ブログ

ママとマスターのぽわぽわ銀トリ日記♪

wpid-20141201014912

何かと気忙しい季節になりました。寒い日が続いています。喉の痛い風邪が流行っているようです。どうぞ外出の際は温かくしてお出掛け下さいませ。

 

お陰様でトリル恒例の年末大抽選会が順調に始まりました。大当たりはワインやウイスキー、2等は入浴剤のセット、そしてなんと3等は娘手作りのお菓子です。

 

そのお菓子は先週末に娘がせっせと作りました。今年は40個カップケーキを作る、カップケーキの上にデコレーションもすると張り切って。私はリビングから、「 大丈夫〜?」笑

 

娘はつい最近までお料理には全く無関心でした。味覚障害でしたし。それが先日、「 ママ、ロールキャベツ作ってあげるね。」って言ったので、

 

ひぇ〜。爆

 

出来たって声がしたので行ってみると、透明なお湯の中にでっかいキャベツがごろり〜ん。

 

ギャハハ。

 

そんな娘ですが抽選会のお菓子作りだけは毎年続いています。それってお菓子を作ってるのよね?って聞きたくなるほど格闘技みたいな妙な動きをしながら、今年も何とか頑張ってくれました。だけど今年限りでお菓子はやめるそうです。「 お菓子は疲れるわ。来年は手巻き寿司にする。切るだけでいいから。」

 

簡単〜。笑

 

どうぞ皆様、遊びにいらして下さいませ。心よりお待ちしています。

wpid-20141026044136

いよいよ今年も終盤に差し掛かって参りました。もうすぐクリスマスですね。という事でトリルではメリークリスマス&年忘れ大抽選会を今年もやろうと思います。空クジはありません。いらして下さる度に何度でも抽選して頂けます。

 

ウイスキーにワインにシャンパンといった酒類からボディーケアー用品、娘手作りのお菓子など必ず何かが当たります。毎年何故か娘のお菓子が1番人気です。

 

必死で作っています。笑

 

抽選会は11月の中旬より年末ギリギリまで行う予定です。スタッフ一同、皆様のお越しを楽しみにお待ちしています。

wpid-20141026033338

娘と母が銀茶会に出掛けて行きました。私はちぇるとお留守番、久し振りにゆっくりと1人の休日を楽しんでいます。皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。

 

前回ブログをアップしたのは5月の終わりでした。6、7、8月・・・すっかり放置してしまいました。実は6月初旬に父がエコノミー症候群で入院しました。エコノミー症候群って飛行機の中で起こる病気かと勘違いしていました。初めは大事を取り入院した父でしたが次から次に具合が悪くなっていました。歳には勝てません。

 

一人暮らしになってしまった母の事もあり、私の週末はすっかり両親の為のものになってしまいました。家族に病人が出ると本当に大変です。3ヶ月経ってやっと父の状態が悪いなりにも落ち着き母もペースを掴んでくれたので、ほんの少しだけ私の週末が戻ってきました。

 

「 ちゃんとご両親を見ていてあげなさいよ。娘としての務めだからね。」っておっしゃった方がいらしたのですが、昔のようにしっかりして欲しくて怖い顔してしまう。優しくない娘です。

 

親が年老いていくのを見るのは悲しいものですね。仕方がないけれど悲しいものは悲しい・・・

wpid-20140519124730

久し振りのブログです。皆様お変わりなくお過ごしですか。もう5月も後半、早いですね。春が待ち遠しいなんて言っていた時はゆっくり時間が過ぎていた気がするのですが、いざ春になると時間が一気に加速していくような・・・そんな訳ないのに。

 

最近の私、気合いで頑張れって自分に何度言い聞かせても、身体がちっとも言うことを聞いてくれません。昔から冬から春への季節の変わり目になると疲れを出しては病院通いでしたが、今年の私は酷すぎます。1つ治ったと思ったらまたどこかが悪くなる。自分で自分に腹が立つほどです。余りに体調が悪いので調べてみたら・・・更年期障害かも?そういえば母も私の年の頃そうだったような。

 

で先日会った時に聞いてみました。
「 ね、更年期障害って何歳だった?」
「 どうだったかなぁ?あったかな?」「 暑いだの寒いだのって良く言ってたでしょ。」「 そうだったかなぁ。どうして?」「 更年期かなって思うから。」「 だれ?」「 私!」「 どこの?」

 

「 ・・・?」笑

 

母は急に隣に座ってきて、私の首や腕をグリグリ親指で押しながら、「 こうして自分でツボを揉んでごらん。柔らかくなって楽になるよ。肩甲骨もグリグリ。やってごらん。」

 

届かないから。笑

 

自分で大きく足を開いて頭をペタっと床にくっつけて、「 床に座って人が話してるのを聞きながらこうやってればいいのよ。」って。

 

そんなママおらんやろ。爆

 

それから仰向けに寝転んで両足を頭のところに。シーソーみたいにコロンコロンコロンコロン。その後も何だかわからない体操を延々とやって、「 接客って話聞いてるだけなんでしょ?こうやりながら聞いてればいいよ。」

 

仰向けで?爆

wpid-20140411081251

人間どこが痛くても辛いですが、頭に近いと痛みは余計に痛いって本当なんですね。皆さんは今どこも痛くないですか?

 

実は私ここ数日、歯茎の激痛の極みと対戦しています。私の義兄は歯科医師で、以前は遊びに行く度にタダでお手入れをしてくれていました。それがどれほど有難いことだったか初めて知った私なのでした。

 

持つべきものは役立つ身内。爆

 

そういえば前触れが。こうなる少し前に娘が、「 ママ、歯医者さんに行った方がいいんじゃない?」って。ずっと歯茎に違和感を感じていた私は歯間ブラシが手離せなくなっていたのに、歯痛未経験で自分の身に死の恐怖が訪れるなど思ってもみませんでした。

 

歯間ブラシでシコシコキュッキュキュ。歯磨きしたらシコシコキュッキュキュ。そして安らかに眠りにつき、泣く子も黙る丑三つ時。突然、武士に耳から首筋にかけてザックリと鋭い刃で斬りつけられ・・・

 

うおぉぉ〜〜!

 

飛び起きて傷口を両手で押さえ前に後ろに右に左に駆けずり回り、クルリと一回転して床に倒れ込み、夜が明けるまでのたうち回った忍者なのでした。それなのに助けを求めた銀座の女医さんは涼しい顔で表情一つ変えず、「 痛そうですねぇ〜。ちょっとお口開けて下さぁ〜い。あらぁ〜、歯茎が腫れちゃってますねぇ。最近〜、お風邪引かれたりだとかぁ〜、疲れたりだとかぁ〜ありませんでしたぁ〜?」

 

「 うぃ。」

 

あらぁ〜とかだとかぁ〜って何やねん!っていうか先生、耳の後ろだとか〜、首筋にかけてだとか〜、鋭い刃だとか〜でバッサリやられちゃってませ〜ん?

 

斬られたはずです。