Categories

まるで海の底のようなシックなライブ&バー♪
忘年会・新年会などのご予約はお早めに 03-3572-8228

金トリ日記

自分で掴み取ったもの。

他人から与えてもらったもの。

最初から自分に備わっていたもの。

そして、失ってしまったもの・・・

 

その過程に真実、

僕は存在していたのだろうか?

すべてを理解し、

苦しまずにいた日々があっただろうか?

ブレた写真を見ているような・・・

口ごもった、

誰かの呟きを聞いてるような・・・

洗濯ものをベランダに干しながら、

そんな贅沢に浸っていた。

 

色即是空…

僕は今・・・

君に何を話している?

なぜ僕は君に話してる?

君は僕に話してくれる

どんな気持ちが君に話しをさせる?

なぜ僕たちは・・・

話し合うの?

 

決して口には出せない言葉

思いが巡る行間

同じだけの共感

 

見えない

聞こえない

ただ時間を埋めてゆくだけの言葉

 

君は君を

僕は僕を

きっと最後まで語りきることはないだろうと

そんな美しさの中で

僕たちは途方にくれながら・・・

話す

 

bluesには毒がある…

 

その痛みは歌になり…

 

無償の彼方へと消えてゆく…

 

安いバーボンを飲み続けて

 

ボロになってゆくような、

 

けだるさ…

 

あきらめ…

 

粗さ…

 

答えのない問い…

 

だけどbluesを生きることと

 

bluesになることとは違う気がする…

 

自我を引き裂いて

 

自分の人生を愛することはできないと思うから…

 

bluesは…

 

美しい…

 

恐ろしく暗い夜の海…

 

若き君よ…

 

理念に溺れるな…

僕には帰る場所がない…

 

帰るための理由がない…

 

胸を締め付けるほどの執着と

 

恥知らずな執念が

 

僕を『ある自然』から遠ざける…

 

帰るとは終わること…

 

伽藍堂の夏

 

空蝉

 

 

僕は

 

帰らない…

君の夢を残らず持ってこい

 

君たち夢見る人々よ

 

僕のところに残らず持ってこい

 

心の旋律を

 

この世の粗っぽすぎる指に

 

引っかきむしられないように

 

僕が青い雲の布を着せて

 

そっと包んでやる事ができるように

 

ラングストン・ヒューズ

 

僕なりのやり方で

 

同じステージに立ち続ける仲間たちに、

 

出来るだけの演出をしてあげられたら・・・

 

でもね大事な事は

 

目には見えないって言うんだけどさ。

 

来ちゃうんだよね・・・

 

そんな思いに同調してくれる愛すべき者たちが。

 

何処か淋しげな瞳を輝かせながら。