おパンティで。

おパンティで。

先日、お店を閉めてからトリルの大掃除をする事にしました。毎年お仕事納めの日に皆んなで手分けして一気にやるのですが、これが中々しんどい。年内最後の接客が終わりホッとした後のもう一仕事って、2倍元気を出さないと出来ません。そこで夜な夜な少しずつやっていく事にした、そういう訳です。「 やめて下さい。高い所は僕がやりますんで。」「 手が荒れるからそれには触らんといて下さい。僕がやるんで。」って人のやる気をポキポキ折っていくマスターが不在で、私は自由に思ったように出来るはずでした。ところが・・・

先ずは下の方から、壁にくっ付いたソファーを移動させて床から拭いていこうと取り掛かりました。ソファーの前にテーブルがある。取り敢えずテーブルを少し前に出して、それからソファーをその分前に出す。ソファーの後ろに入ったら、ギリギリ過ぎてしゃがめない。また出て。またテーブルを前に出して。ソファーも出して。入ってみる。オッケ、しゃがめる。けど雑巾を持ってない。また出て。“ 雑巾ちゃんはどこかなぁ〜。” なんてあちこち引き出しを開けてみる。

真っ直ぐ入ってない!笑

全部の引き出しを引っ張り出す。ちまちま分類分けをして真っ直ぐに入れていく。真っ直ぐに入らないものがある。それはちょっと傾けて入れる。そうすると今まで真っ直ぐに入ってた物が入らなくなる。また出して。また入れて。今度は横にして入れて。入らない。絶対に入らない。斜め。全部斜め?

いらっ。笑

「 そういえば玄関の天井の布、あれもう古いなぁ。外しちゃおうか、そうしよう。」 で、高めの椅子を下まで運ぶ。乗ろうとして、ドレスじゃ裾を踏んで危険だと気づく。「 ドレスを着替えてから始めるでしょ、普通。」ってムカつきながらクローゼットの扉を開ける。オーノー、ドレスが真っ直ぐ掛かっていない。取り敢えず全部出して。ハンガーに真っ直ぐ掛け直して。入れる。ロングドレスの裾を微調整する。

玄関まで戻ってから、そもそもドレスを着替えに行ったんだと気づく。ドレスを着替える為に行くんだよって言い聞かせながらクローゼットに戻り、今度こそ着替える。・・・私服もロングスカートだし。

なんやねん。

椅子に乗った。真下過ぎて布しか見えない。降りる。椅子をずらしてまた乗る。布が三角釘で止めてある。一応指でくぃくぃ引っ張ってみる。ったく。降りる。ペンチを取りに行く。工具箱の中が真っ直ぐ整理できていない。全部出す。縦にして横にして斜めにして・・・斜めに入れる。

ぶ。

ペンチ持って椅子に乗る。ロングスカートの裾が邪魔、でクローゼットに戻る。“ 誰もいないしいっか。” で脱いでおパンティだけになる。

あんっ。。

天井に戻る。あらよっとささっと乗る。

あ・・・ペンチ、持ってない。

ペンチ、飛んでこい!

使えないペンチだわ。ってか今日はマスターが良くやってくれるから助かるって話を書くつもりだったんだけど。マスター、登場したかな?あ、いたいた。人のやる気をポキポキ折るマスター。爆