まるで海の底のようなシックなライブ&バー♪
忘年会・新年会などのご予約はお早めに 03-3572-8228

4月 2015

wpid-20150427083029

春らしいお天気になって参りました。
窓際のソファーに座っていると、日に焼けてしまいそうです。やっと冬物をクリーニングに出しました。バルコニーのお洗濯物も、順調に気持ちよく乾いてくれます。やっぱり春はこうじゃなきゃ。

 

皆様、お元気でお過ごしですか?

 

お店の女の子の募集掲載が明日で終了します。
それなのに沢山の方からまだご応募のメールが届いていて、開店直前まで返信と面談に忙しい私です。いらして下さるお客様は男性メインで女性とお話しする機会が殆どない私ですから、今回の募集は良い刺激になっています。それにしても世の中には、本当に色んな女性がいますね。もう何度も面談をしてきましたが、初めて日本の将来について力説する若い女性にお会いしました。笑

 

応募して下さるのは殆どが20代の若い女性なのですが、緊張して声が詰まったりペンを持つ手が震えていたり。頑張って笑顔を作る姿を見ていたら娘がそこにいるようで、大泣きしそうになったりする私です。

 

年ですね。爆

 

最近は若い世代が世の中に失望して、夢を持てないと良く耳にします。でも中には自分の将来について、しっかり考え実行している方もいらっしゃいます。私は良く知りもしないで、一括りにして決めつけがちな悪い習慣を反省しました。

 

そして若い人ってお肌が透き通っててツルツル。
リップを塗っただけのメイクが、一層若さを引き立てて綺麗。羨ましいな〜。若いって良いなぁ〜。羨ましいな〜。笑

 

で、私もナチュラルメイクに挑戦してみようと、早速コスメショップへ。こんなの塗ってたな〜って、薄いベージュのリップを手に取り塗ってみたら・・・

 

病人。

wpid-20150716024817

翌日、またタクシーに乗った。
見送ってくれたマスターに、「 やっぱりあそこのタクシーに乗らなきゃね。」ってお気に入りのタクシーを止めた。満面の笑みで乗り込みマスターに微笑んで手を振り、運転手さんに行き先を告げた。そしたら・・・

 

「 すみません。まだ新米で。道案内をお願いします。」

 

ギャ〜ン。

 

それ1番ストレスだから〜!笑

wpid-20150716092622

マスターと用事を済ませ、今度は八重洲口まで行く娘と3人でバタバタとタクシーに乗り込んだ。最近30肩の私、重い荷物の時はキャリーケースを持参する。運転手さんがそれをトランクに入れてくれた。チラリ見ると白髪初老の運転手さんだった。

 

「 八重洲口まで行って下さい。1人先に降ります。」
「 はい。」

 

日本男児みたい。笑

 

娘が降りて、「 次は数寄屋通りまでお願いします。」って伝えた。日本男児が、「 ここは右折できませんから。」

 

そうですね、そうですよ〜。
知ってますよぅ〜。
次の路地をクネクネっと行けばいいんですよ〜。
今の時間は渋滞してますからね、中央通りには絶対に入ってはいけませんよ。行かないでね、お願いって思ってたら、マンマと中央通りの大渋滞に突入。

 

おいっ!

 

私達は止まってる。
歩行者がドンドン先に歩いてく。
私達はまだ止まってる。
ずっとずぅ〜っと止まってる。
隣を歩いてた人が遠くに見える。
マスターが蚊の泣くような小ちゃな声で、「 歩いた方が速いし。」って言った。イラってして日本男児に、「 あの、そこをね・・・」って説明しかけたら、「 そこは入れないんですよ。」そこを入るとどーのこーのって、聞き取れないほどの早口で言った。

 

嘘つきぃ〜。

 

あたしゃ、知ってるざんす。
「 そこの路地を入って、クネクネって曲がると・・・」って説明仕掛けたら、信号が青に変わった。

 

がっくし。

 

信号が変わったって、車はビクとも動かない。
歩行者がドンドン追い越してく。
日本男児はチョロチョロっと少しだけ進んで、路地にはもう曲がれない所まで動かし前の車にピタッとくっ付けて止めた。

 

ごっらぁ〜!爆

 

マスターが蚊の死ぬ寸前の声で、「 歩いた方が速いでっせ。」って。私はもう何も言えません。もう何も言う元気がありませんです。生きて行くのに疲れてしまいました。はぁ・・・。この日本男児は黙って虚ろな目をした私達を、中国人観光客だと思ってる。

 

キャリーケースなんて持ってるせいだわ。
キャリーケースなんて、キャリーケースなんて、キャリーケースなんて。

 

大大大嫌いだぁぁぁあああああ。

wpid-20150420125734

4月が半分終わってしまいました。
4月といえばポカポカ陽気とお花が咲き乱れるイメージですが、今年はちょっと違いましたね。明日も全国的に雨模様。こんな年はどんな夏になるのかしら?冷夏?猛暑??

 

この世界に入って覚えたイケナイ習慣って沢山ありますが、その中でもこれさえなければと思うものにタクシー通勤があります。閉店後はタクシーしかない為仕方ないとしても、出勤時は都バスも電車も動いているのに普通にタクシーに乗り込んでしまう私です。いつも思うのですがこのイケナイ習慣さえなければ、余分に何個マルボロが買えたかな。笑

 

多分、面倒臭いんでしょうね。爆

 

何十年もタクシー通勤していると、ホント色んな運転手さんに出会います。出会った数だけ様々な経験をします。

 

昔、私が降りた直後に、乗っていたタクシーが追突された事がありました。ドォ〜ン!ガッシャ〜ン!クラクション、ビィ〜〜!!タクシーと後ろの車がくっ付いたまま、悲しく私を追い越して行きました。

 

乗った途端に気絶するほどの加齢臭がして、目がショボショボになった事もあります。急発進と急停車を交互に続けられ大酔いした事や、銀座クラブに興味津々のドライバーにバックミラー越しに質問攻撃され、段々嫌になってきた頃、興奮し過ぎたドライバーが振り返って話し始めゾッとしたという事も。良い運転手さんに出会えた時は、飛び上がりたい程嬉しい私です。長い経験から、お気に入りのタクシー会社も見つけました。出来る限りそれを待って乗るのですが、急いでいる時に限って来ないんですよね。

 

つい先日もそうでした。
その日は電通通りから、マスターと一緒に乗りました。チラリ見ると、白髪老年の怒った顔した運転手さんでした。

 

げ!

 

行き先を伝えると「 全く知らない。」って箇条書きみたいに怒った顔で言いました。「 それは⚪️⚪️通り?」って言ったので、⚪️⚪️通りを知ってるなら大丈夫かなって。カーナビもある事だしって。でもそれは大きな大きな間違いでした。私が知ってる⚪️⚪️通りに出る最初の曲がり角も、私が知ってる⚪️⚪️通りに出る次の曲がり角も、私が知ってる⚪️⚪️通りに出る最後の曲がり角も、教える間も無く猛スピードで通り過ぎてしまったのです。他に⚪️⚪️通りへの抜け道でもあるのかなって思っていたら、ドンドン突っ走った挙句に私も知らない路地に迷い込んでしまいました。呆れて、「 ⚪️⚪️通りから⚪️⚪️橋渡って⚪️⚪️ですよ。」って言うと、「 ⚪️⚪️通りって言ったでしょ。」って。

 

そうですけど?でもここは何故?笑

 

それからまたカーナビを操作して再チャレンジしたのですが、⚪️⚪️通りは遥か遠くなるばかり。このままじゃ千葉県に行っちゃうよ〜。時間ロスで我慢に限界がきて、「 ほんの8分で着く距離なんですけど。」って言ったら・・・

 

「 じゃ700円でいいですっ!」

 

へ?
まだグルグル周ってるので、「 カーナビ操作しましたよね。」って聞くと、

 

「 道案内しなさいよ!」

 

結局、指定した場所には最後まで到達出来なかった。
「 ここで降りますから。」

 

お金はいりませんっ!!
ただですっ!
いりませんっ!!

 

私、怒られてる?笑
降りてからマスターに変な人だったねって言ったら、「 日本人じゃなかったです。」って。

 

日本語、わっかりませ〜ん?

wpid-20150411091030

4月だというのに寒い日が続いています。
冬物をクリーニングに出そうと、準備していましたがやめました。もう暫く必要みたいです。

 

皆様、いかがお過ごしですか?
この寒さで体調を崩されていませんか?
どうぞ温かくしてお過ごし下さいませ。

 

娘が4月の初めに社会復帰して、我が家のサイクルが大きく変りました。娘はお昼前に出勤し、終電で帰宅して来ます。私は夕方から出勤準備を開始、全くすれ違い生活になりました。開店準備が出来た6時半頃、休憩タイムに入った娘からメールが届き、今日初めて話すといった具合です。先週の土曜日のお休みの日、久し振りに娘を見ました。笑

 

我が家の変化に1番戸惑っているのは娘でも私でもなく、愛犬チェルシーかもしれません。娘が出て行き、暫くして私が出て行く。娘が帰る、暫くして私が帰る。その度にちぇるは、リビングと玄関を行ったり来たりウロウロウロウロ。私が立ち上がるとビクっとして慌てて立ち上がり、玄関まで先に走っていく様になりました。「 今日はお休みだからママは家にいるよ。心配しないで。何処にも行かないからね。」って抱き上げても、疑いの目で私を見る様になりました。

 

週末はいいんですよ。
週末はいいの、私がずっと家にいるから。
問題は平日。
娘が出勤した後、今度は私が出て行こうとするとちぇるがついてきて。ちぇるが足にまとわりついて。ちいちゃく泣いて。玄関に寝転んで。それなのに、そんなちぇるを置いてドアーをバタンと。もう私・・・

 

ちぇる、ごめ〜〜ん。ママを許して〜。
うぉ〜ん。