ブログ

ママとマスターのぽわぽわ銀トリ日記♪

都内は土曜日まで久し振りの晴れマーク、寒いのも雨ももう飽きてしまいました。厚手の上着を脱いで身軽になって、背中を伸ばして歩ける気候が待ち遠しい毎日です。皆様、お元気にお過ごしでしょうか。

前回のブログに娘と日帰りで関西に行くと書いたのに、なかなか更新出来ずにいました。今度こそは旅行中に体調を崩さないようにと、出発まで万全の注意を払ったので体調も良く、久し振りの娘との2人旅を満喫して参りました。

梅田も神戸も30数年振りだというのに、不思議なものですね。その場に立った一瞬で、すっかり忘れていた出来事が昨日のことのように蘇ってきました。大学時代、私は友人と梅田の阪急3番街にあったプランタンというカフェでアルバイトをしていました。ある日友人が、「 あ!お店に傘忘れてきた、取りに戻るからついてきて。」って阪急百貨店の前まで来た時に言い出し、「 雨降っていないけどね。」って言いながら引き返したことがありました。そんな事を、娘と地下街への階段を降りている時にふと思い出しました。長い時間というものは、本当に不思議なものです。当時は何も思わなかった曽根崎警察を今回とても懐かしく思えたのも、そのせいなのかもしれません。

大学は阪急沿線にあります。途中下車して歩いてみようかと随分迷いましたが、今回それはやめました。直ぐに世話好きの気の良い地元の友人達に恵まれ楽しい毎日を過ごしましたが、若さゆえ人並みに悩みもありました。懐かしい街並みを眺め10代の自分を思い出しながら、その場所だけは触れずに取っておきたいと思ったのです。三宮センター街も異人館行きのバス停も、あの頃と同じ場所にありました。何も言わずに隣を行く娘の顔を見たら、数年後にあなたは娘を産み、30年以上経ってその子と並んでここを歩く事になるのよ、色んな事が起きたけど何とか元気でやってるって・・・あの時の私に教えたいと思ったりしました。でも良く良く考えたらそんなこと、

知りたくない。笑

本当に娘と2人、幸せな時間を過ごしました。そして今、私はとても幸せなんだと再確認出来ました。行って良かった。それなのに・・・あんなに気をつけてたのに何と・・・帰宅したその途端に、

高熱で寝込む。爆

免疫なさすぎ。

早いものでお仕事始めからもうひと月が経ってしまいました。寒暖差が激しい毎日ですが、皆様体調を崩されてはいませんか。昨日の冷え込みと打って変わり、明日は暖かくなるそうです。ホッと一息ですね。

数年前にお客様のお誘いで、娘と2泊3日の熊本旅行に出掛けました。まだ山肌に残雪の寒い時期でした。金曜のお仕事を終えその足で飛行場に向かうという過酷な日程で、私は内心体調に不安を抱えていました。そして旅の2日目、私は敢え無くダウン。それでもそれも含め、初めての娘との2人旅は良い思い出になりました。気を良くした私達母娘はその直後、「 来年は北海道に行きたいよねぇ。」なんて話していました。でも言ってみただけで北海道どころか、自宅と銀座を往復するばかりの毎日。なんとなんと私の去年の1番遠出は・・・

荻窪。爆

そんな私に先週末、身内が、「 今週の土曜に仕事で大阪に行く。早朝に出て遅く帰って来る。日帰りで。」って。

連れてって〜。笑

「 行く?」「 うん、行く。新幹線?」「 そうだよ。」「 あのさぁ、新幹線なんて乗らないしさぁ。グリーン車って乗ったことないんだよね〜。1度も。。」「 そうなの?」「 そうなのよ。でさぁ、

グリーン車、取れる? 」爆

というわけで娘と2人で神戸です。昔暮らした懐かしい街をゆっくり歩けたらと思います。昨夜、娘が、「 ママ。土曜日、楽しみだよねぇ。」って言ってきたので、「 ほんと!グリーン車だしね。」って答えたら、「 えっ?グリーン車って。楽しみがグリーン車って。」って大笑いして、そして・・・

「 さんまさん、乗ってると良いなぁ。」

もしもし?同じこと言ってますけど?笑

南の方から春の知らせが届き始めたと喜んでいたら、今週半ばからまたグッと気温が下がるとか。寒いのはもういいわぁ。めっちゃ恋しい、春が。。皆様、お変わりないですか?

今日も私はいつものようにお昼過ぎに目を覚ましました。目は覚めたものの何だか身体のどこかに異変を感じて、横になったまま暫くキョロキョロしていました。どうやら頭が変です。顔の左側にビニールを丸めて詰め込まれたような、左の唇から頭までがずしんと重くズキズキ痛くて。唇が耳の後ろについてるような、鼻が頭の上にあるような、左目が唇の下についてるような。ピカソもびっくりくりくりくりっくり。

ギャッ!顔面神経痛??

ハッとして飛び上がって、ベッドから鏡の前に一目散。普通じゃん。。

え、インフルエンザ?

薬箱に一目散。風邪薬を葛根湯で流し込み、頭痛薬はユンケルで流し込んで、熱を測ってみる。

・・・普通じゃん。

ったく、なんかおかしな夢でも見たのかな。虐められる夢とか、ロッキーと戦ってる夢とか。で、ふと思い出した。前に指名している美容師さんが、顔面神経痛になった時の話をしてたこと。突然、顔面神経痛になってたって話。本人は普通に起きて普通に顔を洗ってご飯を食べてたら、顔が変だって奥様が言ったんだって。「 右側が崩れてるわよ。」って。

や〜ん。

私、左〜?

やだぁ〜ん。。

お仕事初めの昨日、日枝神社に参詣してきました。こちらは縁結びの神様という事で私は静かに手を合わせ、今後もどうぞ皆様とのご縁が続きます様にとお願いしました。そして勿論私も努力するけれど、今まで何かしてくれたとは思えないから神様も少しは力を貸して下さいねって・・・

ダメですね。笑

お仕事初めの日に新しいノートの1ページ目に、今年1年間の目標を書き込むのですが・・・先日ここ数年のノートを見直したら毎年段々自分に甘く緩くなっていて、それくらい出来るでしょ!ってツッコミを入れてしまいました。歳を取るってそういうことなんですね、多分。

そして私の今年の目標は、『 どうでもいいことには拘らない 』に決定しました。拘って拘って生きてきた私にとってこれは究極の課題かもしれませんが、敢えてそれにチャレンジしてみようと決めました。結果、叶ったか叶わなかったか、それにも拘らない。

あまぁ〜。笑

どうでもいいことって、どの位あるのでしょう。とても楽しみです。兎に角、先ず・・・

ヘラヘラ笑う事から始めよう。

私の長い冬休みも残り2日になりました。気持ちの切り替えに丸一日掛かる私ですから、実質的なお休みは今日だけという事になります。月曜日からの営業に向け、最後のお休みを心穏やかに過ごしたいと思っています。

12月の初め頃、ふと思い立ち寒天を買ってきて、何度かコーヒーゼリーや牛乳寒天を作りました。子供の頃の食べ物を懐かしく思い出し、無性に食べてみたくなる事がありませんか?私にとってのそれは寒天ゼリーなのです。職業婦人だった母に代わりお台所を一手に引き受けていた祖母は、新しいもの好きのチャレンジャーでした。当時はまだ珍しかった夏野菜や魚介のゼリー寄せを作って、家族から、「 甘くも辛くもない。」 と非難されていました。そんな甘くも辛くも美味しくもない寒天料理の中で、唯一、家族に大好評だったのは小豆のゼリーでした。透明なゼリーの中に所々小豆が浮かんでいるだけのシンプルな物でしたが、よくわからない魚介のゼリー寄せの反動か、これが出てくると家族中大喜びでした。

そんなチャレンジャーがある日作ってくれたおやつが牛乳寒天でした。今のようにおみかんなど入っていない真っ白い寒天でした。当時の私は牛乳が全く飲めませんでした。あのモーと鳴く牛の中から出てきた物だと知ってから、身体が一切受け付けなくなったのです。そんな私の苦手を克服させる為に祖母は作ってみたと説明しました。「 匂いもないし、牛乳だと思わずに食べてごらん。甘くて美味しいよ。」って。牛乳好きの姉が先に食べて、「 本当だぁ。冷たくて甘くて美味しい〜。食べてごらん、牛乳の味がするよ〜。」

し〜ん・・・

結局私は祖母が何度も作ってくれた牛乳寒天を、祖母が生きている間に1度も食べませんでした。

私が初めて牛乳寒天を食べたのは、20歳になった頃でした。当時もやっぱり牛乳は飲めませんでしたが、無性に食べてみたくなったのでした。お婆ちゃんが何度も私の為に作ってくれたのに、どうしてあんなに頑なに食べなかったのか。牛乳寒天を見る度に申し訳ない気持ちになり、優しかった祖母の顔を思い出します。

そしていつか私がいなくなった時、娘は私の何を懐かしく思い出してくれるだろうかと、最近よく考えます。きっと娘は、たまたま目撃した私の失敗談を面白おかしく思い出すのでしょう。それでも良いから、時々思い出して欲しいと最近そればかり思います。ありゃ?もしかして・・・

私、もう直ぐ死ぬのかな。

ダメだダメだ、良い人は早く逝くっていうから。爆