銀座のトリル 03-3572-8228

銀トリ日記

銀座のトリル > 銀トリ日記 (Page 9)
私・新宿にて

暑い日が続きました。皆様、お変わりございませんか?都内は明日からの雨でこの暑さから解放され通常の気温に戻るとの事で、ホッと一息ですね。本当に暑い暑い数日間でした。って暑い暑い、何回言うねん。

そんな猛暑の中、私は汗だくで衣替えを決行致しました。衣替えと言っても私の洋服は全てお部屋に剥き出しの立体状態なので、後ろの夏物を前に出し冬物を後ろにまわすだけなのですけれど。それでもアイテム別や色別に分け直したり、持ち帰った冬物クリーニングのビニールを外し自前のハンガーにかけ直す作業は結構な時間を要します。ハンガーの向きとか間隔とか、とても気になるんですよね〜。

こう見えて意外と私

きっちり屋さん。笑

そんな事より何よりとてもショックな事に気づいてしまいました。整理が終わり姿見の前に立って、去年あんなに似合っていたグレーのシンプルワンピースを合わせてポーズを取ったら・・・

袈裟かよ!爆

えっ!ってなって、次にこれもとっても良く似合ってたベージュのキレイ目ブラウスを合わせナウいポーズを取ってみたら・・・

お坊さん?

あ、一緒だ。笑

そういえば昔、母が、「去年似合ってた服が全部ダメ。薄い色の物を着ると病気みたいに見えるようになったわ。どこが顔でどこから服なのか見分けがつかなくなってきた。」って訳の分からない事を言い出したと思ったら、ある日突然眠気も覚める原色や柄物を着るようになりました。不思議とそれがとっても似合っていて。あの時は頭がおかしくなったかと心配したのですが今の私にはよ〜くわかる。視線を派手な洋服に逸らすっていう。

目眩し作戦。。爆

私もあの頃の母の歳になったって事ですね。仕方ない、こうなったら・・・

国旗柄どうかな。笑

別府にて

前にお仕事で大阪に行くけど一緒にどうですか?と誘ってくれた親戚が今度は、「福岡だけど前日から観光を兼ねて一緒に行きますか?」って誘ってくれて、月曜日のお仕事をマスターにお願いして娘と2人でついて行ってきました。月曜日にいらして下さったお客様・・・そしてマスター・・・

ただいま、sorry。笑

今回は日曜日に大分まで飛び別府からの湯布院、翌日に福岡でした。小さい頃、両親に連れられて別府温泉を訪ねた事がありました。海地獄とか血の池地獄とか大きくてグツグツ煮えていて怖い名前で、当時の私にはとても恐怖でした。でも今回再訪してみると、“ あれ?小ちゃくなっちゃった?”

なわけない。

日曜日の夜って穴場なんですね。湯布院はどのお風呂も貸し切りで、娘とあっちのお湯もこっちのお湯も。お陰で身体中が潤いしっとりツルピカになり出来ることなら全裸でお仕事したいくらいです。翌日は太宰府天満宮と天神と中洲、最後に櫛田神社で祇園山笠を見てきました。もつ鍋や博多ラーメンも頂きました。お陰でお腹がポンポンのパンパンです。あ・・・

全裸はダメだ。爆

あんなに旅行が苦手だった私が帰宅後に寝込むことなく、次はどこにお仕事に行くのかしらかと楽しみに待っているのですから、人って変われば変わるものです。少しずつ旅慣れてきて準備もぱぱばっと早くなってきました。旅には絶対に普段着と履き慣れた靴を持参、も覚えました。

次のお仕事は北の方が良いけど。青森とか秋田に行ってみたい。西は暫く良いかなぁ、ちょっと飽きてきたかも〜。

ぶ。

私・店内にて

季節の移り変わりのなんて速いこと、沖縄は梅雨入りだそうです。来月初旬には関東も梅雨入りだそうで、いよいよ私の1番苦手な季節に突入です。折角綺麗にブローした髪がジメジメ湿度で台無しになってしまうわ、考えただけで気分が悪くなってきました。今から秋が待ち遠しいです。

昨夜お店で待機中にマスターが美味しいコーヒーを入れてくれて、トリルの可愛い娘達3人で雑談をしていた時の事です。何の話からそうなったのか忘れてしまいましたが、娘が、「ママってブログに自分のことは深く書かないよね?」と言ってきました。「ママってさ、私やマスターの事はかなりのことまで書いてるよ。私って性格悪いみたいじゃない?なのに自分の事は棚に上げてるよね。ちゃんと自分の悪い事も書きなさいよ。」って。

私は驚いて、「え?ママも自分の失敗談とか正直に書いてるよ。2人のことだって本当の事しか書いてないでしょ?本当にあった事しかブログには書かないんだから。それにそんなに悪いことは書いてないと思うけど。書いてる?」ってちらっとマスターを見たら黙って大きく頷いた。

書いてるらしい。笑

「あのブログだとママって猫かぶってるよね。マスターと私のことだけじゃなくて、ちゃんと自分の事も書いてよ。」って娘がまた言ってきた。マスターをちらっと見たらまた黙って大きく頷いていて。

そ〜お〜?笑

私は書いてると思うけどなぁって弁解しながら、「でも自分じゃさ、自分は普通だと思ってるからねぇ。わかんないんだよね、自分の事って。自分が良い人だなんて絶対に思ってはいないわよ、でも・・・自分の事ってわかんないから書けないんだわ。それに人のこと書くのは面白い。」

どうやらマスターと娘は、もっと良いことを書いて欲しいらしい。こんなにしっかりしてますよ〜、優しいでしょ〜、色々出来ますよ〜ってところも書いて欲しいみたい。

う〜ん、ないなぁ。。笑

ないよ、悪いけど。

私・娘・那須にて

皆様、いかがお過ごしでしょうか。連休も今日が最終日。静かだったマンションに子供達の声が響き渡り、長いお休みの終わりを告げています。前半の寒くぐずついたお天気が、後半は良いお出掛け日和に変わって良かったですね。

このお仕事を始めてから年末年始や夏休みなど、どんなに長いお休みが続いても、私は自宅にこもってばかりでした。夜型ペースが崩れるとお仕事始めが辛くなることもありますが、静かに1人で自由に過ごしたい思いが人並み以上に強いのかもしれません。それと理由はもう1つ、失礼のないように自分は気を遣うのに他人はそうでもないとブツクサ言って、歳を取ってから究極の出不精になってしまった父に私は段々似てきてしまいました。どうして親子って欠点ほど似るのかな。欠点ばかりが目立つ父に激似の私。

あ〜嫌だ、最悪。笑

でも最近、何とかしてその苦手を克服したいと思うようになりました。明るい陽の下に立つ事が殆どない不健康極まりない私。まだ体の自由がきく今のうちに自分から出掛けようとしなければ、私はきっと痴呆症のコウモリ老婆に真っしぐらです。あ〜恐ろしや。

そこでこの連休は時間の許す限り自動車であちこちチョロチョロ出掛けてきました。初日は渋滞を避け明け方に都内を脱出、那須高原まで。1度帰宅して、房総半島をぐるりと周って茨城に。

また一旦帰宅して三浦半島へ。

丑三つ時を待って都内をぐるぐるぐるぐる。

娘が何度も、「ママ、大丈夫?」って顔を覗き込んできました。「大丈夫よ〜。今回は克服の第1段階だからね。マイカー以外は何にも乗っていないし個室移動だもん、楽ちんよ。家族以外に誰とも喋っていないしね〜。」

あ、象には乗ったゾウ。

私・娘・店内にて

幾つか前のブログに私の話は長くてなかなか終わらない事を書きました。娘なんか私が話し始めた途端に食べ物を持って来て寝転んだりするんですよ。マスターなんかささっとお酒持ってきますからね。

は?って感じですが娘やマスターはまぁ迷惑をかけていたとしても良いんです。でも接客業としてどうなの?と反省して私なりに色々調べてみました。

伝え方には声のトーンや表情など細かい事もあるようですが、話術に長けた方はまず結論を先に言い、後でその理由や経緯について話すのだそうです。

そんな事は私でも前から知っています。これはこうです、理由はこうだからって事ですよね。

あ、同じこと繰り返しちゃった。笑

そんな事は知ってますよ、私だって。

あ、また。笑

それが出来ないから困っているわけです。も〜、そこを説明してくれればいいのに。だらだら何ページも難しく書くから余計にわからなくなるのよ。

長い、説明が!笑

でも私の話、努力の甲斐あって少しだけ短くなりました。

あっという間に終わっちゃうもんね。

質問されても、「そうなの。」か「そうじゃない。」

これって訓練ですからね、何度もそうやってる内にちゃんと短くなってきました。

得意になってやってたら娘が、「え?もう終わり?ママらしくなくてつまんな〜い。」

どっちやねん。

本当は好きなんでしょ?長〜い話。笑