って言ったら、

「あの人は私よりちょっと上。」

「あら、そう?でも同年代だよね?」「そうだけど。徹子さんは私よりちょっと上。」って。

そこ、こだわるねぇ。

少しくらい良いじゃないと思うけど絶対に譲りません。笑

お母さんも頑張ろうって言いたかっただけなんだけどなぁ。

もう何も言えなくなりました。

娘・ちぇる・自宅にて

銀座のトリルの冬休みも今日と明日の2日になりました。自分のお店を持ってから10日間もの長いお休みを頂いたのは初めてです。それなのにずっといつも通り。

何をしていたかと聞かれたら、

「普通。」笑

「時間がないから出来ないって言うのは言い訳なんだよ。やろうと思わないといくら時間に余裕があっても出来ないものだよ。」そう年末にお客様が仰ったのですが、私の頭の中には大掃除とお正月のお料理の事しかありませんでした。笑

やりたい事はずっと自宅に篭ること。

いつかは自分の為だけに時間を使う日が来るのかもしれませんが、このお休みは母や娘やちぇるの傍にずっといたかった。

普段は中途半端にしか出来ていないから、娘として母としての私をちゃんとやりたかった。

私が笑うと母も娘も笑っていました。その笑う顔がもっと見たくて私はもっと笑いました。それが今の私のやりたいこと。お陰でしっかり、

娘の風邪がうつりました。