3月 2018

良いお天気の日が続いています。桜花爛漫、どこを歩いても桜に歓迎されて、健康と日本に生まれた有り難さを感じます。皆様、お変わりございませんか。

 

先日また娘とちぇるがタクシーでやってきました。娘はお休みの前夜はお仕事が終わって帰宅したら直ぐに荷物をまとめて、ちぇると2人で里帰りすると決めているようです。先日は、「  明日お休みだけど明後日お仕事したらまたその次お休みだから、会社の制服持ってきた。」って言って3日いました。

 

そんなに家が良いのかと思ってみたり、家にいると何もしないから追い出したのにこれでは意味がないと思ってみたり、私はとても複雑です。

 

娘は家を追い出された理由がわかっているのでしょうか。追い出された当初はわかっていたと思うのですが、今もわかっているのかな?私は不安になって娘に勇気を出して、「  ね?どうしてそんなに帰りたいの?」って聞いてみました。娘は少しの間答えて良いものかと迷った挙句、「  何もしなくて良いから。」ってズバッと。

 

なるほどね。

 

質問を間違えました。笑

 

私が朝5時頃ベッドに入ると、ちぇるが待ってましたとばかり何処からかやって来ます。ちぇるは私の顔にお尻をくっつけて安心して眠り、私もちぇるの体温を感じながら安らかに眠りにつくのです。でもその1時間後、私は突然、ちぇるの長く尖った爪で頭を強烈に掻き毟られ飛び起きます。起きろ!の合図です。

 

地震?キョロキョロ。。笑

 

私は寝たばかりですがちぇるはその何時間も前から寝ていて、もう起床時間のお散歩タイムというわけです。それはわかります。でもちぇるは隣のベッドで寝ている娘の頭をカリッとしません。お散歩に連れて行くのは娘なのに、ちぇるは絶対に娘を起こしたりしません。私は頭をカリッとされる度にちぇるに、「  カリッとしたらだめ。いけない。」と自分の頭を自分でカリッとしてみせながら教えます。眠いのに。そしてお散歩は娘担当だという事も娘を指差しながら何度もちぇるに説明します。眠いのに。でもちぇるは全くわかってくれません。あの2人組は馬鹿なのでしょうか。

 

絶望です。

 

最近ネットを見ていると何よりも気になるのは、ペットロスという文字。それについて書かれたブログは、読み始めても途中で閉じてしまう。悲し過ぎて読み切ることなんて私には出来ない。

 

ペットへの躾や関わり方など、プロの目で書いてあるページも沢山ある。人間とペットは違う生き物、ちゃんと躾ましょう・・・。

 

はぁ〜い。笑

 

我が家には愛犬ちぇるがいる。本名はチェルシー。だけど皆んなちぇるって呼ぶから、本人も本当の本名は知らない。試しに先日チェルシーって呼んでみたら、あっちを向いて知らん顔だった。大人しく人懐こいけれど、内面はハッキリしていてこうと決めたら絶対に曲げない。嫌いは大嫌いで好きは大好き。だけど声掛けられたら、したくないけど愛想良くしておく。5秒しか持たないツンデレだから、しっかり愛想だとバレてしまうけれど。ちぇるはきっとA型なのだわ。

 

好みは筋肉質のシュッとした顔立ちだって娘が言ってた。ちぇるの態度が明らかに違うんだって、娘が笑って話してた。なのに想う人には想われず、寄ってくるのは何故かブルドックばかり也。ちぇるに好みのワンちゃんを見つけたらわざと気のない振りをする様に、そこは我慢だと今度しっかり教えようと思う。

 

 

そんなちぇると出会って10年、私が住まいを変わる度にちぇるも一緒に越してきた。いつもいつもちぇるは側にいてくれた。黙って見て見ぬ振りをしてくれた。それなのに娘は1人暮らしのオンボロ住まいにさっさとちぇるを連れて行ってしまった。あんなに崇高だったちぇるが、帰って来る度に貧相になっていく。きっとお肉を食べさせてもらえていないのだと思う。

 

ちぇる・・・泣

 

もしもちぇるが死んでしまったら、「 私はきっと生きていけない。1年は泣いてばかりだと思う。」って娘は言った。

 

ママは2年泣く。

 

日頃の行いが余りにも自己中だった娘は私の逆鱗に触れ、1ヶ月以内に住まいを探し転居する様に申し渡されました。去年の暮れのことです。「  1人でやっていける気がしない。」娘は何度も私をチラリと見て訴えましたが、黙ってニヤッと笑うだけの私に最後は堪忍したようでした。

 

私ならこれをチャンスと親から少しでも遠くて会えない場所に住まいを構えると思うのですが、娘が決めたのは我が家から自転車でわずか10分程の場所にあるボロいペット可物件でした。愛犬ちぇるの飼い主は娘で、「  ちぇるの病院が近い方が良いからね。」って娘はそんなことを言っていましたが・・・

 

???

 

引越しの数日前も娘は、「  2年だから、たったの。2年頑張れば良いんだから。」って言っていました。ママはそんなことを言った覚えないけれど。

 

なんで2年?笑

 

娘がちぇると独立してから3ヶ月。。私は2人の住まいに2度、2時間ずつ程お邪魔しました。娘とちぇるは40日ほど帰ってきました。自立して少しは気を使うようになったかと期待しましたが、「  わぁ、お皿洗ってくれるの?」って喜んだのは初回のみでその後は全く微動だにせず。娘もちぇるも疲れ切ってやって来ては、ぐうたら寝てばかり。「  お風呂入ってから帰っていい?足が伸ばせるお風呂って良いよね。」「  ドアーを開けて便座まで何歩も歩くトイレって凄いよね。」「  ここって無駄に広いよね。」って・・・

 

ギャハハ

 

住めば都。2人で力合わせて頑張るよーに。

 

少し春らしく暖かくなってきたと喜んでいたのに、この寒の戻り。今日は夕方から霙まじりの雪が降るかも?との予報です。この雪が終雪なら嬉しいのですが。皆様、いかがお過ごしですか。

 

私の自宅マンションのお隣は、若いご夫婦と小学生のサッカー少年2人とヨチヨチ歩きの女の子の5人家族が住んでいます。どうやら私の寝室の隣はサッカー少年達の子供部屋のようで、時々、派手な兄弟喧嘩やお母さんのヒステリックな声が聞こえてきます。お母さんはとっても小さく、小柄でとっても小さなちっちゃな人なのに、ヒステリックな声は驚くほど大きくてビビります。笑

 

小学生の頃って何度目かの反抗期で、お母さんは小さなちっちゃな人なのに良く頑張っていると思います。って、ちっちゃいちっちゃい、

 

何回いうねん。笑

 

どんなに大きな声が聞こえてきたって兄弟喧嘩はやれば良いと思うし、何をやっても叱らない親よりはちゃんと躾ていてお母さんは立派だと思うのだけど・・・この兄弟。どうやら二段ベッドに寝ているようで、サッカーでシュートする夢でも見ているのか壁を思いっきり蹴り飛ばしてくる。毎朝まいあさ、エブリモーニン。。それも二段ベッドの上の子が。

 

バッコ〜ん!!

 

・・・おばさん、睡眠障害でね。別名、気絶病って言うんだけど。知らないよね?知ってたらビックリだけど。でね、やっと寝ついたってわけ。上の段の子が壁を蹴り飛ばす少し前にね。二段ベッドに寝てんでしよ?君達と違ってこの歳になるとさ、一度起きちゃうと直ぐには寝付けないの。また次に眠くなるまでに大変な苦労があるのよ。でね、シュートされると壁が落っこちたと思ってビビって飛び起きるんですけど〜、おばさんはぁ〜。何とかなんない?例えば、上下交代とかさ。例えばよ?例えば、サッカーやめて、

 

卓球なんてどうかな。

 

ようやく春めいてきて、固く縮んだ背中が少し伸びた気がします。暖かいって幸せですね。関東の桜は来週にも開花だそうです。皆様、お元気ですか。

 

冬の終わりが見えてくると毎年恒例のように体調を崩す私ですが、いつもの事と軽く考えていたせいか今年は例年以上に長く患ってしまいました。と思っていたら、お客様に、「  そうじゃないよ、ママ。それは歳のせい。」

 

ぐわぁ〜ん。

 

若いとは思っていませんがそんな歳とも思っていなかったので、ビックリ仰天してしまいました。早く病院に行かなかったせいにしたかったのに。私だって好きでこうなったのではありません。それに、

 

As   you   do.  笑

 

だけどこの前まで娘の心配ばかりしていたはずが最近では心配ばかりされているのですから、悲しいけれど私もそういう歳になってきたのでしょう。

 

つい先日も2つ前のブログに書いたお話を娘に聞いてもらったのですが・・・夜道を気味の悪いおじさんがピタッとくっ付いて来て、追いかけ回されて、最後は撒いてお店に逃げ帰ったお話ですけど。私が話し終わると娘が呆れ顔で、「  ママ、どうして撒こうとかって考えたわけ?付けられてると思ったら方向転換してコンビニに戻れば良かったのに。よく誰もいないお店に撒いて戻ろうと思ったよね。どうせ馬鹿みたいにキョロンっとした目でその人を見たんでしょ。だから付いてきたのよ。」って。

 

ぶは。

 

「  え〜?ママはそんなことしないしない。キョロンなんて、そんな目で見ないよ〜。だってコンビニ出た時から付いて来てたよ、後ろ。気配を感じたから振り向いて見ただけ。」

 

見たかも知れません。笑

 

キョロンも何も、目が悪いから殆ど何も見えていないんですけどね、私は。って関係ないか。え〜っと、気をつけますです。でもね、振り向いても付いて来たって事は、お婆さんには見えなかったって事だよね?

 

ね?