まるで海の底のようなシックなライブ&バー♪
忘年会・新年会などのご予約はお早めに 03-3572-8228

8月 2015

20150817-010636

帰国やUターンラッシュの様子をニュースが伝えています。
皆様、楽しい夏休みをお過ごしになれましたか。
お天気に恵まれた良いお休みでしたね。

 

私は金曜日から3日間お休みを頂きました。
週末の休日は普段放置の両親の用に追われあっという間に終わってしまうのですが、1日多いだけで少しゆっくり出来たような気がします。

 

父に会いに行きました。
高校野球なんかも観てみました。
手料理も作りました。
ちぇるをたっぷり抱っこしました。
登る朝日や夕陽を眺めました。
しっかり考え事もできました。
有意義な時間を過ごしました。

 

それに比べ娘は・・・
ぶらり一人旅という番組を見ていました。
恐ろしいです。
ずっと何か食べていました。
恐ろしいです。
ちぇるにウザがられていました。
悲しいです。
なぁ〜んも考えていないみたい。

 

 

父の病院に行った帰りの電車の中で沢山の恋人同士を見ました。
皆さん、この暑いのに手を繋いで幸せそうでした。
どうしてうちの娘はずっとずぅ〜っと家にいるのでしょう。
親の側から何とかして逃げたかった私としては、娘の気持ちが全く理解できません。
で、勇気を出して聞いてみました。

 

「 ね?一人暮らしとかしてみたくない?」
「 全然。」
「 ね?嫌でしょ。親と一緒にいるの。」
「 全然。」
「 彼、欲しくないの?」
「 全然。」
「 どうして? 」
「 だってさ、最近の男の子って頼りなくて。割り勘なんだって。」
「 割り勘なの?」
「 でね、半分払った後で半分払う価値あったかな?って考えるんだってさ。」
「 げぇ〜、そうなの?いらないね〜。」
「 でしょ。いらないよ。」
「 マジで〜?いらないね〜。」
「 でしょ。いらない。」

 

・・・丸め込まれた?笑

 

もうすぐ秋ですね。
もう今年も残り3分の1なんですね。

 

20150815-044131

じめじめと蒸し暑い日が続いています。
皆様、いかがお過ごしですか。
長い夏休みをご家族と故郷でゆっくりという方もいらっしゃると思います。
もうそろそろUターンラッシュですね。
どうぞお帰りの際はお気をつけて下さいませ。

 

先週末。
いつもの様に朝方眠り途中喉が渇いて起きた時、いたはずの娘が何処にもいませんでした。
どうせジムで走ってるか、プールで泳いでるか、コスメショップであれこれ塗りたくっているのだろうと思って呑気に構えていました。
ところがそれにしては少し時間が掛かり過ぎで変だと思った私は、『 今どこ? 』って娘にメールを。
そしたら、『 一人旅してる。今ね、前橋。』
どうやら娘は何年も前から念願だった一人旅を朝方ふと思い付き、無計画のまま決行したようでした。
前橋メールに続けて、『 充電切れそう。充電器持って来てない。』

 

は?

 

私はブチ切れました。
このおバカちゃんは何も伝えず出掛けた上、こちらが聞くまで何の連絡もしてこないばかりか、充電器も持たずに一人旅に出たのかと。
呆れて、こんな娘さんを育てた親の顔が見てみたいものだと思いました。
その日の私はお昼までゆっくり眠り、少し涼しくなってから母の自宅のお掃除に行く計画を立てていました。
でもブチ切れて目がギンギンに冴えてしまったので、早目に母を訪ねる事に。

 

母は猛暑日なのに、「 良い風が入るから。」って窓全開でリビングに座っていました。
「 暑い風しか入ってきてないよ。クーラー付けないと熱中症になっちゃうよ。」って言ってクーラーのスイッチを入れようとしましたが、あるはずの場所にリモコンがありません。
「 リモコンは?」
「 リモコンって?」
「 クーラーのリモコンよ。」
「 壁にない?」
「 ないけど?」
「 そう? いいよいいよ、付けなくても。良い風が入ってくるから。」
「 いゃ、良くないから。ちっとも良い風じゃないから。私が倒れる!」

 

クーラーって、リモコンないと動かないんですね。
やっと探し出して付けた頃には、私はずぶ濡れでした。
それから日が暮れるまで動き回り声も出ないくらい疲れ果て、ボロボロの雑巾になってやっと帰宅。
そんな私の元に、親切なお店の方に充電させて貰ったという娘から再びメールが。

 

『 新潟にいる。笑 』

 

笑いません!

20150803-211427

頑張っていたのですけれど、今日のお昼前から遂に夏バテ症状を起こしてしまいました。
夕方タクシーを拾う間だけお天道様の下に立つだけなのに、夏バテなんてふざけるなってお話ですけど本当です。
暑いのダメなんですよね〜。
つわり?ってくらい匂いに敏感になって、船酔い状態のフラフラです。
皆様はしっかり召し上がっていますか。

 

昔、同じような症状になった事が1度だけありました。
フラフラしていると聞き付けた姉が、「 何か作って食べさせてあげるからいらっしゃい。」って電話をかけてきてくれました。
私は、「 ありがとう。でもいいよ、涼しくなったら自然に治るから。」って言ったけど、「 そんなこと言わないで。環境が変われば食べられるから。」って。
飲み物とサプリメントだけの数日で身体は弱っているし、車庫の匂いや車にエンジンを掛ける間の暑ささえ耐えられない気がして本当に行きたくなかったのに・・・

 

「 いいから来なさい!!」

 

で、行ったんですけど。
テーブルいっぱいにお肉が並んでいました。
どうやら焼肉みたいでした。
姉は真っ赤になって、奥のカウンターで焼肉の材料を切っていました。
カウンターには大量のお野菜とお魚、フルーツなんかも見えました。
姉の横では、大きなお鍋がグツグツ言っていました。
鶏肉と生姜とネギの匂いがしました。

 

私はその時、姉が夏バテ未経験者だと知りました。

 

姉は私が物心着いてから、ずっと面倒臭い人でした。
私が鈍間のお馬鹿ちゃんだったせいでしょうけれど。
小学校のお習字の時間に半紙を忘れて来た日も、「 お友達に貰うからいい。」って言ったのに、「 お姉ちゃんが取りに帰ってくる。」って自宅まで走り出して。
私は校門で姉の帰りを待っていたのですが、姉は待てど暮らせど半紙を持って帰ってきませんでした。
その内、休憩時間の終わりを告げるチャイムが鳴って、私は仕方なく教室に。

 

ところがお習字の先生が運悪く?運良くお休みで、習字の時間が自習になったのです。
「 静かに読書するように。」とのことでした。
そんな所に姉が息絶え絶えで。
姉は半紙ぶら下げて大泣きしました。

 

しぃ〜ん・・・。爆

 

それでその焼肉&スープ&サラダ&フルーツですが・・・
「 せっかく作ったんだから少しくらい食べなさい!」
「 これ牛だよね?ムカムカする・・・」
「 牛とか言わないの。スープは?一口くらい食べなさいよ。」
「 ニワトリ入ってる。」
「 ニワトリじゃないから!」
「 サラダは?サラダなら大丈夫でしょ?」
「 キューリなら・・・食べられるかも。」
「 キューリじゃ栄養にならないけど。ま、キューリでもいいから。」

 

「 ね?お姉ちゃん・・・。」
「 何よ?」
「 ・・・キューリ噛んでも汗が出る。」

 

「 いい加減にしなさいっ!」

 

会いたくなった。

20150803-004430

早いものでいつの間にか日付は8月。
猛暑の文字も酷暑に変わり、連日厳しいお天気が続いています。
先日お店にいらした30代男性のお客様が、突然めまいに襲われ熱中症で救急搬送されたお話をされていました。
普段ジムに通い鍛えていらっしゃるご様子で、自分がそんな事になるなんて思いもしなかったとの事でした。
熱中症って誰でもなるんですね。
ここのところの気温は異常です。
皆様もどうぞお気をつけ下さいませ。

 

一昨日。
自宅マンションの知人から、「 ちょっと顔を出しませんか。お店もたくさん出て賑やかですよ。マンションの方達もたくさん見えてますから。」と近所にある大学の納涼祭へのお誘いのお電話がありました。
チラッと時計を見ると1時過ぎでした。
私は詳しく説明して下さる内容だけ聞いて、行くかどうか解らないハッキリしないお返事をして切りました。
締め切ったカーテンを少し開けると、太陽が真上から校舎を焼いているのが見えました。

 

ひゃ〜

 

昨日。
お客様から、「 もうそろそろ出て来ない?今から築地から勝どきに六角神輿が出るよ。皆んないるから。賑やかだよ、おいで。」とお電話がありました。
時計の針は3時を指していました。
夜中に干したバルコニーのお洗濯物が、カラカラでぐったりしているのが見えました。

 

ひぇ〜

 

六角神輿を見に行こうと先週の初めに誘われ、「 へぇ〜、見てみたい。行くとしたら夕方になるけどいいかな?」って私は言ったのでした。
よく冷えた深夜の地下の店内で。笑
一昨日は突然のお誘いだったのでお断りする事ができました。
でも昨日は約束していたから、『 今からシャワーして行きます。』

 

自業自得。

 

シャワーして髪を乾かしメイクして着替え、バッグを持ってハイヒールを履きエレベーターに乗って1階に。
何か飲み物でも買って行こうとコンビニに寄り、『 今からマンションを出ます。どちらに向かえばいいですか?』ってメールを。
そしたら折り返しお電話があって・・・

 

「 もう今から来ても間に合わないよ。それに暑過ぎる。皆んな真っ赤だ。来ない方がいいよ。今から飲み会だしな。」
「 えぇ〜、メイクもしたのに。」
「 そっか。でも終わりだしな。もう少し早ければな。」
「 え〜、行こうと思ったのに。」
「 いいよいいよ、また今度だ。」
「 えぇ〜、そ〜お〜?」
「 うん。」
「 じゃ〜。」
「 はい。」

 

ラッキー!爆

 

花火もお神輿も盆踊りも、秋になって過ごし易くなってからやればいいんじゃないかな。
何もこ〜んな真夏の酷暑の中でやらなくたっていいと思うなぁ。
頭グラグラすると思うけど。
倒れちゃうよ。
っていうか皮膚ガンになる。

 

写真は先日の築地本願寺の納涼盆踊り大会の娘。〈 納涼? 〉
私と真逆で、真夏だろうと酷暑の日中だろうと夏が大好き元気な娘。