ブログ

ママとマスターのぽわぽわ銀トリ日記♪

梅雨が明け一気に酷暑の1週間になりました。日本列島が真っ赤に燃えています。まだまだ当分の間は暑さとの戦いになりそうですね。皆様、お元気ですか。呉々も熱中症にお気をつけてお過ごし下さいませ。

私は相変わらず毎週末は深夜のドライブが定番になりました。最近はドライブついでにあちこちの温泉巡りを楽しんでいます。先週は神奈川の端っこまで、今週はなんと茨城まで行ってきました。私は昔から大浴場が苦手で、内風呂のない温泉には絶対に行きませんでした。温泉って混雑していて落ち着かなくて、第1不潔。湯船の中からじっと見ている人がいて気になって洗った気もゆっくりした気にもなれず、出る頃には疲れてしまっていました。本当に何の為に温泉に行くのか、私には全く理解出来ませんでした。

でも最近の日帰り温泉施設は凄いんですよ。清潔な施設が多いです。そして遅くまで営業していたり、24時間営業の所が沢山あります。深夜に行く私には嬉しいサービスです。カフェやマッサージは勿論、リラクゼーションやエステ、中にはネイルサロン完備なんて所もあります。昨夜の茨城の施設は開店1年と日が浅く綺麗で、小さな子供は不可でとても静かでした。

良い時代です。

だけど残念な事が1つだけ・・・。先週と今週は予定が合わず、娘は行けませんでした。私の中ではランキング上位のお湯だったのに、隣に娘がいなくて少し寂しいお湯になってしまいました。あんなに空いていて貸切だったのに。あんなに色んなお風呂があったのに。何個も露天風呂があって、びっくりするくらい星が見えたのに。どのお湯も私は隅っこに座って黙ってじっと。

1人は好きだけど1人は寂しい。

もう5、6人産んでおくんだったわ。爆

少し肌寒く湿度だけ高い梅雨が続いています。久し振りにテレビのスイッチを入れたらこんな梅雨は久し振りだと言って、それがもたらす様々な影響について詳しく説明していました。予想通り1番の被害は農作物で、お値段も高騰の気配です。色々あるのでしょうけれど、もうそろそろ天候に左右されず品質も低下せず価格の安定した農作物を提供しないと。

あわわあわわ、言うてもーた。笑

そんな異常気象の下、私達親子はのほほんと連れ立って娘のお洋服を買いに出掛けてきました。不思議なもので娘が幼い頃からずっと私好みのお洋服を着せてきたのに、いつの頃からか娘はそれとは真逆の物を選ぶようになりました。私は昔から流行り物が嫌いで、他人とは違う物を選んできました。個性的なデザインや柄が大好きで、目立っていても年甲斐なくても全然平気。ところが娘の選ぶ物はシンプルで、色も白か黒かベージュかグレー。

ふつ〜〜〜。笑

襟があって。前身頃と後ろ身頃。袖があって。ボタンがついてて。ブラウスもスカートもワンピースも型紙みたい。フリルもなければリボンもない。柄もない、ただの無地。襟がない時もある。なんならファスナーもボタンもなかったりする。それなのに・・・

高っ!

私はソファーに腰掛けて、娘が普通の服を手に取って迷ってるのをぼんやり見てた。色が違うだけで、私にはどれも同じ服に見える。だけどふと・・・娘はそんな人に憧れて、そんな人生を送りたいのかもしれないと思った。何か付いていたり、どこか他人とは違っていないとつまらなくて、シンプルはとても寂しく感じてしまう、私はそんな風に人生を生きてきたけれど。そうじゃないと生きられなかったのだけれど。

今の私の歳になった娘を見てみたいと思った。

さてと明日は房総までドライブ。何を着て行こうかな〜。。

今年は空梅雨でお洗濯物がよく乾くと喜んでいたら、雨マークだらけの梅雨らしい梅雨になってきました。梅雨の終わりは大雨に警戒せよとの事、今年は大きな災害が起きなければ良いですね。皆様、お変わりございませんか。

そんな冷たい雨の中。私達親子は先週末、湘南から藤沢経由で鎌倉方面、成田からの海ほたると深夜のドライブを楽しんできました。そして今週末は・・・自宅でゆっくりのんびり。遠出は少し休憩して、久し振りに変わり種のお料理でもとスーパーに行ってきました。食材を選びカートにポイポイ入れていると娘が、「 ママが作ったひじきが食べたいんだけど。」って言い出しました。ひじきは予定外でしたが、ママが作った物が食べたいと言われて喜ばない母親はいません。

私はひじきの袋をカートに入れながら、「 一緒に作らない?」と娘に提案しました。すると、「 うん、教えて。」って娘。。今まで食べる専門で一度だってお料理に関心を示さなかった娘の、教えての言葉に私は益々嬉しくなって、「 ママは挽肉がいっぱい入ってるオムレツが食べたいんだよね。ひじきとは合わないけど。ま、いいよね。」で、昨夜2人で作ったのですが。

まず私は・・・「 ひじきを戻さなきゃいけない。それにはちょっと時間が掛かるからね。」って娘に教え、その間に玉ねぎの皮をむくよう指示して、それから切らせて。ウインナーなんかも切らせて。娘がむいたり切ったりしている間に、フライパンで挽肉を炒めながら調味料は何か、分量はどのくらいか丁寧に教えてた。娘が、「 切ったのはどうしたらいいの?」って聞いてきたので、「 ここに入れて。」って炒めてる挽肉の上に移すよう指示。「 最後にケチャップを掛けるから、ここでの味付けは薄めでいいのよ。」なんてね。戻したひじきを隣のコンロで同時に調理しながら、こっちの味付けはこれとこれとこれでって得意げに教えてた。食べる専門だった娘と一緒に作ってることが、ただただ嬉しくて。

そんな時、娘がポツリ。「 なんかさ、こんなこと教えてもらってたら、ママがもうすぐ死ぬんじゃないかと思うわ。」

・・・し〜ん

「 ママが作るとどうして全部同じ味になるんだろうね?」

ならない。

なんも聞いてなかったんか〜い。爆

今週の雨はどうなのかな?と天気予報を見ていたら、そういえばそろそろ蛍の時期かな?と思いつき検索して色々調べて、最後はホタルブクロの記事に行き着きました。ホタルブクロは6月の茶花で・・・な、な、なんと、雄として育ちお役目を終えると、途中で雌へと性別を変えるのだそうです。

わぁ・・・笑

ホタルブクロって不思議、凄いですね。それで単純な私は人生の半分で、「 今から男性になる事が出来ますよ。変わっても良いし変わらなくても良いんだけど、あなたはどっちにします?」って言ってもらえたら嬉しいのにと思ったのでした。勿論、私は絶対に途中から・・・

「 変わりますとも!」

変わって、男性目線で女性を見てみたぁ〜い。宵越しの金は持たないとか言っちゃって、あの街この街ホステス泣かせ。ワンナイトラブとかばんばんやっちゃう。「 もう〜っ、全然いらっしゃらないんだもの。つれないお人。」とか鼻声で言われて気分良くなっちゃって、「 だから今夜来たじゃないか。子供みたいな事言うなよ。」なぁ〜んてね。

昭和歌謡か。爆

で、娘にも聞いてみました。「 ね、ね、人生の後半は男性になれるとしたらなりたい?女性のままでも良いんだけど、どする?」娘は嬉しそうに、「 それはなりたいよ。」って。「 なれたらどうしたい?」「 背中に筋肉つけたい。で、女の人をずらずらぁ〜とはべらせて、モテたぁ〜い。」

間違いなく親子です。笑

「 でもさ、お爺さんになっちゃうよ?」って言ったら、「 お婆さんもお爺さんみたいなお婆さんになるんだから一緒だよ。」って。

ぶ。

上の写真は娘がもし男性になったらどんな感じか加工したもの。これはモテるかも。ってかさ、

日本人じゃないけどね。あはは

特技は何かと聞かれて、私の特技はこれです!と即座に答えられる人って沢山いるのでしょうか。昔から私にはこれといった特技など何もなくて、答えに困りました。そして究極は履歴書。。昔の履歴書には利点と欠点と特技を記入する項目があって、私はいつも頭を抱えていました。大体、おかしくないですか?そういう事って人が見て判断するものじゃない?自己申告なんてします?自分のことが1番わかんないですよね。そんな意味のない事を書かせて何か意味があるのかしらん。面接する人だって、そこ信じてないでしょ。って思ってたのは私だけでしょうか。馬鹿らしい。

ま、いいや。笑

で、今後もう履歴書を書く事はまずないとは思いますが、ちょっと暇なので何かないかと考えてみました。今も昔の履歴書と変わらない履歴書だとして、私が今、書くとしたら・・・私の利点は?

しぶとい。

欠点は?

太々しい。

では・・・特技は?

聞こえない振り。3本続けてタバコが吸える。

ダメだ、こりゃ。爆