ブログ

ママとマスターのぽわぽわ銀トリ日記♪

Made with Repix (//repix.it)

一雨毎に暖かくなり待ちに待った春がやってきました。マンション前の桜もそろそろ見頃を迎えたようです。皆様、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。

 

桜といえば丁度1週間前、ひと足早く娘と熊本で桜を見て参りました。桜の開花予想はテレビで見たことがありましたが、本当に南から段々に咲いていくんですね。都内は寒暖が激しい時期でしたが、1週間前の熊本はもう夜桜見物の方々で大賑わいでした。

 

旅の楽しみは名所散策と郷土料理ですが、今回の熊本は、「 ママ、馬の専門店を予約しておいたからね。」「 ウマってあの馬?」「 そうだよ。馬刺しは美味しいよ、特にタテガミね。」

 

「 タテガミって?襟足??」爆

 

実は私ダメなんですよ。私って見た感じは猛獣も捕獲しそうですけど。捕獲したその場で血の滴る生肉をバクバク食べそうですけど。これはお肉じゃありませんってくらい細かく切り刻んで丸焦げ状態にしてもらわないと食べられないんですよ。お肉は嫌い。

 

って、言えなかった。笑

 

折角予約までして下さってるのにそんな事言える筈ないじゃないですか。それで何とか上手く誤魔化すつもりで行ったんですけど。皆さんに、「 一杯召し上がって下さいね、新鮮ですから美味しいですよ。」ってじぃ〜って注目されて。

 

げげ!!!

 

自分では美味しそうに食べたつもりでいたんですよ。だけど娘が回していたビデオにはしっかり証拠動画が映し出されていました。お醤油にドップリ漬け込んで真っ黒にして死んだ目をして息を止めて一気にグビッと丸呑み。サッサとお箸を置き、その後は2度とお馬ちゃんには箸を運ばず笑顔もスッカリ消えて暗くなってる暗いくらい私。

 

わかりやすっ。笑

wpid-20150716101347

今朝はカーテンから差し込む日差しが眩し過ぎて早朝に目が覚めてしまいました。ベランダに出てみると暖かい風、すっかり春ですね。冬物のコート、もうクリーニングに出して大丈夫かしら?皆様、お変わりないですか。

 

春といえば行楽ですね。何年も銀座と自宅を往復するだけの私にとって、その言葉は死語でした。私は順応性ゼロで知らないお店に入っただけで何かに打ちのめされてしまうのです。笑

 

そんな私ですが今週末お客様の粋な計らいで娘と2泊3日の旅行に出掛けることになりました。それも飛行機に乗って行くんですよ、遠いところに。

 

有り得ないです。爆

 

実はこの旅行、お客様とのこんな会話から始まりました。お客様は九州のご出身で、「 ママは九州に行った事があるの?」「 えぇ、1度だけあります。小さな頃ですけど。」「 九州のどこに?熊本はないでしょ?」「 熊本はないですね、でも阿蘇山には行きましたよ。」「 ママ、それ熊本だよ。」「 どこが?」「 阿蘇山。」
「 え?阿蘇山ってどこかの県の中にあるの?」

 

お客様、ぼか〜ん。笑

 

あの、ちょっと質問なんですけど。西日本にはいっぱい路線があるでしょ?なのにどうして東北には東北新幹線しかないの?」「 ありますけどね、色々。」「 あるの?どこに?」「 東北にも。」「 え〜、東北に?茨城にも?」

 

し〜ん。爆

 

「 埼玉は東京の上で千葉は横。静岡も横。」「 じゃママ、富山は?」「 富山は山の上。」笑

 

私ってダメなんですよ、日本地図。地理。で、「 だめだこりゃ。ママ、僕が九州出張の時に菜々ちゃんとおいでよ。ご案内しますよ。」って事になってしまったわけです。ところが最初は大喜びしていた娘が飛行機やホテルを予約したり、お客様とスケジュールの確認をしたり、旅行の日が段々近づいてくるに従って様子がおかしくなってしまいました。

 

「 ママ、大丈夫?」「 なにが?」
「 ママ、九州だけど本当に大丈夫?」
「 なんで?」「 ママ、ちゃんと歩いてよ。」「 え〜、歩くの?」「 ママ、観光なんだからね。」「 歩いて?」「 ママ、お願いだから嫌だイヤだ言わないでね。」「 言わないわよ、多分。」「 私、大丈夫かなぁ。ママやだぁ〜。」「 そんなに心配しなくたって大丈夫よ!飛行機に乗ったら着くんだから。飛行機が飛ぶんだからね。」

 

ったく、難しい子。笑

wpid-20140309035259

都内に季節外れの雪。コートはまだまだ手放せそうにないですね。皆様お変わりないですか。季節の変わり目には体調を崩しやすいもの、どうぞご無理なさいませんように。

 

先週の金曜日、母のお誕生日には少し早いけれど女3代でお誕生日の食事会をしました。前日の営業が長引く可能性を考えて大事を取り、待ち合わせは銀座三越前に1時にしていました。そんな私の気も知らずに母は、何もかも同時に用事を済ませようと並木通りの歯科医院に10時に予約したそうでした。母の治療に付き添っていた娘から、「 ママ、急いで来て。もう終わっちゃった。」との緊急連絡が入ったのは10時半。

 

そりゃそうだろ。

 

私の予想通り前日は朝まで営業になり娘の声を聞いても私は意識が朦朧としていましたが、予約したお寿司屋さんに時間の変更を伝え髪の毛も顔もちゃっちゃと済ませ猛スピードで待ち合わせ場所に向かったのでした。猛スピードといっても皆さんの普通くらいですけれど。笑

 

ディオール前に娘と母を発見、近づいていく途中で母が娘に、「 あれ、お母さん?」って聞いている声が聞こえてきました。それからお寿司屋さんに。母はお寿司が大好物でこれ何だろう?って言ってはパクパクパクパク。まぁ〜、よく食べよく喋る。私は寝不足で気を失いそうでした。その後、私のお気に入りのショップに母を連れ回し、お留守番の父にアレコレお土産を購入してカフェで休憩。そこでも母はケーキをパクパク、興奮状態でずっと喋りっぱなしでした。やっと母をタクシーに乗せて見送りお店に戻ったら、ドッと疲れが出て気絶してしまった私なのでした。

 

声も聞きたくない。笑

 

それなのに、そこまで頑張ったのに、起きた私に娘が、「 お婆ちゃんがね。ママがボサボサで向こうから歩いて来るのを見てさ。銀座のママってあんなでいいの?って言ってたよ。」って。

 

プルプル・・・笑

201012222256002

3月を迎えたというのに、昨日今日は真冬のような寒さですね。念の為に毛布をもう1枚・・・すっかり春になるまでにはもう少し色々ありそうです。皆様もどうぞ温かくしてお過ごし下さいませ。

 

日曜日の深夜に何気なくテレビを点けたら東北の震災の映像が流れていました。あの光景は何度目にしても慣れることはありません。海から波が集落を飲み込む様はもう見たくないです。その後起こったことを思い出すと辛過ぎます。あれからもう3年も経つのですね。

 

時の流れの何て早いこと。当時はもしあの惨劇が東京で起きたらとよく考えたものでした。マンションの避難通路や避難場所を調べたり、非常食や便利グッズを買い揃えてみたり、お部屋の家具の転倒防止はどうしようとか。それが今は・・・娘がせっせと作ってくれた私と娘と愛犬ちぇるの緊急時避難用バッグはロッカーの奥の奥の方に。

 

本当はいつ災害が起こっても慌てないよう対処法を身につけておかなければいけないのに。せめて心構えだけでも、せめて迷惑をかけないようにって思うけれど。もしも東京に震災が起きたら・・・困る。

 

せめてその時は優しくて賢くて器用で力持ちの人のそばに居られますように。

wpid-201402241253121

今年はたくさん雪が降って驚きましたが朝晩の冷え込みは厳しいものの、日中は幾分寒さも和らいできたようです。皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。風邪などお引になってはいませんか。ポカポカ陽気の春が待ち遠しいですね。

 

心から嬉しく思えることってそう簡単に起きてくれませんが、先週そんな出来事が私に起きました。私達親娘が出演したテレビを見て下さった北海道の方々がトリルに遊びにいらして下さったのです。銀座の夜はご紹介がなければ入店出来ない雰囲気があり、常々新しい出会いを求めるのはとても難しい事だと感じていました。それで色々考えて、初めてのお客様にはサービス料金でお試し頂くシステムを作りました。だからお席につくまで私はてっきり、それを知っていらして下さったのだとばっかり思っていました。

 

「 テレビで見てホームページを確認して来ました。」そう言って下さった時、そんな事がトリルに起こるなんてと驚いて椅子ごと後ろにひっくり返りそうでした。笑

 

お客様方はある職種の経営者の方々でした。正直言うとその日まで私は、その職種の方は怖い?というイメージを勝手に抱いていました。それまでお会いした全ての方がそうだったからなのですが、北海道という土地柄だからでしょうか・・・そのお客様方は穏やかでその事も大変私を驚かせました。お話ししていると、「 以前東京に来た時に赤坂でボッタクリに合いまして。」って。私は同業者の心無い行為が恥ずかしく申し訳なくて、微力でも何かお役に立ちたくなって、いつまで東京にいらっしゃるんですの?明日はどちらに?美味しいお食事のお店はここで、ご家族への銀座っぽいお土産ならこのお店、私はすっかり近所のオバちゃん状態に。お見送りしてから余りの自分のお節介オバちゃん化に地球の裏側まで落ち込んでしまった程でした。それなのに翌日の夜またいらして下さり、嬉しくて嬉しくて。

 

明日はどちらに?ってまた。笑