有効な命令

有効な命令

今年も我が家はテレビも見ずに、夜な夜なギャンブル三昧でした。昨年はただやって人の落ち込み具合に大爆笑していただけでしたが、今年は一晩毎に各ゲームの総合得点を計算し敗者は優勝者の金銭以外の命令に当日限定で1つ従うというルールを設けました。皆んな必死でした。笑

昨年の私はどのゲームも結果は散々でした。皆んなが笑ってくれたらそれで良いなんて、お笑い芸人みたいな捨て台詞。でも今年は別人でした。

闘魂❗️

ゲーム如きで人の命令に従うなんて、そんな馬鹿げた事は大人として絶対に納得がいきません。私は顔では笑っていましたが、心の中はメラメラと燃えていました。私が考え得る全てのあの手この手を使い、他者を蔑めるべく必死で闘いました。でも・・・初日は実力が発揮出来ないまま、あっさり敗退。優勝者の私への罰ゲームは、『 今からお風呂掃除をして湯船を作ること。』お風呂掃除って、もうさっきやってますけどぅ〜。ってか、今、

夜中の3時ですけど?!笑

そして翌日。

闘魂❗️❗️

最後にやった人生ゲームで、私は止まる先々で成功しました。定職に就き、安定収入を得ながら大きなビルを現金購入。結婚して子宝に恵まれ皆んなからお祝い金を貰い、お宝も沢山ゲットしました。それに比べ娘ときたら・・・結婚もせず、やっと買った小さな家をあっさり火事で失った上、バナナの皮で滑って転びました。私の前に積み上げられた大金を見て嬉しそうに、「 大金持ちだねぇ。」って、今は親子じゃないから。

そして私は見事、優勝者になったのでした。

敗者に1つずつ命令出来ます。金銭以外ですが、敗者は有無を言わずそれに従う義務があります。皆んなは何を命令されるのか、ビクビクしながら私を見ていました。私は、「 何も思い浮かばないわぁ。」と言ってみました。皆んなは一瞬どこかホッとした風な表情をしました。それはきっと命令なんて何も出来ないだろう的な表情でした。私はもう一度、「 皆んなに命令するなんて・・・何も考えが浮かばないわ。」と言ってみました。すると、「 じゃ、日曜日までに考えて。」って。

ヤ〜リィ〜。

時間稼ぎ出来た。爆