ブログ

ママとマスターのぽわぽわ銀トリ日記♪

皆様、お元気ですか?

 

一昨日は銀座のトリルのお仕事初めでした。実は私、もう直ぐ冬休みが終わりお仕事が始まると思った瞬間に不安になって、お腹が痛くなり食欲も失せ鼓動が激しくなって地球の反対側まで瞬間移動したのでした。それまで何を食べても、「  美味しい?美味しくない?美味しいよね、これ。」なんてパクパク食べてたくせに。

 

子供か!笑

 

何年経っても、この時期特有の弱さを克服する術は見つけられません。それどころか歳を重ねる度に益々ヒドくなるばかり。何とかなる、大丈夫だなんて絶対に思えない。自分に自信ゼロで、世の中で1番魅力のないだめなママの自信がある、私には。

 

それでも時間は待ってくれなかった。私に気持ちを落ち着かせ、開き直る1秒も与えてはくれなかった。だから・・・接客中に少しだけ大きく声を出したらクラッと目眩がした。お酒の匂いで吐きそうになった。最低〜。

 

お願いだから、当分は私を弄らないでね。冗談は全く通じないからね。皺とか張りとか乾燥とか、その手の言葉は禁句だからね。若いとか茶色とかもダメだからね。

 

言ったら出禁だからね。爆

 

銀座のトリルの冬休みも今日と明日の2日になりました。自分のお店を持ってから10日間もの長いお休みを頂いたのは初めてです。それなのに私はいつもの週末と同じことを繰り返すばかりで、何をしていたかと聞かれたら、

 

「  えっと・・・普通?」笑

 

「  時間がないから出来ないって言うのは言い訳なんだよ。やろう!と思わないと、いくら時間に余裕があっても出来ないものだよ。」これは年末にお客様が仰った言葉です。そうなんですよね、本当に。だけど良く良く考えてみたら、「  10日もお休みなの?10日も?」って指を折ってみるばかりで、年末の私の頭の中には自宅の大掃除とお正月のお料理の事しかありませんでした。年末もお正月も数日で終わり、その後まだまだ何日もお休みは続くっていうのに。

 

でもその前に良く良く良く考えてみたら、ただ出来る限りの社会を一切遮断して自宅に篭ることしか今の私にやりたい事はありませんでした。

 

暗っ!笑

 

お陰様でこのお休みは母や娘や愛犬ちぇるの傍にずっといて、普段は中途半端にしか出来ない娘や母としての自分をしっかり自覚して過ごす事が出来ました。私が笑うと母も娘も笑っていました。その笑う顔がもっと見たくて、私はもっと笑いました。母も娘ももっと笑っていました。良いお休みになりました。と思ってたのに・・・

 

あんにゃろめ〜!

 

風邪、移しやがったな。

さむさむさむさむ・・・

 

新年だぁ〜と思ったばかりなのに、あっという間にもう4日も経ちました。お仕事初めの昨日と今日の2日間で神田明神は20万人の参拝者を見込んでいるのだそうです。日本は平和です。私は9日に参ります。爆

 

いつも私は年末に食べ物を買い過ぎては結局食べきれず処分してしまうので、今年はその反省を踏まえ少し買い控えてみました。結果、3日の夜の野菜室には人参2本を残すのみ。

 

だけど無くなり過ぎてしまい、昨日またスーパーに行ってきました。ところが売り場は年末と何も変化がなく、何の知恵も浮かびません。で、娘に、「  明日のお昼は豚骨ラーメンにしようか?」って。すると娘が、「  豚骨ラーメンって?」って聞いてきました。「  豚骨ラーメンって袋のだけど?年末に買っておいた。」「 え!もうインスタント?」

 

え、もうって?笑

 

また色々買う羽目になりました。いつもは作っても見向きもしないくせに娘は年末から、「  ぜんざいが食べたい。作ってね。」って何度も何度も。早く食べさせないとしつこいからと、昨夜はそれも作りました。もう何十年もいますが、晩御飯の後にぜんざいまで食べる娘を私は始めて見ました。

 

いやーな予感がしました。爆

 

娘はパクパク食べ終わった1時間後、「  風邪かも?寒気がする。寒い寒い。さむいさむい。」って青い顔でベッドに。

 

がはは。

 

年末から変だったもん。胃も一緒に休めなはれ。

あけましておめでとうございます

 

お天気に恵まれた気持ちの良いお正月になりました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

我が家は普段の倍以上の人数が集まり、賑やかなお正月を迎えました。みんなの喜ぶ顔が見たくて履いたり拭いたり飾ったり、洗ったり切ったり茹でたりと年末から頑張ってきました。が、もうそろそろ限界。笑

 

元旦と昨夜、2日続けて母とお風呂に入りました。母の背中を洗っていたら突然、「  すみません。お世話になります。」母が私に頭を深々と下げました。私はもしかしたら母は私を忘れてしまったのかと心臓がバクバクしてきて、「  ね、私が誰かわかってるの?私は誰??」って。すると母は振り返ってゲラゲラ笑って私を見上げて、「  わかってます、私の娘!親しき仲にも礼儀あり!!」

 

そうですよ。

 

そうだけど・・・脅かさないで。元旦に全裸で心臓麻痺は恥ずかしいかも。。もっと頑張りたい。もう少し働いてたいから。

 

 

皆様、今年もどうぞよろしく。

 

今年も残り1週間になりました。皆様、お忙しい毎日をお過ごしの事と思います。呉々もお疲れを出されませんよう、どうぞお気をつけてお過ごし下さいませ。

 

いつからどうしてそうなったのか忘れてしまいましたが、ここ数年毎年クリスマスイブには娘とデコレーションケーキを1つずつ作るようになりました。今年の我が家は娘のチョコレートケーキ、私の白いケーキ、プロのケーキと合わせて3つの賑やかなテーブルになりました。

 

娘はどうやらチョコを溶かし薄く伸ばして、くるくるロールさせたいみたいでした。それってプロのパティシエでもかなり難易度が高いと思うのだけど・・・。何度やってもやっぱり娘はうまくいかず、溶かし冷やしの溶かし冷やしで。ペーパーをバリバリッ、だけどくしゃくしゃポイッ。右手にスプーン左手ナイフ、右手にナイフで左手スプーン、左手ナイフで右は指みたいな。

 

ギャハハ。

 

最後は私の、「  ザクザクしたチョコって美味しいよね。」の声に、「  そうだよね〜。そうなんだよね〜。平らでいいか〜。」って。

 

ただの薄いチョコ。爆

 

ふと、娘がまだ私の腰辺りしかない頃のクリスマスイブを思い出した。早く寝ないとサンタさんが来てくれないよって言うのに、「  起きて待ってる。サンタさんを待ってる。」って頑張って。だけど眠くて待ちきれなかった。 あの夜の私を見上げたキラキラした目を思い出して、ぼろぼろ大泣きしそうになってしまった。あの日に帰って、もう一度だけ眠った娘の枕元にそっと大きな箱を置いてみたい。