2月 2018

もうすぐ季節は弥生。マンションの庭の梅の花が満開になりました。草木に柔らかく降りそそぐ春の雨を甘雨(かんう)と呼ぶのだそうです。日本語って本当に素晴らしいですね。日本にはいく通りの雨があるのでしょうか。全部覚えたくなりました。

 

そんな良い時期がやっと来たというのに私ときたら、とっても悪性の睡眠障害を患ってしまいました。病院には行っていないので、勝手に病名をつけました。別名は気絶病です。笑

 

こういうお仕事をしていると、夜寝て朝起きる一般的な規則正しい生活は出来ません。頑張ってそう出来たとしてもせいぜい半年で、その後は歩幅と視点の定まらない危ない人になってしまいます。有難い事に私は自由気ままな生活で、夜明け前にベッドに入りお昼過ぎに起きるというある意味規則正しい生活を長いこと続けてきました。ところがどこでどう狂ってしまったのか最近はお日様が昇っても、サラリーマンが出勤しても、最悪は全く眠らずに接客したりしています。

 

ギンギラギ〜ン

 

それでも私は人間はいつかは眠るもので、それも眠っていない分だけ死ぬほど眠る時が必ずくると知っているので、映画やコントを見たりブログを読んで楽しく過ごしています。狭い世界に住む私にとってそれは結構良いお勉強になっていて、最近ではお客様との会話でナイスなボケが出来る様になりました。

 

グッジョブ!

 

だけど1つ問題が。。先週あたりから何度かまさかの 接客中に恐ろしい程の睡魔が襲ってきて、泡吹いてガクンと落ちそうになりました。

 

ギャハハ

 

それはママとして如何なものかと思いお薬以外に何かないかと調べたら、アイマスクと耳栓がかなり効果があるという事がわかりました。ただし!良い耳栓は全く何も聞こえないそうです。アラームが鳴っても知らん顔です。なのでもし私がお店で、アイマスクと耳栓をして、スマホを咥えて寝ていたら・・・

 

叩き起こしてもらっていいかしら〜?

 

 

街はマスク姿で溢れかえり、あちらこちらから咳込む声が聞こえてきます。朝夕の気温差に体調を崩されている方も多いと思います。また来週は雪マーク、真冬に逆戻りですね。皆様、栄養をたっぷり摂って温かくしてお過ごし下さいませ。

 

先日お店でバッグの中身の整理をしました。私はトランクと大きなバッグと小さなバッグ3つを持って転々としています。トランクはおつまみを入れる用、小さなバッグはお財布やカードケースを入れる用、大きなバッグは何かあった時の為用です。今回は大きい方のバッグの中身の整理でした。中には大きく分類分けしたポーチが5個。その5個のポーチの中には更に分類分けした袋が20個程入っています。

 

♪  目薬、胃薬、鎮痛剤。コットン、綿棒、清浄棉。メイクにブラシにヘアケアー製品。メモ帳、ペンにバッテリー。髪留め、肌着に歯ブラシセット。まさかの時の生理用品。いつでもどこでも携帯灰皿。♬

 

それらを一旦お店のテーブルに全部広げて、1から整理をし直していたのですが・・・大中小のジップロックを入れたジップロックを見た時、私は何もかも嫌になってしまいました。こんなもん、こんなもん、

 

いる?

 

3枚もジップロックいる?ジップロックっている?ってか、こんなちっちゃな作業はもういい加減に止めないと私は一生大物にはなれないと思いました。イラッとした私を遠くから黙〜って、ジィーっとマスターが見ていました。

 

なんやねん!

 

でも出してしまったものは入れなくてはいけません。私は大きな身振りで作業を続けました。小分けした袋を分類分けして大き目ポーチに入れて、バッグにキチンと四角に仕舞いました。ようやく作業が終わった頃にマスターが、「  コーヒーでも入れまひょか?」って。

 

「  そうね。じゃお願い。」爆

 

やれやれとホッとして美味しくコーヒーを飲んでいたら、テーブルの下に小さなちっちゃなビニール袋が1つ。中にあぶら取り紙がピラ〜ン。

 

もう顔に脂はない!

 

 

各地で大雪のニュースが流れています。東京にもしあの雪が降ったらと思ったら、とても恐ろしくなりました。それでも季節は雨水(うすい)、水がぬるみ草木が芽吹く頃なのだそうです。もう暫くの辛抱ですね。皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。

 

銀座のトリルは泰明小学校の直ぐそばにあります。出勤前に立ち寄るカフェは泰明小学校の目の前です。昔お勤めしたお店の客席には、泰明小学校から譲り受けた机と椅子が並んでいました。銀座の人間で泰明小学校を知らない人は殆どいないと思います。そんな泰明小学校が残念な話題で盛り上がっています。

 

マジ残念です。笑

 

話は変わりますが昨日、何気なくテレビを見ていたら、あるタレントさんが泰明小学校の話のついでに、「  銀座って偉そうなんだよね。ここは銀座よみたいな顔してるよね、銀座のホステスって皆んな。」って偉そうに喋っていました。

 

 

私は偉そうにしているつもりはありません。・・・つもりですけど。ここは銀座よなんて、そんな薄っぺらい言葉を使う気もありません。でもそれ、一回だれかに言ってみたいかも。

 

 

当然、私は銀座にお店を構えているというプライドを持っています。それはいらして下さるお客様方が銀座のトリルに銀座らしさを求めていらして下さっていると感じるからです。お店やお店にいる人間は箱を作り準備をするだけで、その街らしく仕上げて下さるのはお客様以外にはありません。そしてまだ道半ばです。お店が銀座にあるというだけで、私にとって銀座という街は何も特別な街ではありません。銀座のトリルという場所が特別なだけで。

 

校長先生はきっと何処かで勘違いしちゃったんだろうなぁ〜。小学生に銀座らしく泰明らしくって教えたって、良くわからないと思うなぁ。ってか自分は髪の毛ボサボサで、生徒の制服のこと言ってる場合じゃアルマーニ。

 

ったく。笑

 

日本の上空に寒気が居座っているようですね。寒い毎日が続いています。皆様、お変わりございませんか。

 

年末から何度も風邪を引きかけては何とか持ちこたえていた娘が、遂に病院のお世話になりました。インフルエンザではなかったようですが、背中や喉がとても痛いのだそうです。リンパが腫れているそうです。コンコンと咳が止まりません。平熱なので休まずお仕事には行っています。それって・・・誰かに移して自分は治るパターンじゃない?

 

ひぇ〜。

 

いつもなら職場から帰宅してくると側に来てダラダラずっと喋っているのに、誰も見たくないし何も話したくない感じです。熱がないから食欲は変わらないそうです。パクパクパクパク美味しそうに食べます。食べ終わるとスタスタ速攻ベッドに行きます。毛布を山盛りかけて、咳き込むけれど爆睡しています。ちょっと疑う〜。

 

 

移されたら大変と、私はちぇるとリビングでこじんまりしています。娘に毛布を全部取られたので、膝掛けをちぇると半分こしてソファーに寝ています。もう何日もです。腰の骨が曲がってしまいました。明け方余りの寒さに目を覚ますと、ちぇるが私のお腹の上で寝ていました。可哀想な私とちぇる。。

 

ちぇる・・・

 

「  可哀想に寒いよね。」って声を掛けてちぇるを胸元まで引き上げ抱きしめて、私の分の膝掛けを掛けてやりました。するとピョンとリビングの隅っこに逃げて行きました。

 

はぁ?

 

なんやねん、この人達。