ブログ

ママとマスターのぽわぽわ銀トリ日記♪

休日の自宅には娘とチェルがいる。母も我が家にやって来る。だから私は前日にスーパーに行き2日分の食べ物をたんまり買い込んできて、普段放置の罪償いで手料理して皆んなに振る舞う。それがこの週末、娘は初登山に出掛ける事になっているって言った。「  あらま、そうなの?いないの?スーパーでいっぱい買って来たのに。」

 

や〜りぃ。笑

 

娘はどんだけ着るのってほど着込み、硬そうな登山靴を履いてロボットみたいになってまだ暗い寒空に出て行った。私はチェルを抱っこして、「  怪我しないで。マイペースでね。無事に帰るのよ。行ってらっしゃい〜。」って寂しそうに見送った。

 

行ってくれた。爆

 

即行チェルとベッドに舞い戻った。寒い寒い、風邪引いたら大変。「  チェル〜、こんなに寒いのに菜々ちゃんはお山に行くんだって。お馬鹿さんですねぇ〜。お山登ったら疲れるだけなのに、わかんない人ですねぇ。お馬鹿さんだよねぇ〜。」チェルと毛布を半分こして包まった。突然、チェルが尖った爪で私の顔をカリッってしてきた。手で顔を隠すけど、またチェルがカリッってしてくる。何度も何度もカリッって攻撃してくる。 「  痛いよ、チェル。どうしたの?ママ眠いんだけど。」注意してもチェルの顔面攻撃が止まることはなかった。仕方なく少し温かくなりかけたベッドを抜け出し、チェルを抱いて冷たいリビングのソファーに移動した。寒っ!風邪引いたら大変。毛布に包まってソファーに横になろうとしたらカリッ。手で構えてもカリッ!まだチェルの顔面攻撃が始まった。私は寝るのを諦めてお洗濯物して、まだ暗いバルコニーに出てガタガタブルブル震えながら干した。やっと干し終えて、「  寒いよ〜、チェル〜。」ってバタバタ入ってきたら・・・

 

寝とるやないかいっ!

 

何がしたいねん。ママのこと、何か怒ってる?わからない、チェルが。

 

やっぱり冬ですね。お店を片して帰宅する頃は冷え込んで、身を硬くする日が多くなりました。インフルエンザが流行っているようです。皆様、お変わりございませんか。どうぞ温かくしてお過ごし下さいませ。

 

年末のお仕事納めの後はデパートに寄ってお正月用のお茶菓子を5、6個買って帰るのが、私の毎年の恒例になりました。最近、母は甘い物に目がなくて。毎年の事ですが年末のデパ地下は凄い人です。エスカレーターで深呼吸して気合を入れて挑んでも、狭い通路の人混みを見た瞬間に気合は一瞬でどこかに飛んで行ってしまいます。それにしても普通に真っ直ぐ歩いているだけなのに、私は何度もバックや紙袋でぶたれたり体当たりで突き飛ばされたりします。

 

な、なんなんだぁ〜。笑

 

この年末も泣きそうになりながら、それでもキレずにやっとの思いで目的地に辿り着き、列に並んで良い子して静かに順番を待っていました。そしたら列を無視して、「  すみませ〜ん。そこの一番上の右端のお菓子。二箱ね。」って私の後ろにいた同い年位の小ちゃいおばちゃんが。

 

え?

 

その時の・・・列に並んでる人達が一斉に振り向いた時の・・・私に向けられた殺意の視線ときたら。

 

違うっ!

 

わからない、皆んなが。爆

 


月に一度ネイルに行く。仕上がりまでに2時間も掛かる。高いお金をかけてそれをする意味が全く理解出来ないと何かに書いてあったけれど、意味なんてわかってもらわなくて全然良い。私は月一でネイルに行く。適応能力ゼロの私は物でも人でも新しい事が大の苦手で肩が凝るから、大きな問題でも起きない限りずっとずぅ〜っと同じを好む。 そういう訳でネイルも長年同じお店の同じ人を指名している。で、そこの担当の女性のお話。

 

この女性、びっくりする位ズバッとものを言う。然もその言い方がクール。そんな彼女が苦手だと感じる人も多いと思う。だけど安さを売りにしているお店じゃないからお客様の殆どが中高年の女性で、甘い事を言ってたらどんどん付け上がってくるのかも知れない。オバタリアンは強いのだ。笑

 

そんな彼女の所に昨日ネイルに行ってきた。

 

地方出身の彼女の家に年末から幼馴染が泊まりに来ていたそうで、大晦日に六本木に飲みに行ったら友達が足が立たないほど酔っぱらい腹が立って絶交した話をしてくれていた。そんな私達の隣の席では、新人のネイリストが真剣に私より少し年上のオバタリアンの施術をしていた。もうそろそろ仕上がるという頃、突然そのオバタリアンが・・・

 

「  お願いした見本と色が違うわ。」

 

げ!

 

新人ネイリストが違わないです、同じ色ですけどって説明してもオバタリアンは違うって言い張った。見本の色はもっとピンクが鮮やかで綺麗なのに自分のはどんよりしたピンクに見えるって。新人はもう一度同じ色だと説明、でもオバタリアンは譲らない。私は隣からそっと見本とオバタリアンの爪を交互に見比べてみた。そうかも知れない。そしたら私のクールネイリストが・・・

 

「 綺麗なピンクは似合わないです。」

 

え。爆

三が日が終わり、ひっそり静かな我が家が戻ってきた。お皿を並べてお皿を下げてお皿を洗い、またお皿を並べてお皿を下げてお皿を洗った。3日間で一年で使う食器の半分以上を洗った気がする。笑

 

お正月は美味しい物をたくさん食べてゆっくりするから皆んな太るって。その点、私は作ってばかりで殆ど食べてないから太らない。キッチンとリビングを行ったり来たり動き回ってたし。ゆっくりソファーに座る時間もなかった。朝早く起きてお洗濯してお掃除して、気も使いまくりだったしね。疲れきったもの。お正月って、私大変だもん。

 

きっと痩せちゃったんじゃない?きっと痩せちゃってる。3キロとか痩せちゃったはず。で、測ってみた。

 

ありゃ?

 

服が重かったかなぁ〜?笑

母も参加して人生ゲームをやった。ルーレットを回し出た数だけ進む。皆んなは確実に家族を増やし上手に資産運用までしてみるみる持ち金を溜めていく。私はというと・・・払いたくもない餞別ばかり払わされ、折角ついた職を解雇され無職になったりする。多額の借金までして手に入れた自宅が火事になったりもする。やっとの思いでゴール直前までやってきたと思ったのに、これから宇宙に行けと指示が出る。そう言われても借金だらけで宇宙に飛び立つ資金なんて私にはない。だったら借りて飛ぶしかないねって、また借金に借金を重ねる。そしてボロボロの火だるま状態でゴール。母が悲しそうな目で私を見てきた。

 

 

いゃ、これはゲームだから。

 

 

って言い訳しながら、それにしても悲しすぎて腹が立つ。次は絶対にリッチになるからって何度もチャレンジするけれど結果は同じ。私の前に積み上げられた返せない約束手形を見ながら母が溜息をついて、「  もっと指に力を入れてくるっと回せば良いんじゃないの?」なんて何の為にもならないアドバイスをしてきたからキレそうになった。 ゲームなのに。ところが・・・

 

 

手持ちのカードが早くなくなった順で勝ちが決まるウノってゲーム。上がりそうな相手を上らせない為にあの手この手で邪魔をしながら自分が先に上がっちゃうっていうゲームなのだけど、私はこれに滅茶苦茶強い。勝って勝って勝ちまくり、ヒッピーホッピーめちゃハッピー。

 

 

最高〜っ!ガハハ!!

 

 

参ったか。笑