12月 2013

wpid-20150716080958

いよいよ2013年の締めくくりの日になりました。お正月の準備はもうお済みでしょうか。今年はお天気に恵まれて良かったですね。

 

我が家では毎年年末になるとホームセンターに出掛け大量に洗剤を買い込み大掃除に励むのですが、腰は痛いし指先はガサガサになるし大晦日にはグッタリ。時間をかけて頑張った割には納得出来る仕上がりにならずいつもガッカリ。今年もまたあれをやるのかって気が重くなっていたら、「 ママ、1度お部屋のクリーニングをお願いしてみれば?」って娘が言いだしました。って事で思い切って今年はキッチンとバスルームなど手間のかかる場所は全てプロにお任せしてみました。

 

昔は高額でしたが今は私のような庶民にも手の届く良心的なお値段なんですね。しかも仕上がりは流石プロ、短時間でみるみるピカピカになりました。
何より私の心に余裕が出来て、その分ゆっくり新年のお料理が作れました。

 

老いては子に従え。

 

「 ママ、こうしてみれば?」ってアドバイスをくれ硬くなりがちな頭の私はとても助かっています。今後もマスターと娘の力を借りながら、皆様に精一杯のおもてなしを提供したいと考えています。新しい年も変わらずお付き合い下さいますよう、どうぞよろしくお願い致します。

 

皆様も心穏やかな新しい年をお迎えになれますように心からお祈りしています。

wpid-20150716105927

まだまだあると思っていたのにクリスマスが終わると年末までは猛スピードですね。除夜の鐘までほんの僅かな時間を残すばかりとなりました。皆様どうぞお怪我などなさいませんよう、お気をつけてお過ごし下さいませ。

 

昨日、スタッフ全員で店内の大掃除をしました。私はいい加減そうに見えて実は超がつくほど神経質です。物にはそれぞれ定位置を決めていて、動かした後は必ずそこに戻さなければ落ち着かなくて眠れなかったりもします。

 

とっても繊細。笑

 

マスターにトリルに勤めて来て頂く事が決まった時の私のお願い事のトップ1は、『 清潔にして下さい。』でした。それ以来マスターはちゃんと守ってくれています。知らず知らずに物は増えていき、大掃除のタイミングで処分する物が山積みになりました。その処分品の中に待機中に履くスタッフのスリッパが3足。履くのはごく短時間で殆ど傷んでいないのですが、私はアッサリ処分を決めました。

 

私の母は物の不自由な時代に育った節約家ですが、傷みが僅かでも年末には必ず処分していた物がありました。それは家族中の下着とパジャマ。母があまりあっさり捨てるので不思議で聞くと母は私にこう言いました。「 見えるところばかり綺麗にしてもダメよ。それに新しい年を迎えるのだから人間も新しい物を身につけないとね。唯一の贅沢。」だと。

 

カッコえぇ〜!

 

誇れるところの少ない母ですがそこだけは尊敬し、新年を新しい下着とパジャマを身に付けて迎える私達家族は世界中で1番オシャレかもしれないと思った可愛い私でした。いい時代でした。母に習って私もカッコ良く、まだ綺麗なスリッパ3足をバッサリと。

 

隣のマンションにいるのに12月中は会えなかった両親に今日会いに行って来ました。玄関に出てきた母は3年前と同じパジャマ姿でした。

 

はぁ〜?笑