顔面ショック

顔面ショック

南の方から春の知らせが届き始めたと喜んでいたら、今週半ばからまたグッと気温が下がるとか。寒いのはもういいわぁ。めっちゃ恋しい、春が。。皆様、お変わりないですか?

今日も私はいつものようにお昼過ぎに目を覚ましました。目は覚めたものの何だか身体のどこかに異変を感じて、横になったまま暫くキョロキョロしていました。どうやら頭が変です。顔の左側にビニールを丸めて詰め込まれたような、左の唇から頭までがずしんと重くズキズキ痛くて。唇が耳の後ろについてるような、鼻が頭の上にあるような、左目が唇の下についてるような。ピカソもびっくりくりくりくりっくり。

ギャッ!顔面神経痛??

ハッとして飛び上がって、ベッドから鏡の前に一目散。普通じゃん。。

え、インフルエンザ?

薬箱に一目散。風邪薬を葛根湯で流し込み、頭痛薬はユンケルで流し込んで、熱を測ってみる。

・・・普通じゃん。

ったく、なんかおかしな夢でも見たのかな。虐められる夢とか、ロッキーと戦ってる夢とか。で、ふと思い出した。前に指名している美容師さんが、顔面神経痛になった時の話をしてたこと。突然、顔面神経痛になってたって話。本人は普通に起きて普通に顔を洗ってご飯を食べてたら、顔が変だって奥様が言ったんだって。「 右側が崩れてるわよ。」って。

や〜ん。

私、左〜?

やだぁ〜ん。。