銀座のトリル 03-3572-8228

銀トリ日記

銀座のトリル > 銀トリ日記 (Page 31)
wpid-20150628035650
母・私・自宅にて

母の具合が良くないなと感じたのは、父の病状が悪化して入院した頃でした。交番のお巡りさんから、「迎えにきてあげて下さい。」と連絡がきて急いで駆けつけた時、それは確信に変わりました。

母は数点の食品をかごに入れてレジを通し、また数点選んでレジを通し、最後はレジを通さずにお店の外に出てしまったようでした。

何度も同じ事を繰り返す母を不思議に思った店員さんが母の最後の行動を見届けた後、交番に連絡されたのだそうです。

私の顔を見るなり母はホッとした顔をして、「来てくれた。ごめんね。何が何だか。」

母は何も覚えていませんでした。

私は母に大丈夫よと声を掛けて、そして。

皆さんにご迷惑をお掛けした申し訳なさや、気丈な母が何故という思いやこれからの不安が一気に溢れて、私はハンカチで顔を覆って泣きました。

年配のお巡りさんが、「失礼ですがお母様は痴呆症ですか?私にも同じ様な母がいます。大変ですけど気を楽に。」そうお声を掛けて下さって我に返り、今私が泣いてる場合じゃないと。

良い日悪い日を交互に繰り返しながら、母は気力を振り絞り何とか今を生きています。

母がこんな風になって私は初めて、母の好物がメロンパンだと知りました。

時々、出勤前に食料品や日用品を買って届ける私を母は心待ちにしている様です。

たった10分程の滞在時間でバタバタと出勤していく私を見送る母はとても寂しそうで心が痛くなります。

「ちゃんと食べてね。あと小まめに水分補給ね。」
「はい。すいぶん。」
「補給ね。」
「はい。ほきゅう。」
「水分補給。」
「はい。すいぶんほきゅう。」
「 じゃね。また来るから。」

ここで良いよ、送って来なくて良いからって言うのに、母はエレベーターの前までノコノコついてきて、「お店にお客様来てくれてるの?どうしてそんなに疲れた顔してるの?顔色が悪いよ。青いね〜。お休みの日に行ってあげようか?背中を揉んであげたいわ。揉んであげようか?」

今朝早く母がやって来ました。

「ちょっとここに横になってごらん。約束したからね、背中を揉んであげる。」

「あれ?覚えてたの?」
「覚えてるわよ。親子だもん。」

ごめんね、良い娘じゃなかった。

Made with Repix (//repix.it)
私・店内にて

先週の土曜日の夜はマスター主催のライブでした。

練習不足のマスターの為に、「夕方まで外に出てるからゆっくり練習してね。」と調子の良いことを言って階段を上ったら凄い陽射しで、私は一目散に近くの涼しいカフェに逃げ込んだのでした。外に出たのは僅か5分。笑

最近見つけたそのカフェはいつも空いていて長居が出来て、時間潰しにはもってこいなのです。

私は雑誌を持って席につき、アイスコーヒーを注文してゆっくり寛いでいました。暫くして隣の席に20代後半のカップルが座りました。するといきなり女性が大きな声で、卑怯やわっ!だいちゃんはっ!!

私は驚いてグラスを落っことしそうになりました。

華奢で綺麗な女性が閻魔様の様に立っていました。綺麗な人だけに残念な事になっていました。

私は視線を雑誌に戻し無関心を装いましが、怒鳴られた男性が辺りを気にしているのがわかりました。

お店のスタッフがやってきて、「 ご注文はお決まりですか?」すると閻魔様が、だいちゃん、何か言うたらどうなんっ!

スタッフはビックリしてお水のグラスを床に落っことしてしまいました。笑

閻魔様とだいちゃんは元カレと元カノみたいでした。

だいちゃんが閻魔様を裏切って他の女の子とデートしたようで、その時の写メを閻魔様が見てしまいキレて大ちゃんに別れを告げたようでした。もう別れたのならだいちゃんは閻魔様に、怒鳴られる筋合いはないと思うのだけど。

あの写真は何なん?
浮気したんやろ?
どうして何も言わへんの?
何とか言うたらどうなん?
それって後ろめたいからやんな?
黙ってるってそういう事?
あの子のどこが好きなん?

周りの存在を無視して、閻魔様は大きな声でだいちゃんに詰め寄っていました。するとそれまで沈黙だっただいちゃんが、「 あの子、優しいねん。

あかん。黙れ!大ちゃん。笑

wpid-20150511072337
娘・店内にて

春らしくなってきたと喜んでいたら、ここ最近の深夜の冷え込み。

世界中、異常気象続き。

地球、大丈夫かしら?

昨日は母の日でした。

ネットでプレゼント画像をたくさん目にしました。

昨夜も娘は深夜に帰宅でした。

シャワーを浴びて当たり前のように食事を始めた娘が、「今日は母の日だったね。」と話し始めました。

「そうみたいね。」

「ハンズ行ったらカーネーション売ってたわ。」 ぱくぱく

「ママも見た。造花みたいなのね。」

「そ、あんなのママいらないでしょ?」

「そうね。いらないね。」

「でね、お洋服売り場に行ってみたんだけどさ。」

「そうなの?」

「まぁ〜、ママって派手だねぇ〜。」

「そうかな?」

「そんなブラウス何処にも売ってないよ。」「 そう?」

「何か買おうと思ったけどトラウマだしね。」

私のお誕生日の数日前に娘が、「ママ、何が欲しい?欲しいもの買ってあげるよ。何がいい?」と聞いてくれました。

私は喜んで、「 本当に?いいの?あのね、ママは新しいドレスが欲しい。」

「ドレス?高い!」って娘はピシャリと一言。

それきりいつまで経っても何も言わなくなったので、「ね、何か買ってくれるんだよね?」と言ってみたのですが、「え、もうお誕生日過ぎたよね。」

はぁ〜?笑

娘は子供の頃、母の日に私にプレゼントしたら、「ママはシャネルしかいらない」って言われて、それがずっとトラウマだって言い続けてる。

でも私は絶対に言っていない自信がある。

ブランド品じゃないといらないわなんて、ちび太に私が言うはずない。

タイムマシンがあったらなぁ〜。

娘と2人で過去まで行って証拠を掴み、私の潔白が晴らせるのにといつも思う。

今朝娘が出掛けた後、ふとテーブルを見たらお手紙が置いてあった。

お花柄の綺麗な封筒の表に、『 お母さんへ 』と書いてある。

嬉しくなって開けてみたらコピー用紙が入っていて、黒のマジックで大きく、『 いつもいろいろありがとう。大好き❤️じゃあ〜また夜にね。』って。

ありがとう。

いつも傍にいてくれてありがとう。

それだけで十分。

wpid-20150507083253
私・店内にて

ゴールデンウィークが終わりました。
あんなに良かったお天気が今日は曇りがち。

太陽も浮かれて少し張り切り過ぎたかな?

皆様、いかがお過ごしでしたか。

連休中はお休みなしの娘の為に、私はずっと家事に専念していました。

娘は終電までみっちりお仕事で、毎日くたくたになって帰宅してきました。

4月に娘が職場復帰してからというもの、私達はずっとすれ違いの生活でした。

私は美味しそうに食べる娘の顔を向かいの席から見ながら、こんな顔してたんだと思ったりしました。

それにしても娘は美味しそう〜とは言うけれど、美味しかったとは言いません。

親の教育の問題ですね、これはきっと。

私の父も母の手料理に美味しいと言わない人でした。母はよくそんな父に、「美味しいかどうか言ってくれないと作り甲斐がないわ。美味しくないならどう美味しくないのか言ってくれないと上達しない。」と怒っていました。それでも父は、「 そんな事を一々言わなくても。」

母が何度も繰り返すので父は遂に感想を口にしたのですが、母はブチ切れていました。笑

職場での1日を話しながら、食べ続ける娘に「ね、美味しい?」と聞いてみました。

「 うん。」

「これも美味しいでしょ。」

「うん。」

「これはどう?美味しい?どう?」

「うん。」

言わないね〜。笑

「もうすぐ母の日らしいわよ。」

「そうなの?ふ〜ん。いつ?」

「毎日。」

wpid-20150427083029
私・汐留にて

春らしいお天気になって参りました。
やっと冬物をクリーニングに出しました。

皆様、お元気でお過ごしですか。

お店の女の子の募集掲載が明日で終了します。それなのに沢山の方からまだご応募のメールが届いていて、有難いことだと思っています。

それにしても世の中には本当に色んな女性がいます。

もう何度も面談をしてきましたが、初めて日本の将来について力説する若い女性にお会いしました。笑

応募して下さる殆どが20代の若い女性で夜のお仕事は未経験者なのですが、緊張してペンを持つ手が震えていたり頑張って笑顔を作っていたりする姿を見ていたら、昔の自分を思い出して出来るならお昼間のアルバイトを探しなさいと言いたくなります。それをぐっと堪えるのが大変です。

若いってホント良いなぁと思います。

薄いメイクがとても素敵です。

ピンクベージュのリップのなんて可愛いこと。

私も塗ってみたいなぁ。でも顔色が悪いから似合わないだろうなぁ。憧れるなぁ。

羨ましいな〜。

若いって良いなぁ〜。

羨ましいな〜。笑