甘くも辛くもない

甘くも辛くもない

私の長い冬休みも残り2日になりました。気持ちの切り替えに丸一日掛かる私ですから、実質的なお休みは今日だけという事になります。月曜日からの営業に向け、最後のお休みを心穏やかに過ごしたいと思っています。

12月の初め頃、ふと思い立ち寒天を買ってきて、何度かコーヒーゼリーや牛乳寒天を作りました。子供の頃の食べ物を懐かしく思い出し、無性に食べてみたくなる事がありませんか?私にとってのそれは寒天ゼリーなのです。職業婦人だった母に代わりお台所を一手に引き受けていた祖母は、新しいもの好きのチャレンジャーでした。当時はまだ珍しかった夏野菜や魚介のゼリー寄せを作って、家族から、「 甘くも辛くもない。」 と非難されていました。そんな甘くも辛くも美味しくもない寒天料理の中で、唯一、家族に大好評だったのは小豆のゼリーでした。透明なゼリーの中に所々小豆が浮かんでいるだけのシンプルな物でしたが、よくわからない魚介のゼリー寄せの反動か、これが出てくると家族中大喜びでした。

そんなチャレンジャーがある日作ってくれたおやつが牛乳寒天でした。今のようにおみかんなど入っていない真っ白い寒天でした。当時の私は牛乳が全く飲めませんでした。あのモーと鳴く牛の中から出てきた物だと知ってから、身体が一切受け付けなくなったのです。そんな私の苦手を克服させる為に祖母は作ってみたと説明しました。「 匂いもないし、牛乳だと思わずに食べてごらん。甘くて美味しいよ。」って。牛乳好きの姉が先に食べて、「 本当だぁ。冷たくて甘くて美味しい〜。食べてごらん、牛乳の味がするよ〜。」

し〜ん・・・

結局私は祖母が何度も作ってくれた牛乳寒天を、祖母が生きている間に1度も食べませんでした。

私が初めて牛乳寒天を食べたのは、20歳になった頃でした。当時もやっぱり牛乳は飲めませんでしたが、無性に食べてみたくなったのでした。お婆ちゃんが何度も私の為に作ってくれたのに、どうしてあんなに頑なに食べなかったのか。牛乳寒天を見る度に申し訳ない気持ちになり、優しかった祖母の顔を思い出します。

そしていつか私がいなくなった時、娘は私の何を懐かしく思い出してくれるだろうかと、最近よく考えます。きっと娘は、たまたま目撃した私の失敗談を面白おかしく思い出すのでしょう。それでも良いから、時々思い出して欲しいと最近そればかり思います。ありゃ?もしかして・・・

私、もう直ぐ死ぬのかな。

ダメだダメだ、良い人は早く逝くっていうから。爆