病気になりそう。

病気になりそう。

20151124-002455

随分陽が短くなり冷え込む日が多くなって参りました。店頭にお年始の品物が並んでいて、1年の時の速さに驚かされます。皆さま、お変わりなくお過ごしでしょうか。どうぞ体調管理にお気をつけて下さいませ。

 

そういう私ですが・・・先週ついに店舗近くの内科を探して、縋るような思いで飛び込みました。痛みに強く我慢強い方だと思うのですが、“ いつもと違う。” “ どこか解らないけれどどこかが悪い。” ような気がして。

 

名前を呼ばれて診察室に。初老の白髪の先生の前に座ると先生は私をチラリ見て、先に書いた問診票に目を落とし、「 それで?今日はどうしたのかな?」って。私はどういう訳かどこかが悪くて、急に激しく痛くなりそうな予感がして来たのだと説明しました。
先生は一瞬キョトンとして、それから少し笑って、「 そういう人ばかりだと良いんだけどね。」「 でもね先生、どこって言えないんですよ。っていうか痛い所だらけで。」「 1番具合が良くないのは?今年は検診は受けましたか?」「 1番痛いのは胃かな。何かって言うと胃が痛くなって。」「 検診は?」「 受けていないです。」「 タバコ、吸うんだね。」

 

「 はぃ、すいません。」

 

で、取り敢えず腫瘍マーカーをして頂く事になり採血。で、取り敢えず胃薬を出して貰ってパクッ。

 

数日後にマーカーの結果を聞きに。
先生は数値の正常な所から結果発表していき、「 心配なのは胃と・・・肺だね。」「 凄く悪いんですか?」「 凄くって程でもないが。もっと詳しい検査を受けた方が良さそうだね。」「 そんなに悪いんですか。」「 それを検査するんだよ。何もなければ安心でしょ。」「 うぇ〜ん。何かあったら最悪ぅ〜。」先生はもう私を見ずに、「 胃はどうなの?まだ痛い?」「 いえ、全然。」「 効いたんだね。じゃもう少し続けるかな。食欲ないって言ってたけどどう?」「 全然。とってもお腹がすいて一杯美味しく食べられます。」「 熱っぽい感じはない?」「 全然ないです。どこも痛くないです。」「 そう。ここじゃ検査は出来ないからね。クリスタルビルわかるかい?そこに予約するから胸部のCTを受けるように。」

 

えぇ〜、キョウブ〜!!笑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。